最近のトラックバック

« anego化 | トップページ | 訃報に接して »

2005.07.19

違和感のある枕ことば

Microphone中小企業診断士の
理論政策更新研修に出席した。
資格を維持するために、
毎年必ず受講しなければ
ならないもの。

講師も中小企業診断士の方で、
冒頭に、
「私もみなさんと同じ診断士なので、
 このような形でお話しするのは・・・」と
長~い謙遜のことばから始まる。
これに違和感を持つのは、私だけだろうか。

特に、40~50代の講師の方に、
 「私のような若輩者がお話しするのは失礼ですが…」
 「私よりお詳しい方も多いと思いますが」
などとおっしゃる方が多いように思う。


聞いてくださる方に敬意を払い、
年長者を敬うことは大切だと思う。
でも、講師として与えられた時間に
あまりこういうセリフが長く、丁寧すぎる口調が続くと、
私は興ざめしてしまう。

主催者が講師としてふさわしいと思ったから選ばれ、
時間が与えられたのだから、
聞き手を尊重する気持ちは保ちつつ、
持ち時間は最大にパフォーマンスされたらいいのに。

私はマイクを持つと、大胆になると言われることがある。
冒頭の挨拶も、
「この時間を一緒にめいっぱい楽しみましょう」と
いうようなメッセージを投げかけることが多い。
自信はなくても、
精一杯期待に応えたいという思いをこめて。

丁寧な方々から見ると、
生意気で不遜な態度に映っているのだろうか。

« anego化 | トップページ | 訃報に接して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14843288

この記事へのトラックバック一覧です: 違和感のある枕ことば:

« anego化 | トップページ | 訃報に接して »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ