最近のトラックバック

« 咲いた咲いた | トップページ | お茶くみの女性 »

2006.04.23

飴が食べられない

Candy_1先日、あるワークショップを受けて、
飴が食べられなくなった。

感覚に意識を向ける練習で、
飴を1つ口に入れた。
私が好きな、
ピンクグレープフルーツ味ののどあめ。

最初はおいしく味わっていた。
が、先生が「お菓子にはいろんなものが入ってますね」と
おっしゃった瞬間、耐えられなくなって、飴を吐き出した。
人工香料の不自然な香りと人工甘味料の不自然な甘さが、
一気に全身に広がって、むせ返ってしまった。

もともと私は、NLPでいう五感の中ではK(体感覚)が強い。
正確には、V(視覚)が弱い分、体感覚に頼りすぎている。
人一倍、気配を察知したり、場の空気や相手の感覚に
同調したりする。

私は喉が弱いので、混雑した電車やバスなどで、
喉の保護のつもりでのど飴を口に入れている。
私なりに有効だった、喉を守る自己暗示。
何か他の方法を探さなければ。

« 咲いた咲いた | トップページ | お茶くみの女性 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15048575

この記事へのトラックバック一覧です: 飴が食べられない:

« 咲いた咲いた | トップページ | お茶くみの女性 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ