最近のトラックバック

« 懐かしのピボットテーブル | トップページ | 雨に咲くあじさい »

2005.06.09

日本語を学ぶ

Rose久しぶりに自宅でお昼ごはんを
食べていて、何気なくテレビをつけた。
ふと目に留まったのが、
教育テレビの日本語を教える番組。

教えていたフレーズは、
「あたしに払わせてください。」
「あたしでよければ、やらせていただきますが。。。」と
申し出る表現。

「あたし」と「私」
「あたしが」、「あたしに」、「あたしで」の違い
「払ってあげます。」ではなく、「払わせてください。」
「が。。。」
ここまで、細かいニュアンスを教えていることにびっくりした。


日常のことばに、こんなに気を使っているだろうか。
「私にやらせてください」なんて、久しく口にしていない。

言い回しそのものより、
申し出るという気持ちを忘れていた気がする。
親しみと謙虚さ、どちらも大事に伝えたい。

« 懐かしのピボットテーブル | トップページ | 雨に咲くあじさい »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14843320

この記事へのトラックバック一覧です: 日本語を学ぶ:

« 懐かしのピボットテーブル | トップページ | 雨に咲くあじさい »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ