最近のトラックバック

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

2007.02.28

頭が切り替わらない

夕方帰宅してから、
急いで夕食 →Skype打ち合わせ →電話コーチング
 →お風呂 →かかってきたケータイに対応
 →Skypeコーチング。。。

書くと大変そうだけど、実際はのんびりしたペース。
予定が連続しているほうが、リズムができる。

でも、最後に失敗した
Skypeの画面を立ち上げているのに、コールが鳴らない。
おかしいなぁと思ったら、
私の頭に装着してたのは、電話用のヘッドセット。。。

たぶん、こういうときに使うのかも。
私としたことが・・・」(笑)

Kちゃん、ごめんなさいm(_ _)m

2007.02.27

私としたことが…

連絡が入るはずだった知人から、
約束の時間を過ぎても連絡がないなぁと思っていたら、
ケータイにメールが入る。
タイトルは、「私としたことが・・・」

最近、周りで、ちょっとしたブームのセリフ。
 「私としたことが。」
 「~ですが、何か?」

そう。「ハケンの品格」の大前春子さんの決めゼリフ。
ふだんはドラマをあまり見ないという方々まで、
このドラマは見ているとおっしゃる方が多い。

久しぶりに、幅広い年代で共通の話題になるドラマ。
50代以上の診断士の先輩方が多い集まりでも、
「時給3000円やるから、○○やれ」と言われたり、
「集客に、マグロの解体ショーやるか?」と冗談が飛び交う。

私は、篠原涼子さんのファンだからという理由以外に、
ある人材派遣会社さまでの研修ネタに使える場面がないか、
ひそかにお仕事モードで見ていたりする。

2007.02.26

母は強い

プログラムにエントリーするかどうか、答えが見えないまま、
締切がくるので、何も考えずに前に進むことにした。

緊急連絡先になってもらうため、思い切って、母に話した。
「傷害や死亡の場合…」という文言のある同意書を見せると、
のんびりした口調で、「がんばってね~」と言われる。
拍子抜けしている私に、
「おじーちゃんのときもおとーさんのときも、
 こういうの書いてあったやん。」と。

その、祖父の入院のときも父の手術のときも、
お医者さまの説明を聞いて、
「こんなこと書いてるよ~」と娘の私にサインさせたのは、
誰ですか?(笑)

私が恐れているのは、
自然の中で高いところに上ったりするアスレチック系の
アクションと、山の中の共同生活。
アンチアウトドア、体力ゼロの私には、地獄の世界。
田舎育ちの母には、どうってことはないらしい。
母は強い。

2007.02.25

答えが見えない

胃が痛い。
数日間、迷い続けていることに、体が悲鳴をあげている。
どうやら、悩むにも体力がいるらしい。

行くのか、行かないのか。
数分ごとに、私の中で、「絶対行く」「絶対行かない」と
両極端に切り替わる。
サスペンス映画とアニメの映像が、混線してるみたいに。

珍しく、友達や先輩に相談した。
NLPのワーク、コーチングのスキルも自分に投入した。
でも、決まらない。

本当は、自分が一番知っているから。
どちらに決めるか、は本質的な問題ではないこと。
どうなりたいか、が見えないのが、問題なこと。

分析はできても、決断ができない。
問題は見えても、答えが見えない。

2007.02.24

やりたくないことをやること

NLPやコーチングの勉強会に出ると、
やりたくないことにチャレンジするように、
要望されることがある。

進行役の方の意図はわかる。
枠を超える、選択肢を増やす、柔軟性を高める。など。

そんなとき、いつも疑問に思う。
やりたくないことをすることが、
本当に枠を超えることにつながるのかどうか。

順番が来るし、やらざるをえない雰囲気になる。
「やってみたらわかる」と言われる。
私がいつもわかるのは、やっぱりイヤだということ。


興味はあるけど躊躇するとき、
自信がなくて不安なときは、
背中を押して促すことが有効だと思う。
が、本当に望まないことを求めるのは、「場の暴力」では?
と思ってしまう。

チャレンジするのも勇気。
拒否するのも勇気。
自分が進行するときは、どちらの勇気が有効な場面なのか、
見極められるようになりたい。

2007.02.23

ぞくぞくはじまる

Renge年が明けて気持ちが改まったり、
新年度を控えて新しいことを考えたくなったりするせいか、
毎年この時期には、
体験コーチングのお問い合わせやお申込みをいただいたり、
新しいクライアントさんとのおつきあいが始まる。


今年も企業研修のフォローアップコーチングが始まって、1日中
電話を取り続ける日もある。
今日も、そんな1日。
心地よい緊張感とわくわく感。

コーチにとって、春の訪れなのかもしれない。

2007.02.22

人を支える重さ

地下鉄で、ipodを聞きながら、軽く目を閉じていた。
ふと目を開けると、ドアの近くに立つ女性の体が、
少しずつ傾いて、倒れていくのが見えた。
スローモーションのように。

反射的に立ち上がって支えようとした。
でも。。。
支えきれなくて、私も一緒に倒れこんでしまった。
彼女が何度も立ち上がろうとするけれど、
やっぱり私は支えきれなくて、
また一緒に座り込んでしまう。

近くにいた女性が、
彼女を両脇から抱きかかえるようにして、
しっかりと支えてくれた。
そして、次の駅で、
「降りて駅員さんに連絡しましょう」と、
そのまま彼女を支えながら、ホームに連れ出てくれた。
別の女性が走って、駅員さんを呼びに行ってくれた。
私にできたのは、彼女たちの荷物を持って降りただけ。

人より早く気づいても、
とっさに体が動いても、
気持ちだけでは、実際に人を助けることができない。

左手首をひねってしまったらしく、痛みが残る。
その痛み以上に、無力感と歯がゆさにおそわれる。

2007.02.21

カラーボールを目撃

朝、ある銀行の前で、
硬い表情の男性が背筋を伸ばしてじーっと立っていた。
それだけでも目立つのに、
蛍光オレンジのボールを後ろで握りしめているのが、
不自然に目立っている。
よく見ると、近くに警備会社の車が止まっていた。

これが、有名な防犯グッズのカラーボール?
こうやって、本当に使われているのね。
実際に使われる場面はあると困るし、
不謹慎かもしれないけど、妙にわくわくした。

先日、カラーボール発射装置「マークペット」を
TVで見た。
大阪の会社が作っているらしい。

2007.02.19

服装を学習する

私もたまには学習する。
工場系の企業さまを訪問するときは、
スカート&ブーツで行かないこと。
年明けに2回連続で失敗したので、脳に記憶された。

コビト系(ある方に命名された^^)の私は、
パンツスーツが似合わなくて、
寒い季節の定番は、スカート&ブーツ。

中小企業さまを訪問すると、
ご自宅を事務所や工場にされていることが多くて、
スリッパに履き替えるときに、
ブーツが玄関を占領してご迷惑になる。

工場の2階が事務所の場合も多くて、
工場の天井は高いので、階段はかなり急勾配になる。
それをミニスカートで上るのは、ちょっとつらい。

メーカー出身の私としては、工場を訪問するとわくわくする。
だから、これからもいっぱい行けるとうれしい。
次のショッピングは、パンツスーツとパンプスかな。

2007.02.18

新月と新年

今朝は新月。お願いごとをする日。
そして、旧暦のお正月。
新月と新年が重なるなんて、パワフルな日なのかな。

朝少し早く起きて、お願いごとを整理した。

☆緊急のお願いごと
  ちょっと増え気味の体重が元に戻ること。
  お仕事をしやすい環境を整えること。

☆少し先のお願いごと
  現在進行中のプロジェクトがうまくいくこと。
  静かな影響力を身につけること。
  自分のための贅沢な時間を過ごす習慣を持つこと。

☆少し未来に叶ってほしいこと
  糸井重里さん、藤沢久美さんに会いたい。
   近いうちに講演会か何かでお見かけできますように。
  お仕事で47都道府県全部に行けること。
  お仕事以外に、打ち込めるものを見つけること。

2007.02.15

藤沢久美さんに学ぶ、話の聴き方

All about プロファイルのコラムにも、
同じ内容を書いています。


話の聴き方のお手本として、私が憧れている人がいます。
それは、藤沢久美さんです。

藤沢さんは、大勢の経営者をインタビューされています。
あの美しさで、かわいらしい声で聴いてもらったら、
誰でも何でも答えたくなってしまいそうです。
もちろん、それだけではインタビューは成り立ちません。
藤沢さんの聴き方が、すばらしいのです。

投資運用のプロフェッショナルで、
シンクタンクの副代表をされている、
輝かしいキャリアの持ち主です。
豊かな知識や予見力をお持ちでしょうし、
おそらく膨大な下調べをされて、
インタビューに臨まれていると思います。
だからこそ、相手が聴いてほしくて、
同時に視聴者が興味を持ちそうなポイントを、
タイミングよく質問されます。

が、相手が話し始めた瞬間、
そんなことを全く感じさせずに、
藤沢さんは本当に楽しそうにお話を聴かれます。
そんな藤沢さんは、私にはキラキラ輝いて見えます。

しっかりたっぷり聴いてもらったあとに、
 「今のお話を聴いて、もう1つ聴きたくなったのですが…」
 「本当に興味があるので教えてもらいたいのですが…」
と、まっすぐ聴かれたら、まだ誰にも話していないことでも、
つい話したくなってしまうでしょう。

明日は、東大阪市で、
3回シリーズのコーチングセミナーの第2回めを実施します。
テーマは「名インタビュアーになる」
憧れのイメージを焼き付けて、セミナーに臨みます。

2007.02.14

だいふく

Chokodaifuku_2自分用(?)のバレンタインは、
ここ数年、
京都の和菓子生チョコ大福」。
以前もご紹介した
京都の和菓子 京みずは
さまの季節限定のお菓子。


  画像は「京都の和菓子 京みずは」さまの
  サイトから拝借しました。

本来は、父へのギフトのはず。 かもしれない。
が、今年も、バレンタイン当日ではなく、
母と私が自宅にいる日を選んで配達される。
なので、数日前に、とってもおいしくいただいた。

バレンタインが過ぎても注文できるそうなので、
このおいし~いを体験したい方は、まだ間に合いますよ。

2007.02.13

チョコレートは迷惑行為?

明日は2月14日
バレンタインデーは、私にとって、楽しみな季節行事の1つ。
お世話になっている方の顔を浮かべながら選ぶのも楽しい。
お礼の気持ちをこめて渡すのも、楽しい。

でも・・・
先日、TVのアンケートで、男性も女性も65%近くの方が、
もらうのも、あげるのも、
「廃止したほうがいい」「迷惑」という結果が出ていた。

迷惑なの???

でもやっぱり渡したい・・・のは、私の自己満足。
相手の迷惑にならないように、私の気持ちも満たすには?
一生懸命考えた。
そして、今年の結論。

Chocolate_boxお世話になっている
天然工房なちゅらぶ」さんに
20個入りのパッケージ
作っていただく。
高級感のある
真っ赤なビロードの箱に、
一粒一粒に心がこもった、
豆乳ショコラが並ぶ。
本当においしそう。

明日のお仕事先のみなさま。
迷惑なんて言わずに、受け取ってくださいね。

2007.02.12

いつもの仲間と新しい刺激

Shop昨夜は、
NY駐在を終えて帰国した
中小企業診断士の友人を
囲んで、
受験生時代からの仲間と、
にぎやかなひとときを
過ごした。

私も新しいもの好きだけど、
彼らの好奇心はとどまるところを知らない。

今回帰国した友人も、
短期間のうちに街や美術館を歩き回って、
自分の肌で大阪の街の動きを感じ取っている。
その話題を受けて、他の仲間からも、
新しい商業施設や風変わりなお店の話、
TV番組やドラマの話が次々に飛び出す。

一緒に街を歩くと、
店舗構成やアーケードや舗装の種類など、
知識も話題も尽きない人たち。
昨夜も当然、最寄駅から最短ルートではなく、
周りの通りをぐるっと巡ってからお店に来たのは、
私だけではない。
そうした習慣は、私が彼らから学んだものだから。

一緒にいるとほっとできる、いつものメンバー。
そして、毎回毎回、全く新しい刺激を浴びる、楽しい時間。

2007.02.11

尖った性格のビルゲイツ?

「こんなこと」してる場合じゃない、というときに限って、
いろんな「こんなこと」がしたくなる今日このごろ。

今日はmixiの「なんでも鑑定書」で遊んでみた。

私の鑑定結果は、
 まこさんは基本的に、
 ビルゲイツを尖った性格にしたような人です。
 そんなまこさんにとって、
 mixiとは生まれたばかりの赤ちゃんのような存在です。
 マイミクさん達にとって、いつもナイーブなまこさんは、
 とても楽しい人です。
 歌丸的に見て、まこさんの中で最も注目すべき点は
 Noと言えない性格です。
 これからまこさんとマイミクになろうとしている方は、
 まこさんの今の環境に注意して下さい。
  そうすれば、きっとまこさんとのマイミク関係は
 恋人以上友達未満となるでしょう。
 以上の結果を総合的に判断すると、
 まこさんは「うまい棒」であると言えます。

だって。
ビルゲイツを尖った性格にしたような人って何???

2007.02.10

創業塾卒業生の開業記念パーティ

Dandelion創業塾の卒業生の方が、
来月学習塾を開校される。
起業家としてのスタート。

記念パーティにお呼ばれして、
開校前の学習塾に足を運んだ。

駅の真ん前の便利なビル。
真っ白な壁のきれいな部屋に、
机と椅子が並んでいる。
ここで、未来を担う小学生たちが勉強するのね。

時代なのか土地柄なのか、
中学受験には無縁の世界で育った私には、
学習塾という空間が新鮮に感じる。

創業塾の卒業生仲間や、
商工会議所の経営指導員さんたちが集まって、
同窓会気分で楽しく盛り上がって話すうちに、
気がつくと3時間もたっていた。
仲間たちの心からの応援の気持ちが、
教室いっぱいに浸透して、
にぎやかな塾になりますように。

開校おめでとうございます!

2007.02.09

女性社長のだんなさま

企業研修が終わるころ、
お仕事をご一緒した先輩コーチのだんなさまが、
会場まで迎えに来られた。

「たくさんアドバイスいただいて、勉強になりました。」と
名刺交換しながらご挨拶したら、
「OJTですね。身につくといいですね。」と、
さわやかな笑顔でおっしゃった。

個人事業主の私にとって、
先輩とご一緒できる機会は、まさしくOJT。
こんな機会をいただけるのは、ほんとうにありたがい。

奥さまのお仕事を深く理解されているからこそ、
出てくるセリフ。
それをさらっと言えるだんなさまって、
かっこいいなぁと思った。

数年前にも、女性診断士の先輩のだんなさまから、
「盗めるところはどんどん盗んでくださいね。」と
激励いただいたことがある。

輝く女性社長の秘訣は、だんなさまが素敵なことかも。

2007.02.07

顔が変わる

人の顔って、わずか1、2日で、こんなにも変わるものなの?

今朝、研修会場に入って来られた方々は、
昨日と同じ企業の同じメンバー。
それなのに、まるで別人。
ハードな宿題でお疲れのはずなのに、
すっきりした表情で、背中が昨日よりずっと大きく見える。
メヂカラも何倍も増して、きりっとかっこいい!

さらに、グループコーチングで、深く深く切り込むうちに、
顔つきがますますシャープになり、声に芯が通っていく。
ぐっと真剣な表情と、さわやかな笑顔。

コーチとして「しゃべる鏡」として存在するだけでなく、
今日ばかりは、本物の特大鏡をお見せしたかった。

仕事に、そして人生に、心の底からコミットする。
そんなとき、人は、芸術的に、美しい。

2007.02.06

研修ウィーク 

Star今日から4日間、
ある企業さまの研修に入る。

グループコーチングでは、
今まで考えたこともないテーマや
難しい課題も扱っているのに、
お1人お1人が真剣に考えて、
名案も、ときには奇抜なアイデアも、たくさん飛び交う。
一瞬一瞬、緊張感と楽しさが交じり合う。

このあとも、みなさまとは1対1のコーチングが続く。
数ヵ月後には、みなさまお1人お1人が望む結果を
手に入れられますように☆彡

2007.02.05

ご支援企業の工場見学

Jinja経営革新を支援した企業さまが、
昨年秋に移転された
新しい工場を訪問する。

移転に伴う大型設備や
体制整備などのお話が
中心になるかと思いきや、
工場設立段階の近隣や関係団体との間の
調整のご苦労のお話をたっぷりうかがう。
他社さまでもよく似たお話は聞いたことがあるものの、
まだまだ私が知らないことがいっぱいあって、
社長から学ぶ。

新しい工場の中を見せていただく。
入口にお稲荷さんを見つけて、そっと手を合わせて、
社長のあとをついて行く。
まだ新しい建物のにおいと、
機械系のにおいが混ざった独特の空間。


私は自分が小柄なせいか、大きなものに憧れる。
大きな部材が自動で動いていく、
ダイナミックなラインを見ると、かっこいいなぁと
わくわくする。
昨年5月に淡路島の瓦工場を見学して以来、
久しぶりにわくわく感に出会った。

2007.02.04

確定申告の数字と格闘する

確定申告の書類を作成した。
青色申告は2回め、その前も含めると5回めくらいだけど、
まだ慣れなくて、毎回とても緊張する。

ちょっと時間はかかったけれど、無事終了。
自分でやると大変だけど、数字を見ていると、
昨年1年のいろんなことが改めて見えてくるから、
おもしろい。

昨年も無事にお仕事ができたことに感謝!

2007.02.03

森川里美コーチに学ぶ、強みの資質

CLS(コーチング・リーダーズ・スクエア)の勉強会で、
森川里美コーチから、
ストレングス・ファインダー」について学んだ。
興味を持っていたテーマ。
念願かなって、大阪でセミナーを受けることができた。
 CLSのみなさま、どうもありがとうございます!

ストレングス・ファインダーは、
34の資質から、その人の強みを見つける手法。
本来は、書籍に書かれたIDでホームページにアクセスして、
本格的な診断を受けるらしい。

 「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

 「心のなかの幸福のバケツ

今日は、簡易版で自分で強みを見つけるワークをした。
近くの席の方々と話してみると、
資質の違いを歴然と感じる。

IDを入手して、もう少し詳しく知りたくなった。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ