最近のトラックバック

« 人間ドックで泣きました。 | トップページ | 市民税を納めたよ。 »

2006.06.28

next time

CandyどうすればNLPやコーチングを、
もっと日本語的に
伝えられるのだろう?
最近よく、こんなことを考える。

もともと漠然と思っていたものが、
クリスティーナ・ホール博士のNLPトレーナーズトレーニングを
受けて、その思いが強くなってきた。
クリスティーナ・ホール先生は言語学の専門家でもあり、
トレーナーが使う1つの英単語に含まれる意味を、
詳しく解説してくださった。

私が違和感を持ったきっかけは、コーチングを学び始めたころ、
何か失敗したことを話すと、よく、
「次回はどんなやり方をしますか?」と聞かれた。

次回って?
当時の私には、
何の脈絡もなく、話を遮られたような、違和感を持った。

確かに視点は変わる。
でも唐突だなぁと思った。

その後、たまたま読んでいた心理療法の本で、
  落ち込む人は、「If only ~」(もし~さえしていれば)と言う。
  その代わりに、「next time」(今度は~してみるよ)と
  言うようにアドバイスする。
という記述を見つけた。

コーチングで聞かれたのは、これだったのね。
不自然なのは、英語の直訳だからかもしれない、と気づいた。

コーチングもNLPもそれなりの経験を積み、資格もとった。
この世界のよさを周りに伝えたい気持ちも高まっている。
初めてこの世界に接する方が、すんなりなじめるような、
そんな自然なことばで伝えたい。

« 人間ドックで泣きました。 | トップページ | 市民税を納めたよ。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15564399

この記事へのトラックバック一覧です: next time:

« 人間ドックで泣きました。 | トップページ | 市民税を納めたよ。 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ