最近のトラックバック

1月スケジュール

☆創業スクール参加者募集中☆

  池田商工会議所創業スクール
  2017年1月14日~2月4日の4週連続土曜日午後
   詳しくは、「こちら」からどうぞ。


☆体験コーチング☆

  2017年。この1年は、どんな年にしたいですか?

  「そんな夢みたいなこと?」と
  ふだんはあまり人に話さないようなことを
  おもしろがって聴くコーチに思いつくまま話して、
  妄想をふくらませて、実現の糸口を探りませんか?
  
  コーチングを体験してみたい方は、
  「こちらのフォーム」からお気軽にお問い合わせください。

  大阪駅周辺で対面で実施できるのは、
   1月2日(月)、4日(水)午後、5日(木)、
   7日(土)午前、9日(祝)、10日(火)、19日(木)、
   29日(日)、30日(月)、31日(火)
                       (12月29日現在)

  他の日程でも、調整可能な時間帯もあります。
  電話・スカイプなら、実施できる日時が増えます。
   「お申込フォーム」から個別にご相談ください。

  
☆無料経営相談☆

  堺商工会議所の無料経営相談窓口の担当日は、
  1月11日(水)、24日(火) 13:00~16:00 です。

    ご予約は、堺商工会議所(072-258-5581)へ。

2017.01.16

サイズぴったりの手袋

Tebukuro関西でもあちこちで
雪景色が見られた昨日、
お世話になっている方に
思いがけないプレゼントを
いただく。

手が小さい私に
 (全身小さいけど)
測ったようにぴったりの手袋。
色もステキ。

革で小さいサイズは
探してもなかなか見つからないのに、すごい。

好みやサイズがぴったりなプレゼントを選べるセンス、
私も身につけたい。

ありがとうございます。

2017.01.15

アテールのチョコレートを味わう

昨日は、池田商工会議所の創業スクールの前に、
12月のプレセミナーで講演していただいた、
フランス菓子店「アテール」を訪ねる。
  関連記事:「池田市の創業者の熱いこだわりを聴く」(2016.12.03)

AterreChocolate


参加者のみなさまに、
アイデアディスカッションで疲れた頭を休めてもらおうと、
差し入れの焼き菓子を購入する。

・・・だけで終わるはずがなく(^^)、

ショコラティエとして定評のあるオーナーシェフの
チョコレートが並ぶウィンドウを食い入るように見つめて、
6個選んで持ち帰る。

  バレンタインシーズンはセット販売になるそうですが、
  それ以外の時期は、たくさん並ぶ中から選べます(^o^)


帰宅して、コーヒーを入れて、1粒ずつ味わう。
深いコクがあったり、ほんのりフルーツの香りがたったり、
こんなにもいろんな味が出せるのかと、楽しい。

これは味がわかる人にプレゼントしたくなる。

Cakeケーキもとってもおいしそう。
うーん。
創業スクールはあと3回ある。
夕方なら、買えてしまう?
危険だ(^o^)

  aterre アテール
   http://aterre.citylife-new.com/
  池田市城南1-2-3
  Tel&Fax.072-748-1010

2017.01.14

池田商工会議所創業スクールで夢を語る

池田商工会議所の創業スクールが始まった。

IkedaSchool

開始時間前に全員が揃う。
当たり前のように思えるかもしれないけれど、
公開講座で実は珍しい。
みなさまの期待を感じながら、1人1人の声を聴く。

後半は、お互いにアイデアを出しながら意見交換する
ディスカッションタイム。

急な寒波が到来した外の寒さとはうらはらに、
頭から湯気が出そうなくらい、熱い熱い対話が弾む。

始まる前は、隣どうしに座っても黙ったままだった方々が、
たった数時間で、昔からの知り合いのように打ち解けて、
夢見る少女のように頬を紅潮させて語り、
「それいいね」「おもしろい」と聞いてもらって、
少年のような無邪気な笑顔を見せてくれて、
昔からの親友のように意気投合し、語り続ける。

この変化を見るのが、とっても幸せ。


最後に、もう一度1人ずつアイデアを発表していただくと、
最初に話していたプランから、
方向性やキーワードが見つかった方、
内容は同じでも、自信をもって語られる方、
サービスメニューが具体化している方、
アイデアがあふれて言葉にならない方、
それぞれに進展している。

夢を語る人たちのパワーはすごい。
ここからあと3回で、夢が形になるように、
みなさまが大きな一歩を踏み出せるように、
私も知恵を絞って全力を尽くします。

2017.01.12

ご入学のお守り

Kamuroあたたかいお正月から
一変して、急激に冷え込む。

毎年、センター試験を
狙うように寒波がくる。

大阪狭山市商工会に
向かうために降りた
南海線の金剛駅の階段に、
何枚も並ぶ桜を見つけた。

南海沿線の「学文路」駅は、
 「ご」枚入り
 「入」場券
 「学」文路駅 の語呂合わせで、
「ご入学」のお守りとして知られている。

  ちなみに、この駅名は「かむろ」と読む。

調べると、学文路天満宮のお祓いを受けているらしい。
  http://www.nankai.co.jp/traffic/otoku/kamuro.html


私には子どもはいないけれど、
友人やコーチングのクライアントさんには
お子さんが受験を控えている方もいらっしゃって、
親御さんならではの思いに触れる機会は多い。

心配や応援することしかできないけれど、
不慣れな受験会場に向かう受験生たちが
交通の乱れや混乱がなく、
体調も万全で、試練の日を乗り越えられますように。

2017.01.11

今年も商売繁昌祈願

昨朝は、毎年恒例の今宮戎神社へ、
今年の商売繫昌祈願のお詣りに行く。

EbisuSasa

昨年後半から体調を崩しがちで、
浄化と健康祈願のために、
縁起物に、茅の輪かざりを初めてつけてもらう。

2017年も、ひとのわが広がって、
いろんな方のお役に立てるお仕事が
いっぱいできますように☆


帰りに、近くにあるお知り合いのお店に立ち寄ると、
まだ開店前だったので、また次の機会に。

2017.01.09

母の友人のお誕生日ランチ

昨年とてもお世話になった母の友人に、
お礼と、もうすぐ迎えられるお誕生日祝いを兼ねて、
お気に入りのイタリアンレストラン「ラ・チッタ」さんに
ご招待する。

その方のお正月旅行の珍道中のお話に笑い転げ、
おいしい&珍しい食材を楽しんでいると、
BGMが「Happy Birthday」に変わり、
かわいらしく描かれたバースデープレートが届く。

「この年で初めてよ!」とろうそくを吹き消して、
喜んでいただく。


いつもながらの温かいおもてなし、
大切な日にもおすすめのお店です。

 ラ・チッタ http://lacitta.jp/
   堺市北区東浅香山2-73-36
   Tel&Fax:072-350-2119

Lunch01Lunch02

Lunch03Lunch04

Lunch05Lunch06

Lunch07

2017.01.08

寒中お見舞い申し上げます。

寒中お見舞い申し上げます。

松の内があけた朝は、八白土星の最大吉方をとって、
坐摩神社へ。

この神社にしたのは、
摂津国一之宮だから・・・ではなく、
「いかすり」神社と読めなくて、興味を持ったから。
  (通称は、「ざま」神社)

居所を守る神様らしい。

IkasuriGoshuin

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

2017.01.07

今年も七草

Nanakusa朝食は七草。
今年は、
お豆腐を崩して
卵雑炊風にする。

朝から温まる。

2017.01.06

働く女性へのエール「女は覚悟を決めなさい」

タイトルと真っ赤な表紙にひかれて手に取った、
黒川伊保子さんの「女は覚悟を決めなさい」。


女は覚悟を決めなさい」 黒川伊保子 著 ポプラ社

タイトルの意味は、
産業界は、男性脳で成り立つ世界なので、
そこで活躍する女性は、アウェイで闘う美しい戦士として
覚悟を決めたほうがいい。

脳科学に基づいたわかりやすい解説と、
社会や家庭で働くあらゆる女性へのエールと愛情が
詰まっている。


個人的には、
子どもを持たない女性は、「未完成な女性」ではない
ということばに、とても勇気づけられる。
ことあるごとに、
未婚で出産・育児経験がないと、
一人前でない、愛情がわからないと言われて、
傷ついてきたから。


コンサルタント&研修講師としては、
キャリアシェアとバトラー制度の案に魅かれる。

キャリアシェアは、
子育て中の女性部長に、
時短後の時間を任せる片腕となる副部長をつける。
2人が綿密に連絡がとれていれば、お客さまも困らない。
副部長にとっても、部長の人脈や仕事のやり方が
今後の昇進に役に立つ。

バトラー制度は、
女性管理職に、役職定年のバトラーを置く。
3時ごろに業務引き継ぎをして全体の流れをつかみ、
4時から交代して、やり残したことを引き受ける。
業界と現場を知り尽くしていて、相談にも乗れる。

大好きな映画「マイ・インターン」を思い出した。
 「マイ・インターン


このタイトルでは、
経営者や男性上司は手に取らないかもしれないけれど、
実践的なアイデアとして、広まればいいなぁ。
会社の意図で女性を管理職に引き上げるなら、
全社を挙げてサポートするしくみがほしい。

2017.01.05

プロのお風呂クリーニングの技に感謝

お風呂の排水が悪くなったような気がして、
年末にいつもより大がかりに大掃除をしてみたけれど、
徹底的にきれいにしてもらいたくて、
初めてプロのハウスクリーニングサービスを
お願いしてみる。

新年早々、
お掃除道具をたくさん担いで来てくださった方は、
浴槽を見るなり、
「ご自分でエプロン外しました?」と聞かれる。

どうやら入居時から少しずれていて、
そのわずかな隙間から、
汚れがたまっていったのが原因かもしれないらしい。

作業してくださること約2時間。
鏡や蛇口、すみずみまでピカピカで、
入居時よりも絶対きれいになっている。

プロの技、すごい。

気持ちよく使えて、とっても気分がいい。

今年は一白水星の年。
流れがよい年になるように、
今度は他の水回りもピカピカにお願いしたくなる。

«堺新年互礼会でひとのわを実感する

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ