最近のトラックバック

« 雪を頂く富士山を見る | トップページ | つくりたい世界を垣間見る »

2007.11.10

記憶が飛ぶ体験

Flowerコーアクティブ
・リーダーシップ
プログラム
リトリート3の4日め。

午後のハードなワークのあと、
頭も体も気持ちも
疲れがピークに
達していたので、
夕食をパスして、少し眠ることにした。

短時間で回復しようとして、
催眠的な自己暗示が効きすぎたのか、
飲んだお薬が効きすぎたのか、
夕食後の集合時間にあわせて起きたものの、
体がなかなか目覚めてくれない。

まっすぐ歩いているつもりなのに、千鳥足みたいになる。
階段を踏み外し、左膝から滑り落ちた。

後で見ると、小さな擦り傷と大きなあざができていて、痛い。
その程度で済んで、よかったけど。


体がいうことをきかないという感覚を初めて知った。
夕食後のワークは、
意識が朦朧としていて、何も覚えていない。
私はいつどうやってセミナールームにたどり着いたのか、
ワークでは誰が何をしていたのか、全く記憶にない。
酔っ払いの人って、こんな感じ?

この体験には、どういう意味があるのだろう?
今回のテーマが「無からつくる」とはいっても、
意識までなくす必要はなかったと思うんだけど。

« 雪を頂く富士山を見る | トップページ | つくりたい世界を垣間見る »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/17059729

この記事へのトラックバック一覧です: 記憶が飛ぶ体験:

« 雪を頂く富士山を見る | トップページ | つくりたい世界を垣間見る »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ