最近のトラックバック

« NLP研修でハプニングを楽しむ | トップページ | 幼児置き去り?とヒヤッとする »

2007.05.13

キャンバスはカフェのナプキン

Paintingコーチングをするときは、
電話でも対面でも、
ふだんはメモをとらない。
あえてメモするのは、
大切な意味を持つ
固有名詞や専門用語くらい。
クライアントさんが発することばより、
声や雰囲気のほうが、
はるかに伝わってくるものが多いから。

ところが最近、対面セッション中に、
ペンを持つことが増えている。
クライアントさんのお話を聞きながら、
とりとめないイメージが浮かんで、
スタバやタリーズで紙ナプキンを広げて、
遊び心で適当な線や図を描きながら、
「こんな感じ?」「こんな絵が浮かんだの。」と伝える。

そして、それをなぜか、
クライアントさんたちは持って帰ってしまう。
残しておかれると、恥ずかしいような図なのに。

ちゃんと書こうと思って、
メモ帳や大きめのポストイットを用意しても、
そういうときは、何も浮かばない。
たとえ書いても、
クライアントさんはそれを欲しいと言わない。
紙ナプキンを広げたり、
ファストフードのトレイに敷かれた紙の裏に、
いきなり書きなぐるほうが、自由に表現できるのかも。

« NLP研修でハプニングを楽しむ | トップページ | 幼児置き去り?とヒヤッとする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15080357

この記事へのトラックバック一覧です: キャンバスはカフェのナプキン:

« NLP研修でハプニングを楽しむ | トップページ | 幼児置き去り?とヒヤッとする »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ