最近のトラックバック

« ホールスタッフのプロフェッショナルな仕事 | トップページ | NLP研修でハプニングを楽しむ »

2007.05.11

イメージしないでください

Polar_bearNLPの研修準備をしていて、
前から気になって
いたことを思い出した。

脳は否定形を理解できない、と
説明するために、
「○○をイメージしないでください」
という例文が使われる。

ちなみに、私が習ったA先生は「しろくま」、
B先生は「象」を使う。
私は「しまうま」を使う。
・・・そんなことはどうでもよくて(笑)


私がこれを最初に習ったとき、
「しろくま」と言ってから否定されても、
聞こえた順にイメージしてしまう。
「否定されてもイメージしてしまうもの」という説明には
なってない!と、激しく違和感を持った。

嘘っぽい・・・とNLPを冷めた目で見て、
その後、気がついた。
NLPが生まれた英語圏では、Don't imagine ~. と、
先に否定語が来る。
日本語の構造を汲んで訳されていないから
腑に落ちないのでは? と。

自分が納得できる方法をいろいろ考えた。
そして、こんなふうにアレンジした。
「これから私が話すことを、イメージしないで聞いてください。
 いいですね~、イメージしないでくださいね。
 世にも珍しいしまうまがいるんです。それは・・・」

これで、結果に差がでるのかどうか、わからない。
こだわるほどのことではないのかもしれない。
単なる自己満足かな。

トレーナーのみなさまは、どう思われますか?

« ホールスタッフのプロフェッショナルな仕事 | トップページ | NLP研修でハプニングを楽しむ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/15055437

この記事へのトラックバック一覧です: イメージしないでください:

« ホールスタッフのプロフェッショナルな仕事 | トップページ | NLP研修でハプニングを楽しむ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ