最近のトラックバック

« 若い旅立ちにご冥福をお祈りします | トップページ | 少女から少年へ »

2006.10.26

映画「天使の卵」

先日、映画「天使の卵」を見に行った。

春先に、友人から村山由佳さんの原作をすすめてもらって、
ピュアな世界に感動して、映画の公開を待っていた。

 「天使の卵(エンジェルス・エッグ)」 村山由佳著

肝心の映画は、私には、
脚本が、原作の透明感と深みをかき消してしまったように
感じて、少し悲しくなった。

あとでパンフレットを読むと、脚本家の方が、
「読み終えたとき、悲しすぎる結末に、
 卵が割れたままのような救いのなさを感じた。
 映画では、絶望の中から希望を見出す話に
 したいと思った」
と書かれていた。

そのせつなさが魅力なのに。。。


解釈の違いはいろいろあっていいのかもしれない。
小説と映像は、違うのかもしれない。
NLPで言う、地図の違い。


脚本の解釈以外のところは、とても感動して、
のめりこむように見た。
春妃役の小西真奈美さんの演技力に目をみはった。
端正な顔立ちと見事なプロポーションに、
モデルさんと思っていたら、実力派の女優さんだったのね。
セリフがないシーンでも、細かい動きだけで感情が伝わる。

あるときは、手の動きだけで、
あるいは、胸元の呼吸の動きだけで、
あるいは、顔の筋肉の変化だけで。

人間の体はここまで感情を豊かに表現できるものなのかと
驚きながら、すっかり春妃に感情移入していた。
久しぶりに、感情の変化をたっぷり味わう映画を見た。

« 若い旅立ちにご冥福をお祈りします | トップページ | 少女から少年へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14822154

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「天使の卵」:

« 若い旅立ちにご冥福をお祈りします | トップページ | 少女から少年へ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ