最近のトラックバック

« ことばにしないこと | トップページ | 緑の唇 »

2006.04.09

心の傷を触るとき

Rengeあるセラピーで
深く傷ついたという人に出会った。
ひも解いてみると、
必要以上に過去の傷を指摘されたみたい。
それって、治りかけのかさぶたを、
力任せにはがすようなもの。
「ほら、怪我してるでしょう」って。

これまで一度も傷ついたことがない人なんていない。
どんなに身近な親子や兄弟の間でも、
大好きな恋人や友達どうしでも。

どんな人も、探せば、古い傷跡がいくつも見つかる。
「古傷がありますね」って指摘したら、たぶん100%当たる。
でも、そのことに、どんな意味があるというのだろう。

自然に任せていれば、傷ついた皮膚は自然に回復する。
傷つけて、傷つけられて、痛みとともに何かを学ぶ。
また違うことで傷ついて、また学んで成長する。
その繰り返し。
それが、たぶん、生きていくこと。

私もコーチングやNLPを扱う者として、自戒をこめて。
深い潜在意識を扱い、切れ味が鋭いからこそ、
クライアントさんが私に信頼を寄せてくれるからこそ。

必要なときに、まっすぐ見つめることは、大事なプロセス。
必要のないときに、必要のないスキルを使わないことも、
プロの覚悟。
クライアントさんをしっかり見て、
タイミングと、関わる強さを見極める。

« ことばにしないこと | トップページ | 緑の唇 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14858156

この記事へのトラックバック一覧です: 心の傷を触るとき:

« ことばにしないこと | トップページ | 緑の唇 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ