最近のトラックバック

« 坂井泉水さんの訃報 | トップページ | わかっているのに不満に思う »

2007.05.29

仕事の単価と質

Dollar「単価によって、
お仕事のレベルを
変えるのですか?」
セミナーでいただいたご質問が、
私の考え方を整理する、
深い問いになった。

自分の心を探って、こんなふうに答えた。
「金額によって、手を抜くことはありません。
 100%全力で望みます。
 高額をいただく場合は、
 それに見合う付加価値をどれだけプラスして
 喜んでいただけるか、力を尽くします。」

中小企業診断士として
コンサルティングやセミナーをするときも、
コーチとして
パーソナルコーチングや研修・セミナーをするときも、
目安になる価格帯はあるものの、
実際の価格はまちまちになる。

冒頭の私の答えは、決していい格好をしたわけではない。
安くてもいい、なんて言うつもりも全くない。

安いからといって手を抜いたら、
私の価値はそれ以下になる。
極端な例をあげると、もし仮に、
いつもは10万円で受ける仕事が1万円だった場合でも、
引き受けたからには力を出し切る。
そうしないと、
「1万円出しても呼びたくない人」になると思うから。

高い価格をいただくときは、それはもう大変。
呼んでよかったと満足していただけるよう、
寝ても覚めても、何ができるか考えて、
枠を超えるチャレンジをする。

それができないと思うときは、私はお仕事をお断りする。
こんなことを言うと、傲慢に聞こえるのかもしれない。
でもこれが、今の私なりの誠実な気持ちだと思う。

« 坂井泉水さんの訃報 | トップページ | わかっているのに不満に思う »

コメント

僕はやっぱりギャラが高いと、自然にがんばっち
ゃいます。でも、お客様の数が多いとか、ノリが
良いとか、いつもと違う面白いトピックの時には、
また別の理由で力が入っていると思います。手抜
きをするつもりもないし、毎回、一生懸命やって
いるんですけど、ふりかえると、そういう傾向、
たしかにあるみたいです。

ミネさん、どうもありがとうございます。
私も、金額が高いときは「元をとって帰ってもらいたい」と思って、知恵とサービス精神全開状態でがんばれます。
ノリがいいとき、熱心に聞いてくださるときなども、楽しくなってエネルギーが倍増しますね。
がんばれる要素って、いろいろあるものですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15245934

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の単価と質:

« 坂井泉水さんの訃報 | トップページ | わかっているのに不満に思う »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ