最近のトラックバック

« 今月前半の動きを知る | トップページ | ケーキ三昧 »

2007.01.25

瞑想とコーチング

All about プロファイルのコラムにも、
同じ内容を書いています。

先日、仏教の先生の講演を聞く機会がありました。
ブッダが説いた瞑想には、3つのモードがあるそうです。
 1.自分の中に入る瞑想
 2.相手の中に入る瞑想
 3.間主観的な瞑想

1番めは、自分の内側を見つめること。
日本の瞑想では、この領域が中心になっていたそうですが、
西洋ではむしろ、2番め、3番めが重視されてきた経緯が
あるそうです。

2番めは、相手の世界に入って、相手を知ること。

3番めは、自分と他者との関係性の中に自我の発達がある
ということ。

これを聞いて、コーチングやNLP(神経言語プログラミング)で
大切にしている世界と、通じるなぁと思いました。

コーチングでは、傾聴には3つのレベルがあると考えます。
NLPでも、ポジションを3つに分けてとらえます。
いずれも、おおむね、自分、相手、関係性(場)の3つです。

まず自分を知り、
相手の話を聞くときは自分を脇に置いて、
まっさらな気持ちで、相手の世界をそのまま見せてもらい、
全体を俯瞰的にとらえて、場のエネルギーをとらえる。
どれが良いというのではなく、どれも欠かせないと思います。

海外の理論から学んだコーチングやNLPの根っこにあるものが、
東洋的思想につながって、
なぜかとてもほっとした気持ちになりました。
私の中で、心と体の両方に、しっかり根付かせることができた
感覚になりました。

« 今月前半の動きを知る | トップページ | ケーキ三昧 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/14820602

この記事へのトラックバック一覧です: 瞑想とコーチング:

« 今月前半の動きを知る | トップページ | ケーキ三昧 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ