最近のトラックバック

« 直覚 | トップページ | 懐かしのピボットテーブル »

2005.06.05

行きつけの店から去るとき

Rugosa昨日、いつも行くお店で、
ヘナのトリートメントをしてもらったら、
髪の色が黒っぽくなりすぎてしまった。

今までの店員さんが辞めて、
オーナーに担当が変わってから、
いまいち納得できないことが多い。

何度も通っているので、安心してお任せして座っていると、
いつも1回のトリートメントを、2回もされてしまう。
おかしいと思って確認すると、
「色がよく出る」と説明されたので、
髪が傷んでいたのかなと、引き下がってしまった。

レシートをよく見ると、「インディゴ」と書かれている。
黒く仕上げるために加える染料。
私の肌には、明るめのブラウンのほうが似合うのに。
いつもそうお願いしていたし、
カルテを見ればわかるはずなのに。
オーナーはイメージコンサルタントの仕事もされているので、
似合う色もわかるはず。
料金も、2回してもらったので、前の担当者より4千円高い。


施術中、しゃべり続けられるのも、私には結構つらい。
ご自分の話が延々と続くのは聞き流せても、
私の経歴や仕事、共通の知人のことを細かく聞かれると、
話をそらすのに神経を使う。
リラクゼーションサロンなのに、帰るとぐったり疲れている。

こんなに不満が募ると、もうここには行かないと思う。
ヘナを扱っているお店を、さがさなければ。

« 直覚 | トップページ | 懐かしのピボットテーブル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14843322

この記事へのトラックバック一覧です: 行きつけの店から去るとき:

« 直覚 | トップページ | 懐かしのピボットテーブル »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ