最近のトラックバック

« 体感覚は試金石 | トップページ | 新しい世界を楽しむ »

2006.06.13

コンテクストのずれからくる違和感

Passion_flower先日、劇作家の平田オリザさんの
講演を聴いた。

演出で一番難しいのは、
さりげない日常のシーンらしい。
ここぞという場面やセリフは、
役者さんもたっぷり練習するので、
現場では問題なく進むことが多い。
が、家族の食卓とか、電車で隣の人に話しかける場面とか、
一見、普通っぽいシーンでつまづくことが多いという。

なぜなら、それは、実は全然日常的でないから。
日常生活では、
あまり家族どうしで「おはよう」と言わなかったり、
電車の中で知らない人に話しかけないのに、
「ふつうに」と言われてもとっても困る。

それを聞いて、腑に落ちた。
だから私は今まで、
インプロや演劇のワークショップに違和感を感じていたのね。
一生懸命やろうとしても、
「もっと大きな声で」「恥ずかしがらずに」と言われてしまう。
上手だと言われる人を見ても、なんか不自然、と感じていた。

この違和感が、どこからくるのか、ようやくわかった。
自己紹介や挨拶は、普通は、遠くの人に大声で言わないから。
コンテクストのずれ。

ことばへの興味を掘り下げるようになってから、
妙に「コンテクスト」の問題にあたる。 
私の今のキーワードなのかな。

« 体感覚は試金石 | トップページ | 新しい世界を楽しむ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15414376

この記事へのトラックバック一覧です: コンテクストのずれからくる違和感:

« 体感覚は試金石 | トップページ | 新しい世界を楽しむ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ