最近のトラックバック

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月

2006.09.30

創業塾からの旅立ち

Peacock講師を務めた堺商工会議所の
創業塾が終了した。
最終回は、各自のプランの発表会。

3週間前に初めて顔を合わせ、
ビジネスアイデアを話したときに
比べると、内容もプレゼンテーションも
はるかに磨きがかかっている。

こういう場面に出会うたびに、人が持つ力に感動する。
やりたいことに向かって、変化を遂げていく力。
思いを人に伝え、人を巻き込む力。

発表の後の質疑応答でも、質問よりも、
あたたかい応援のメッセージや、
協力の申し出が多かった。
勇気を出して、周りの人に思いを伝えることから、
新たな動きが生まれていく、うれしい瞬間。

創業塾は終了したけれど、
実際の創業はこれから始まる。
頼れる仲間どうしになったみなさんからは、
同窓会の案が出ていたり、
mixiのコミュニティも立ち上がった。

創業支援をする身にも、これからが醍醐味。
創業塾が終わってからも、
相談窓口に来ていただいたり、
創業のご連絡や近況報告をいただくのが、楽しみ。

帰宅すると、
約1年半前に開業された美容室の店長さんから、
広い店舗への移転のお知らせが届いていた。
おめでとうございます & ありがとうございます

2006.09.28

口紅増殖中

Manicure口紅を1本買った。
メイクに目覚めたのではなく、
またまた、
化粧ポーチを忘れたから。

携帯、手帳、名刺入れ、お財布、
化粧ポーチ、キーケース・・・
毎日毎日、これらをぜーんぶ忘れずに持っていくのは
どうしてこんなに難しいのでしょう。

こんな日に限って、公的機関の相談窓口で仕事をした後、
夕方からセミナー講師を1本務め、
その後も大勢にお会いする。

人前に立つのに、すっぴんくちびるは、やばいかも。
私は別に気にならないのだけど(それはそれで問題?)、
男性は結構、そういう細かいところを見ていたりする。

というわけで、乗換駅で、お買い物に走る。
そこは、難波駅。
先週末にオープンしたばかりのマルイがある。
新しいもの好きの私としては、やはり見逃せない。
時計を気にしながら、駆け足で店内をざっと巡った。

お仕事用の無難な色合いの口紅は、また1本増えたけど、
マルイを見に行けたので、好奇心は満たされたかな。

2006.09.27

ハーブティ生活復活

Herb_tea涼しくなってきたので、
久しぶりにハーブティを入れた。
ハーブティは、これからの季節の
私の楽しみの一つ。

夏の間も、最初は、
アイスティにしていたけれど、
今年の猛暑にお湯を沸かす気力が続かなくて、
数ヶ月ごぶさたしていた。

緑茶や紅茶は、冷水に茶葉を直接入れて、
冷蔵後で一晩寝かしておけば、
朝には色も香りも鮮やかなアイスティができるのに、
なぜかハーブティは水出しでは風味が出ないの。

久しぶりの一杯は、一番好きなブレンドにした。
ローズヒップとハイビスカスとレモングラスのブレンド。
甘酸っぱさが、口の中に広がって、大満足。

2006.09.26

白いゴーヤ

昨日訪問した加西市で、
農産物直売所の方にゴーヤをいただいた。
通常の緑のゴーヤと白いゴーヤ。
白いゴーヤは初めて見た。

食べ方は同じと聞いたので、1日お酢につけて、
ピクルスにした。
この夏、一番お気に入りだった、ゴーヤの食べ方。
食欲がないときも、いくらでも食べられるの。

白いゴーヤは、緑より、苦味が少ない気がする。

2006.09.25

能勢から加西へ

Hagi今日の移動距離は、
おそらく300kmを超える。

朝自宅を出て、
バス-私鉄-地下鉄-私鉄-バス、
と何度も乗り換えて、
約3時間半かけて、
大阪府の北の端、能勢町へ。
のどかな田園風景を眺めながら、
電車とバスに揺られていると、小旅行気分。
周りには、リュックを背負ったグループもいる。

その後は、梅田からハイウェイバスで、
兵庫県の加西市へ。
日が暮れるのが早くて、景色は楽しめなかったけれど、
やはり周りはのどかな風景のはず。

帰りは最終バスに間に合わないので、
少し離れたJR加古川駅へ車で送っていただいて、
新快速で大阪に向かう。
梅田に着いたら、地下鉄の最終電車の1本前!
正確には最終電車は私が降りる駅まで行かないので、
事実上の最終電車。

自宅に帰ると、軽く日付は変わっていて、
長~い1日が終わった。
おつかれさま>わたし

2006.09.23

ケーキを買いに

堺商工会議所の創業塾の帰りに、
もう1人の講師のTさんと一緒に、ケーキを買いに行った。

Natulove午前中に、先輩起業家として、
会議所の近くのお菓子屋さんの
天然工房なちゅらぶの店長さんに、
講演してもらった。
店長のお話を聞いていると、
やわらかい雰囲気の話し方の中に、
素材やお菓子に対する強いこだわりが、
すごく伝わってくる。

打ち合わせのときにも、たっぷりお話を聞いたのに、
初めて聞いたかのように、思いっきりひきこまれた。

店内には、季節の果物がふんだんに使われた、
見ているだけで幸せな気持ちになれそうな
お菓子がいっぱい。
色鮮やかなお菓子の中には、
天然素材の体に優しい材料だけが使われている。

ケーキを持って帰るまでの、
わくわくする気持ちも久しぶりに思い出した。
そしてもちろん、ケーキを口にする幸せな気持ちも。
あっさりした食べやすい味わいで、また食べたい!

自分の好きなことで、人を幸せにできる仕事。
素敵な店長さんとの出会いがうれしい1日になる。

2006.09.22

15分の睡眠で

先週のNLPマスタープラクティショナーコースで、
たった15分で、一晩眠ったのと同じくらい効果がある
というイメージワークを教えてもらった。

珍しく立て込んで、久しぶりに睡眠時間を削っている私に
ぴったりのワーク。

そういえば、似たようなことを、昔からやっていた。
会社員時代に、中小企業診断士の勉強をしたり、
合格後に少しお仕事を始めたころは、
夜中に時間を割いていた。
それなりに会社の仕事のストレスも抱えていたので、
帰宅後にすぐ活動をするのは、
なかなかエンジンがかからなかった。

なので、30分~1時間くらい仮眠して、
気分を切り替えていた。
そのとき、一眠りしたら、すっきり目覚めて、
気分よく勉強できると、自分に言い聞かせていた。
根拠もなくやっていたけれど、理にかなってたのね。

今回のお仕事のピークは、今月末くらいまで。
(・・・と思いたい・・・)
短時間の睡眠でも、元気に乗り越えられますように。

2006.09.21

仕掛品

あくびちゃんのブログからいただきました。
「簿記簿記占い」

私は・・・
  まこさんは【仕掛品】です!

  仕掛品さんのあなたは、
  想像力豊かな夢想家タイプ。
  フットワークの軽さが持ち味ですが、
  人には落ち着きがないと思われることも。
  意外に傷つきやすい一面もあります。
  人の話を聞くのが上手で、
  相手はあなたと一緒にいると、
  自分が話し上手になったような気になります。
  人の心を読むのが得意なので、
  それをいい方向に行かせば成功するでしょう。


私は簿記なんて知らな~いのに、
私のことは、知られてるみたいなのは、なぜ?

確かに、私はDreamer。
次々と妄想のように思いをめぐらせて、
アイデアを膨らませるのは大得意。
でも、現実に着地する前に、
次に意識が向かってしまう。
だから、いつも、作業途中の仕掛案件がいっぱい・・・

2006.09.20

彼岸花

Lycoris彼岸の入り。
カレンダーを知っているかのように、
今朝、白い彼岸花が咲いた。
つい数日前までは、
何もなかった気がする場所に。
たぶん明日くらいには、
隣に並んだ赤い花も咲きそう。

気候が不順で、暑い日も肌寒い日も台風もあって、
人間はすっかり季節がわからなくなっているのに、
彼岸花は、季節の訪れを知っているのね。

「向こう岸」には、会いたい人も大勢いる。
祖父母、姉、亡くなった先輩方。。。
季節の訪れを感じながら、少し思いを馳せてみる。

2006.09.19

おいしいと言って食べる

Konpeito_11週間前、
カウンセラーの先生の講座で、
「1人でも、おいしいなぁと言って
 食べましょう」と習った。
コンビニで買ったお菓子を
食べる演習もした。

いい習慣だと思ったので、実行しようと思った。
・・・が、1週間たって振り返ると、一度もやっていない。
本気でやろうと思ったのに、なぜだろう。

私はつい、食事をおろそかにしてしまう。
1人のときは食べるのを忘れたり、
おやつみたいな食事になりがち。

でも、誰かと一緒にごはんするのは大好き。
会いたい人に、「ごはんしよう」とお誘いもかける。
テーブルをはさんで、楽しい時間を過ごすのが好き。

私にとって、食事は、何を食べるか、ではないみたい。
誰と、どんな雰囲気で食べるかが最重要。
食事だけでなく、学びでも何でも同じなんだけど。

それをふまえて、
おいしいと言って食べることに、もう一度挑戦してみよう。

2006.09.18

私が仕事を選ぶ基準

Futaba最近、初めて経験するお仕事の
依頼が続いている。
私の専門領域ではないテーマの
講座を担当することになったり、
未知の業界や分野で、
コンサルティングの依頼を受けたり。

依頼をいただく瞬間は、なぜ私に?と思う。
お受けしていいものかどうか、少し迷うときもある。

そんなとき、独立する前に、
私にお仕事を紹介してくれた先輩のことばを思い出す。

「私にできるでしょうか?」と、甘い発言をした私に、
「まこちゃんならできると思うから、頼んでいるんだ。
 人を紹介するのは、ものすごい責任が伴うんだよ。
 できないと思う人を、紹介すると思うか?」と一喝された。


それ以来、私が仕事を選ぶ基準は、やりたいかどうか。
本当にやりたいと思えば、
自分の期待さえ超える知恵も力も、
不思議なくらい湧いてくる。
とてもシンプルで、明確な基準。

依頼されるということは、ご縁があるということ。
初めてのお仕事の準備が重なると、
物理的にも精神的にもハードになる。
もうすぐ、独立して丸3年。
新しい領域を広げなさいというメッセージかもしれない。

2006.09.17

瞳の奥に

Azami再受講中のNLPマスター
プラクティショナーコースで、
無言で見つめて
相手に動いてもらうワークをした。
  詳細は、これから受講する
  方のために、内緒です(^^ゞ

1年前に初めて受講したときは、
とても難しく感じたワーク。
今回は、順番に複数の方と向かい合いながら、
目を見つめていると、
そのタイミングを感じることができた。

ことばで説明するのは難しいけれど、
相手の瞳の奥に、
その人の世界やその人自身の大きさを感じた瞬間、
しっかりとつながるのを感じた。
相手の心の美しさ、強さ、優しさなどが感じ取れた。
そしてその瞬間、相手の方が動いてくれた。

アイコンタクトが大切だと、よく言われる。
その本当の意味、深い意味を、初めて知った気がする。

瞳と瞳がつながる瞬間。
存在と存在が融合するような、厳かで、あたたかい感覚。
目の前の相手への愛おしさ、人の存在のすばらしさ。
ことばにすると大げさだけど、確かな実感。

2006.09.16

どちらも私

Susuki誰でも、ある程度はそうかもしれないけれど、
仕事のときの私と、プライベートの私は、
ギャップが大きい。

仕事では、クライアントさんや
セミナー参加者の反応を大切にするし、
できばえもそこで測っている。
プライベートでは、自分が楽しいかどうか、
自分の尺度で全てを測る。

仕事モードのときは、
プライベートの自分が意識から完全に消えて、
プライベートの予定を後回しにしてしまう。
仕事仲間にはプライベートな私を知られたくないし、
家族やパートナーには、仕事の話を聞かれたくない。

こんな自分を、どちらが本当の私なの?とか、
未熟だと責めてしまう気持ちが強かった。

それが、NLPを学んで、少しすっきりした。
メタプログラムは、コンテキスト(状況)によって異なる。

仕事のときとプライベートのときは、
私の中で全然違うプログラムが立ち上がって、
作動している。
どちらも本当の私。

2006.09.15

All Aboutプロファイルに掲載

RindoAll Aboutプロファイル
コーチングのサイトがオープンした。
お世話になっているベストコーチ
ご紹介で、私も掲載していただいた。

自分の記事や写真を自分で見るのは、
かなり気恥ずかしい。
正直、男性のライターさん、男性カメラマンさんの取材は、
かなり苦手。

それでもやっぱり、コーチングのことや、
私の思いを知ってもらう機会が増えるのは、
とってもうれしい。

2006.09.14

観音寺で数字を語る

Salvia昨夜は香川県の
観音寺商工会議所の
経営革新塾。

私がいただいたテーマは、
決算書や数字のお話。
数字が苦手な女性部会なので、
ごく初歩的な内容を話してほしいというご依頼だったので、
できるだけ身近なお買物などの例を用意して
香川に向かった。

が・・・会場に着くと、
半分以上が男性で、年配の方も多い。
社長、経理部長など、数字のプロも大勢いらっしゃる。
あらら・・・
とっさに、経営革新申請などの経営事例などを
その場でアレンジした。


知らない街でお仕事するときは、どんな街なのか調べて、
できれば、名所や名物に触れたい。
観音寺は、四国霊場88ヶ所の69番めの札所らしい。
帰りの電車のタイミングが合わなくて、観光はあきらめる。

せめて、讃岐うどんを食べたかったけど、観音寺の駅前は、
商店街も飲食店もお土産屋さんも見当たらない。
なんとか、駅のKIOSKで、観音寺饅頭を手に入れた。
以前、イリヤさんがすすめてくれたので。
確かに、おいしかったです。

2006.09.13

5年ぶりの友人との柔らかいひととき

Wine先日、5年ぶりくらいの
友人に会った。
正確には、5年前でも、
大勢の集まりで何度か
お会いした程度で、
直接ゆっくり話すのは
初めてだと思う。
お互いのブログはずっと読んでいて、
私が先日募集した、NLPの体験セッションに
協力を申し出てくれた。

待ち合わせしたお店のメニューでは、
モンターニュブルーという香りのいい紅茶が、
いつもの私のお気に入り。
が、メニューを開くと、疲れていた私の体が、
「みかん酢とグァヴァジュース」をほしがった。

しばらくして到着した友人も、同じものを注文した。
その瞬間、長い年月が埋まった気がした。

しばらく話した後、率直に伝えてみた。
「昔より、やわらかい雰囲気になったね。」
目的に向かってまっすぐに突き進むパワーは
変わらないのに、人としての大きさや深さを感じたから。

友人も、同じようなことを私に伝えてくれた。
体を柔らかくすると言われるお酢を飲みながら、
お互いに柔らかい気持ちになれた、
そんな時間が流れた。

2006.09.12

ケータイ辞書

Keitai週末の堺商工会議所の創業塾で、
みなさんにワークシートを記入して
もらった。
しばらくすると、
ケータイを操作する姿が
目立ち始めた。

最初はメール?と思ったけど、
それにしてはあちこちで同時発生的に起こっている。
あ、わかった!
席に近づいて、声をかけた。
「提出しないから、ひらがなでいいよ。」

やっぱりそう。
漢字が思い出せなくて、辞書代わりに使ってた。
いいと言われても、ちゃんと漢字で書きたいという。
その気持ち、わかる気がした。

自分が本当にやりたいことを、自分の手で文字にする。
事業を大切に育てるプロセスが、既に教室で始まっている。
貴重な瞬間に立ち会えて、うれしくなった。

2006.09.10

しゃべるとふくらむ

Kikyu昨日から堺商工会議所の
創業塾が始まった。
堅い講義スタイルではなく、
グループディスカッション主体の
話しながら考える講座。

オープニングで、
ドリームゲートチーフプロデューサーの吉田さんに、
ノリノリトークで起業家精神を語っていただいて、
会場の起業ムードが一気に高まる。

グループディスカッションの後の休憩時間も、
セミナーが終わった後も、
会場のあちこちで意見交換が続く。
参加者の方からも、
「いっぱいしゃべれて、いっぱい気づいて、
 思いがふくらみました」
と、感想をいただいた。
NOVAうさぎさんのフレーズみたい(^^)

あと3日間でさらにプランを練り上げて、
お1人お1人が思いを形にできますように☆彡

2006.09.09

来年の手帳

9月と言えば・・・来年の手帳が出始める時期。
手帳はヴィトンのダミエ、レフィルはキティちゃんが、
毎年の私のパターンだった。

Hobonichi今年は、「ほぼ日手帳」に
気持ちが動いた。
コーチングのクライアントさんが
使っていて、
楽しそうに見えたから。

仕事の合間をぬって、ロフトに見に行く。
ロフトで色やデザインを見て、
ほぼ日ストアで買おうと思っていたのに、
そのまま連れて帰ってきてしまう。
私が選んだのは、ディープレッド。
  写真はほぼ日刊イトイ新聞からいただきました。

8年ぶりに、システム手帳から卒業する。
新しい手帳を手にする、新鮮な感覚がうれしい。
早速2007年の予定を、ドキドキしながら書き込んだ。
まだ少ししか書くことがないので、早くもっと書きたいな。

どんな年になるのだろう。
早くも、2007年の私に、わくわくしはじめた。

2006.09.08

食欲の秋は封印

Donguri朝から夜遅くまで、
大阪市内を行ったり来たり。
地下鉄の1日乗車券が
大活躍の1日。

途中、30分くらい時間が空いた。
カフェでパソコンを開くには
中途半端な時間なので、
久しぶりにウインドーショッピングしようと思った。

そう、あくまで、ウインドーショッピング・・・

外はまだ暑いのに、売り場はすっかり秋。
気がつくと、「これ、試着してもいいですか?」と
口が動いていた。

店員さんにサイズを伝えると、
1つ下のサイズをすすめられる。
「今週はSサイズフェアで、特別においているんですよ。」

「ニットのインナーを着ることもあるので。」」と、
いつものサイズを試着したら、微妙に合わない。
1つ小さいサイズを試すと、どう見てもジャストフィット。
ぴったり合うと気持ちよくて、小さいほうに決めてしまう。

でも・・・少しでも太ったら、着られなくなるのかな。
ドキドキ。。。
食欲の秋を前に、
予定外の出費が無駄になりませんように

2006.09.07

80人の愛

Sweetheart先日、ある社長さんから、
とてもいいお話を聞いた。

その会社は、今年、
創業10周年を迎えた。
決して景気がいいとは
いえない業界で、
この10年間、業績は毎年上がり続けている。

10周年めの朝、社長が出社すると、
高級感のある、黒いカードホルダーをプレゼントされた。

不思議に思って社長室に入ると、
社長の机の上には、小さなカードがいっぱい!
80人の社員さん全員が1枚ずつ書いた、
80枚のメッセージカードが、机に敷き詰められていた。

社長は、1枚1枚を入れたカードホルダーを、
愛おしそうな表情で見せてくださった。

会社の雰囲気が伝わってくるような、素敵なお話。
愛情のおすそわけをいただいた気持ちになった。

2006.09.06

漢字と心

Pencil最近、メモやノートを取るとき、
できるだけ漢字を書こうとしていることに
気がついた。

いつもの私は、
ひらがなの世界に住んでいる。
セミナー受講ノートは、
乱雑なひらがなばかり並んでいた。

何か特に意識したわけではない。
私の中で、どんな変化が起こっているのだろう?
ことばを大切にしたい気持ちは強いので、
形になってきたのだろうか。

書きなれない文字も、案外書けることが、
結構うれしい。
でも、私の世界にないことばは、
見事なくらい書けないのもおもしろい。

先日も、ペアワークの相手の発言をメモしていて、
「儲ける」という字が書けない自分に、笑ってしまった。
真ん中の「言」が思い出せなかった。
確かに、私の口から「儲ける」という「言葉」は出てこない。

やっぱり、
何か私の心の変化が文字に表れているみたい。

2006.09.05

青いみかん

Orange今年初物の、
青いみかんを食べた。

オレンジ色になった
冬のみかんは苦手だけど、
この季節の、
青いみかんは大好物。

私が冬みかんが嫌いになったのは、味だけではなく、
嫌な思い出と結びついているらしい。
食が細かった私は、子どものころ、親戚の家に行って
「食べなさい」としつこく言われるのが苦痛だった。
同じ理由で、すいかもダメ。

マイナスのアンカリングの事例ね。
アンカリングの生成プロセスを説明するときの例に
使えるかも。


で、大好きな青いみかん。
ごはんの前に、つい2つも手をのばして、
ごはんが入らない・・・

2006.09.04

服で痩せる

Lavender2日連続でお会いしたみなさんから、
貴重なフィードバックをいただいて、
見た目の重要性を実感した。

1日めは、
  会う人ごとに、
  「痩せた」「大人っぽい」「キャリア系」といった
  コメントをいただく。
  お姫さま抱っこしやすそう~、と
  私を持ち上げようとした友達(女の子です)もいる。

2日めは、
  昨日のほうが痩せて見えたと口々に言われる。

この違いは、私の服装。
1日めは、薄手のパープルのストライプのシャツ。
2日めは、ちょっと厚手の、暖色系のサマーニット。

それだけで、体型も髪型も同じなのに、
まったく別の人になったようなフィードバックをもらう。
1日めは「まこさん」、
2日めは「まこちゃん」という印象になるらしい。

第一印象の大切さも、
第一印象の約55%が見た目で決まるのも、
よく知っているし、私もセミナーではよくお伝えする。
頭ではわかっていても、視覚(V)が弱い私には、
鏡で見た自分の違いはあまりよくわからない。

痩せて見えるかどうかはあまり気にならないけど、
初対面の方には、ふさわしい印象に見られたい。
場面別に、誰かにクローゼットを見てもらおうかな。

2006.09.03

大きな雲に乗りたい

Cloud_2朝、バスを待ちながら
空を見上げると、
抜けるような青空に、
大きな雲がぽっかり
浮かんでいた。

あれに乗りたい!
そう思った瞬間、今年の私の行動指針は、
空に浮かぶ雲」だったと、久しぶりに思い出した。

今日は、心の流れるままに、
雲の上にいる気分で過ごしてみようと思った。

夕方、1日を振り返ってみると、
いつもより客観的な視点で、1段上の階層から、
自分を眺められたような気がする。
目の前のことでいっぱいいっぱいの私に、
今必要なこと、必要でないことが、少し見えてきた。

雲の上は、私のメタポジション。
朝、思い出させてくれた大きな雲に、どうもありがとう!

2006.09.02

正確な体内時計

Watch_3NLPマスタープラクティショナー
コースの再受講が始まる。
リソースパーソンは9時集合で、
遅刻も欠席も許されない。

早起きできる自信がなかったので、
NLP的に暗示をかけてから眠った。

セミナールームに入ると、
久しぶりに懐かしい仲間とも会い、
自然に体にエネルギーが満ちてくる。
10時から、すっきりした気分で受講できる。
そして、学びと発見がいっぱいの、楽しい1日を過ごす。
というような場面設定をした。

朝9時、
ミーティングが始まっても、まだ頭が眠っている。
暗示が効かなかったのかなぁと思っていたら、
セミナーが始まる直前、急にパチっと意識が覚めた。

あ、10時に目覚めるように設定したから?

それなら、アウトカム(目標)の設定は大成功。
そんなに正確に効くものなの?
効果が高いだけに、
正確に願うことが大切というフィードバックを得た。

2006.09.01

揺れの中で

Hikokigumo往復の飛行機で、
これまでで一番すごい
揺れを体験した。
座席から
投げ出されそうなくらい、
左右に大きく
何度も揺さぶられる。
思わず、シートベルトを閉め直した。

これが本物のジェットコースター?などといろいろ考えながら、
ふと、心の中に意識が向いた。

どんなに揺さぶられても揺らがない、強い私になりたい。

揺らがない自分は、私の長年のテーマ。
今月の私のアウトカム(目標)にしようかな。

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ