最近のトラックバック

« 気合いが風邪薬 | トップページ | 巨大な糸電話 »

2005.12.01

のどかな遅刻風景

Railway朝、最寄駅に行こうとすると、
すごい人だかりで改札に近づけない。
誰か有名人が来る?

いや、平日の朝7:45ごろ、そこにいる人たちは
スーツ姿のサラリーマンやOL、学生さんたち
なのに、そんなわけがない。
どうしてそんな発想するかなぁ?
ふつうは真っ先に事故とか考えるよね、とあきれたけれど、
冷静に見回すと、周りの人たちは妙にのどかだ。

「久しぶりですね。 電車動かないし、お茶でもしますか?」
「1限さぼれるな~、ラッキーやな」
のどかな雰囲気のはずだわ。
駅前の喫茶店に入っていくおじさんたちや、
座り込んでいる学生さんたちに
遅刻に対する緊迫感は全くない。

フリーランスの私には、
どんな事情でも、遅刻が免除されることはない。
人をかきわけて改札にたどりつき、駅員さんに状況を聞く。
最寄駅構内で人身事故があり、
復旧しても現場検証などでしばらく立ち入れないらしい。
バスで30分強かかる、別の路線に行くようにすすめられる。

遅刻決定。
途中で電話を入れると、「気をつけて来てくださいね」という
ことばに、緊張していた気持ちが和らいだ。
会社員時代なら、このことばに感動していなかったかも。

« 気合いが風邪薬 | トップページ | 巨大な糸電話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14843170

この記事へのトラックバック一覧です: のどかな遅刻風景:

« 気合いが風邪薬 | トップページ | 巨大な糸電話 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ