最近のトラックバック

« あと1日待って | トップページ | マヤ暦の赤い月 »

2005.04.20

お寺で心の叫びを聞く

夜7時ごろから、京都のお寺を歩く。
昨年秋にお寺でコーチングを体験したとき、
春のお寺も肌で感じたいと思った。

  関連記事:「お寺でコーチング」(2004.11.22)

桜もほぼ終わりで、夜の京都のお寺で佇むひとときは、
静寂なひとときになると想定していた。
ところが、静かに庭園を見渡せるところに立ち止まり、
意識を集中しようと思うと、すぐ近くの公園から、
マイク演説の大きな声が聞こえてくる。

ふだんは大きな音や声は嫌いなのに、
不思議とあまり感情が動かない。
静寂な空間だけに浸っていたい気持ちと、
実際に聞こえてくる大きなノイズ。
その対比に何か意味があるように感じる。

見ないふり、聞こえないふりをしても、
現実社会で実際に起こる事件や災害。
外側で起こっている現実に、
目をそむけてはいけないという警鐘が聞こえた。


そのうち、内側にも、
気づかないふりをしている自分が見つかる。
大勢が集まる場で、
みんなのノリや合意に、違和感や抵抗を感じていながら、
口に出せずに飲み込んでしまった場面の数々。
以前も、違和感を感じたら口にしようと決めたのに、
忘れていた自分に気づく。

Camellia_2きっと今回は忘れない。
秋のお寺で、
たった1輪だけ咲いていた
真っ赤な木瓜の花を
見つけたように、
今日もまた、
茂る葉の陰で、
1輪だけ花をつけた赤い椿に目がとまった。

« あと1日待って | トップページ | マヤ暦の赤い月 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14859931

この記事へのトラックバック一覧です: お寺で心の叫びを聞く:

« あと1日待って | トップページ | マヤ暦の赤い月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ