最近のトラックバック

« ビッグイシューを買う | トップページ | コーチを最大限に活用する »

2004.11.22

お寺でコーチング

Ikkyuji新しくお願いしたコーチとの
導入セッションを、
酬恩庵一休寺で受けた。
お寺でコーチングするのは
初めてで、
アイデアを聞いたときから、
何か起こりそうな気がして
わくわくした。

京都のはずれにあるせいか、
紅葉が色づき始めたお寺はとても静かで、
じっくり自分を見つめるにはぴったりの雰囲気。
コーチと一緒にゆっくり境内を歩きながら、
これから私が探りたいテーマや
目に留まる石やお地蔵さんなどから浮かぶことを、
とりとめもなく話していく。

本堂へと下る階段の脇で、
白っぽい木の枝にたった1輪だけ咲いている、
真っ赤な寒木瓜の花に心を奪われる。

コーチが問う。
「まこさんだからこれに気づいたのだとしたら?」

確かに、本堂をまっすぐめざす人には、死角かもしれない。
その反面、
こんなに真っ赤に主張しているのに気づかないなんて、
どういうことなのだろう?と、「問い」を持ちながら、
本堂に入る。

色合いも形も見事なハーモニーを醸し出している石庭に
見入っていると、20人くらいの団体客が入ってくる。
そして、座っていたコーチと私を中心に囲むように、
両隣にも後ろにも座って、ガイドさんの解説が始まる。
私達2人は、まるでそこに存在しないかのように。

存在するのに気づかれない。
さっきの、赤い寒木瓜の花になったような気がした。
その意味を考えた。

私はただそこにいて、気づいてくれる人とだけ関わりを持つ。
目的地の本堂に向かうのを見送り、帰ってくるのを迎える。
私は、そんなコーチをめざしているのかもしれないと思った。


帰宅して調べてみると、木瓜の花ことばは「先駆者」。
コーチングの資格コースのチーム名「おおかみ」にも、
「道をみつける者」という意味があった。
CPCCを取得して、
新たな道を見つけようとしている今の私を象徴している
できごとのような気がした。

« ビッグイシューを買う | トップページ | コーチを最大限に活用する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14860063

この記事へのトラックバック一覧です: お寺でコーチング:

« ビッグイシューを買う | トップページ | コーチを最大限に活用する »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ