最近のトラックバック

« I love NLP ! | トップページ | ビタミンサプリ »

2006.05.07

命のケアとコーチング

Botan高野山大学の井上ウィマラ先生の、
スピリチュアルケアの講演を聞いた。
医療関係者の立場から見た命、
心理療法家の立場から見た命について、
考えるという試みが進んでいるらしい。

私が最初にコーチングに興味を持ったのは、
ターミナルケアということばがきっかけだった。
7年前に大好きだった祖父が亡くなる前に、
ゆっくりと優しく話しかけると、
元気だったときと同じように話し始め、
目が輝くのを、この目で見たから。
その命の輝きが忘れられなくて、人の話を聞く仕事についた。

講演の中で強く印象に残ったのは、
ネガティブな感情や激しいことばは、
排泄物のようなものという考え方。
看護者が、排泄物や嘔吐物を丁寧に取り除くように、
ネガティブな感情を上手に受け止めることによって、
本人が、その背後にある悲しみに自分で気づくように励ます。
その人のスピードで、その人が持つ命の強さを引き出すという。

コーチを生業にしていると、どんどん直感が強くなる。
でも、クライアントさんが気づく前に指摘するのは、
コーチの仕事ではない。
たとえそれがどんなにぴったり当たっているとしても。

相手の中で、条件や状況が整うまで待つこと。
シンプルだけど、パワフルな姿勢。
自分の心をいったん脇において、相手を心の底から信じきる。

コーチングやNLPを扱う者として、
大切なものを思い出す時間になった。

« I love NLP ! | トップページ | ビタミンサプリ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15082322

この記事へのトラックバック一覧です: 命のケアとコーチング:

« I love NLP ! | トップページ | ビタミンサプリ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ