最近のトラックバック

« 学びのループ | トップページ | 全国一の暑さ »

2006.08.19

脳に興味を持ったのは

Mouse仕事を終えて帰宅すると、
TVで利き脳の話をしていた。
指と腕の組み方で、
インプットやアウトプット時に、
論理的or感覚的にとらえるか、
わかるというもの。

これは、私が大学時代、S教授が研究されていた分野。
よく教授の実験に駆り出されたり、
授業の一環で友人たちに協力を募って実験して、
レポートを書いていた。

私は、臨床心理学コースにいたので、
認知心理学は必須ではなかったのに、おもしろくて、
教授の講義を受講したり、教授室に出入りしていた。

もちろん(?)、私は当時から、
インプットもアウトプットも感覚的なタイプだった。

と懐かしく思い出していたら、そのS先生がTV画面に映った。
もう定年退官されて長いはずだけど、お元気そうな先生に、
久しぶりにお会いできたようで、とてもうれしい。

私が脳に興味を持ったのは、大学時代だったのね。
昨日のループバックに続いて、
大学時代まで学びの記憶がつながった。

« 学びのループ | トップページ | 全国一の暑さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14826383

この記事へのトラックバック一覧です: 脳に興味を持ったのは:

« 学びのループ | トップページ | 全国一の暑さ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ