最近のトラックバック

« 「顔貸して」 | トップページ | 根付いていく実感 »

2006.03.05

ベロニカは死ぬことにした

ベロニカは死ぬことにした」を見に行った。

数年前にパウロ・コエーリョの「アルケミスト」に感動して、同じ作家の
世界をもう少し味わいたくて、「ベロニカは死ぬことにした」を手に取った。
 「アルケミスト」 パウロ・コエーリョ著
 「ベロニカは死ぬことにした」 パウロ・コエーリョ著

ストーリーは、日本人向けにアレンジされていて、
今の日本の課題をそのまま映し出しているような世界。
それでいて、原作の持つ繊細な心の動きも表現されている。
本来のパウロ・コエーリョの世界とは、多少違うのかも
しれないけれど。

主役の真木よう子さんの演技に見惚れてしまう。
微妙な表情の変化や、全身から醸し出される雰囲気に、
見ているだけで胸が痛くなる場面がいっぱいあった。

でも、催眠療法を扱ったシーンには、心の中でブーイング。
催眠が怪しいものと思われてしまいそうな扱い方だったので。

エンドロールまでしっかり見終えたあと、主人公はこの後、
どんな人生を生きるのだろうと、しばらく気にかかった。
その問いを持ちながら、明日、
もう一度原作を手に取ってみようと思う。

« 「顔貸して」 | トップページ | 根付いていく実感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14846263

この記事へのトラックバック一覧です: ベロニカは死ぬことにした:

« 「顔貸して」 | トップページ | 根付いていく実感 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ