最近のトラックバック

« 消えたブレスレット | トップページ | 遠くから見守られたい »

2004.12.05

工事会社のCSR

Botan自宅の最寄駅では、6月からずっと、
ホームや階段の耐震補強工事が
行われている。
電車を待っていると、
工事区域を囲う金網に、
顔写真入りの紙が貼られている
のが目に入った。

工事会社の「工事担当技術者」の体制表だった。
リーダー1名、その下の担当者2名、
さらにその下の担当者4名の体制で、
会社名と氏名、顔写真、年齢などが掲載されている。

責任をもって仕事をされているのだなと安心感と、
何のためにここまで公開されるのだろうという疑問が
同時に浮かんだ。

駅員さんや工事担当者どうしが出入りする人を
確認するための文書なら、
控え室や金網の内側に貼ることもできるはず。
外向けに貼っているのは、乗降客が見てもらうためだろうか。

偶然か意識的か、実際のところはわからないけれど、
少なくとも、きちんと責任を示している姿勢に受け取れた。
CSR(企業の社会的責任)を、とても身近なところで感じた。

« 消えたブレスレット | トップページ | 遠くから見守られたい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14860051

この記事へのトラックバック一覧です: 工事会社のCSR:

« 消えたブレスレット | トップページ | 遠くから見守られたい »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ