最近のトラックバック

« 先輩風をふかす人たち | トップページ | 娘の顔がわからない »

2006.06.24

怒りのマネジメント

Origami怒りの表現について気になることがあって、
ネットを検索していたら、
小橋昭彦さんの
「怒りのマネジメント」を身につけよう を
見つけた。

コーチングでもNLPでも、感情をとても大事に扱う。
クライアントさんの声に、怒りや悲しみを感じ取ったら、
それを十分に味わうように促すことが多い。
それは、コーチングやセラピーという安全な空間だからこそ。
そこをわかっていないと、誤った使い方になると思う。

テレビ番組などで、事件にあった子どもさんに、
犯人の顔写真を破らせたり大声を出させたりして、
ストレスを発散させようとする場面が見られる。
きっとそれは、
カウンセラーの状況判断で行われているはず。

その説明がされずに映像だけが流され、
コメンテーターが「怒りを表現するのは大切ですね。」
などと語る風潮には、
誤解を招くのでは?と感じる。

やみくもに怒りを爆発させると、
周りの人の不用意な怒りを誘発する。
マイナスのエネルギーの伝染力、破壊力は大きい。

怒りをただ外に出しさえすればいいのではなく、
感情の源を見つめて、適切な形で処理する。
コーチングやNLPのセッションが、
そういう場になるように願いをこめて、
クライアントさんとともに過ごしたい。

« 先輩風をふかす人たち | トップページ | 娘の顔がわからない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15564341

この記事へのトラックバック一覧です: 怒りのマネジメント:

« 先輩風をふかす人たち | トップページ | 娘の顔がわからない »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ