最近のトラックバック

« 商品がないショップ | トップページ | 超整理術への険しい道 »

2007.11.27

キレる大人たち

商品がないショップ」(2007.11.25)に
LONGさんにいただいたコメントで、
数日前に読んだ記事を思い出した。

毎日JP「特集ワイド:どうして?キレる中高年激増

駅や電車の中のケンカは、昔から時々見かけていた。
体が一瞬ぶつかったかどうかで、
よく長時間ケンカできるなぁと不思議に思っていた。
でも今は、それだけではすまないみたい。

記事によると、社内の会議でキレて、
部下に暴力をふるった上司がいたという。
少し前にも、
上司の激しい罵倒が原因で自殺した会社員のニュースが
世間を騒がせていた。

学校では、激励のつもりで肩や頭をポンと触っただけでも
教育問題に発展するから、
先生方は生徒に触れないように気を遣っていると、
現職の先生に聞いたことがある。
その一方で、実社会では、
通勤中も勤務中もあらゆるところに身の危険が潜んでいる。

昔は、大人になると丸くなると言われていた。
それは今は幻想なのかな。

芥川賞作家の藤原智美さんの
「暴走老人!」という書籍もある。
 「暴走老人!」藤原智美著

大勢の大人たちの心が、救いを求めている。
「簡単にキレない心のつくり方」のレシピが必要かも。
ストレスがたまらない、人とのつきあい方
突発的な怒りの感情とうまくつきあうコツ なんてね。

« 商品がないショップ | トップページ | 超整理術への険しい道 »

コメント

今週、元会社OBの旅行へ行った時の話。宴会が終わり、各々の部屋で騒いでいた時、他の部屋から先輩の方が私を呼び出すために電話を掛けてこられ、受話器をとって私が「はい、こちらはフロントです!」と言ったら、ガチャンと切り、再度掛かってきた時に「はい、こちらフロント(ではなく○○号室です)」と私が言ったのに、頭の部分だけ聞いたところで、「部屋から他の部屋へ電話する時のやり方を先ほどあなた(フロントの人)が教えてくれたけど違うじゃないか!」と怒る始末。私はびっくりすると共に平身低頭説明し、謝った。
今後は、老人になると早合点し怒り易くなることを認識した上でイタズラすることを学習した。先輩の部屋へ行きお酒をおごってもらって、機嫌も直してもらった。こんなことを長々と書くことも老人の特徴と自覚する也。

おばさん、こんにちは。
おもしろいエピソードありがとうございます。
いたずらにも、知恵と学習が必要なのですね(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/17203118

この記事へのトラックバック一覧です: キレる大人たち:

« 商品がないショップ | トップページ | 超整理術への険しい道 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ