最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008.01.31

お引越し大延期

Shiro本気で考えていたお引越しを
大幅に延期することにした。
ずっとずっと、便利なところに
引っ越すと宣言しながら、
なかなか腰があがらなかったり、
いざ気に入った物件を見つけても、
何らかの事情でつぶれてしまう。

不動産屋さんの事情で交渉途中に条件が変わったり、
契約に近づくと、悪い夢を立て続けに見るようになったり。

あまりそういうことが続くので、
これは何か他の力が働いているのでは?と思って、
方角や時期を見てもらった。

すると・・・
なんと、あと2年間は動いてはいけないらしい。

正確には南北の方向に動いてはいけないのだけど、
南北に長い大阪で、それは動くな!と同じこと。

動かないと決めたら、身体がすっきりした。
やっぱり、守ってくれていたみたい。
残念だけど、身体のいうことを素直に聞こう。

そう決めると、じゃあ2年間、学びにお金に使えるの?と
目が輝き始めたのは気のせい?

違うからね。
2年後に引っ越すために、貯めないといけないからね。
自分に言い聞かせるのは、一番難しい。。。

2008.01.30

冷蔵庫のうえの人生

前から気になっていた、「冷蔵庫のうえの人生」を読む。

 冷蔵庫のうえの人生 アリス・カイパース著

忙しすぎる産婦人科医の母親と、思春期の娘が
冷蔵庫の上に貼るメモで会話していく物語。

買物のお願いやおこづかいのおねだり、
学校のこと、彼氏のこと、ペットのこと、などなど、
一見ふつうの短い連絡やメッセージ。

それがなぜか胸を打つ。
メモとメモの間の、日常生活や心の動きが浮かぶから。

乳癌のことを娘にどう伝えようか、苦悩する母親の気持ち、
心配のあまり、強がって反抗的になる娘の気持ち、
それが行間ならぬ、メモとメモの間に透けて見える。

さらっと読めば20分。
でも、
「私はいい母親だっただろうか」という母親のつぶやき、
「いい母親なんかほしくない。お母さんの子でよかった。」と
素直に語る娘。
そんなことばたちに揺さぶられて、何時間も余韻が残った。

2008.01.29

なぜか懐かしい風景

今朝も5:50ごろ自宅を出て、北播磨地区に向かう。
高速バスを降りた町は、昨夜からの雪が残っている。

Snow写真は、午後から訪問した
山間部の町。
昼間は暖かくなってかなり
溶けてきたけれど、
一面が雪に覆われている
景色はとても美しい。

なぜか、なんとなく懐かしい。
この町に来るのはまだ2回めだし、
雪景色にもあまりなじみがないのに。

外の寒さとは対照的に、出会う人たちはあたたかい。
笑顔で迎えてくださるみなさんに、
楽しく笑いながら、大切なことを学んでいただけるように、
短い時間を一緒に過ごす。

2008.01.28

春を待つ木

Winter_tree_2コーチングを受けて、
私は、「春を待つ木」になった。

私は、人とのつながりを失うのが怖い。
物質的なものは潔く捨てられるけど、
何かのメンバーから抜けたり、
あるプロジェクトが終わりに近づくと、
とても不安になる。

自分で決断したことでも、いざとなると、
やり方によっては、もう少し続けられるのではないか、
このままお世話になった方とのご縁も失うのではないか、
などなど、サボタージュさんの声に飲み込まれそうになる。
  *サボタージュ:コーチングで、変化を嫌う声のこと。

コーチと話しながらイメージしたのは、
寒空の下で、自分の身を守るためだと知りながら、
1枚1枚葉が落ちていくのを悲しんでいる、1本の木。

「葉っぱのフレディ」のお話を思い出す。
 葉っぱのフレディ

葉が1枚もなくなっても、木はしっかりと生きている。
春にまた、新しい命が芽吹くよう、養分を蓄えている。

私も、何かが生まれる季節を待とう。
何と出会えるのか、わくわく期待をこめて。

2008.01.27

講師サミット2008

Star講師サミット2008に参加した。

名だたるゲスト講師のお名前を見て、
参加者が300名を超えると聞いて、
そうとうすごいイベントになるだろうと、
わくわくしていた。

が、誰がここまですごいものになると思っていただろう。
300名を超える参加者が、広い会場でひとつになる。

大谷由里子さんの講演は、がんがん響くマシンガントークで、
参加者の心に一気に火をつける。

パネルディスカッションでは、主催者の須子はるかさんが、
関根雅泰さん、堀公俊さん、朝倉千恵子さん、炭谷俊樹さん、
お1人お1人の魅力を、楽しく鮮やかに引き出される。

本間正人さんのワークショップでは、全員が同時に一斉に
ペアワークや、グループパフォーマンスを行う。
私たちは、聴衆から参加者へと巻き込まれていく。

休憩時間にも、少し歩くと、会いたかった人に出会う。
久しぶりに会いたい!と思っていた先輩や仲間、
大切なリーダーシッププログラムの仲間たち、
一度話してみたいと思っていた方々。

心に残ったことは、多すぎて書ききれない。
1回1回の機会を、これが最後!と思って全開でやること。
学ぶ速さが違っても、全員ができる・わかる、と信じること。

すばらしい講師のみなさまにお会いできて、
講師という仕事を心から誇りに思う。
スタッフのみなさま、すばらしいイベントをどうもありがとう!

2008.01.26

日本コーチ協会東京チャプターに参加する

日本コーチ協会東京チャプターの例会に参加した。

「社内でコーチングを普及し、風土改革を進めるツボ」と題して、
私が会社を変えるんですか?」の著者のお2人、
本間正人さんと中島崇昴さんが講師をされると聞いて、
すぐに申し込んだ。
  関連記事:私が会社を変えるんですか?(2008.01.19)

 「私が会社を変えるんですか?
  本間正人・中島崇昴著 日本能率協会マネジメントセンター

非会員なのにあつかましく最前列を陣取り、
感動ストーリーの主人公、中島さんのお話を目の前で聞き、
大ファンの本間正人先生のワークショップに声を上げて笑い、
期待通り、とっても幸せな3時間を過ごす。

懇親会でも、中島さんにたっぷりと当時のお話を聞く。
そのときの心の動きや葛藤、現場のやりとりなどをお聞きして、
本を読んだときの感動がさらに何倍にもふくらんだ。

AIをもう少し学ぶために、今ちょうど読みかけている
「AI「最高の瞬間」を引きだす組織開発」の翻訳者、
市瀬博基さんの、翻訳裏話も聞けた。

 「AI「最高の瞬間」を引きだす組織開発
 デビッド・L.クーパーライダー、ダイアナ・ウィットニー 著

おかげで、続きは楽しく読めそう(^^)

2008.01.25

お昼ごはんはシュークリーム

朝6時ごろ自宅を出て、初めて訪れる町に向かう。
あま~いお仕事第2弾。
  関連記事:あま~いお仕事(2008.01.16)

1軒めの和菓子屋さんでは、
上品で美しい生菓子を試食させていただく。
2軒めのケーキ屋さんでは、
大人気のシュークリームが2種類目の前に並ぶ。
1つだけいただこうとすると、
「両方食べ比べてもらわないと。。。」と言われ、2個完食!

WagashiChou

どちらのお店も地元の大人気店だけあって、本当においしい。
でも、こんなにたくさん1度に食べると・・・
いったい何キロカロリーが、私のおなかに入ったのでしょう?

最初は、午後もあと2軒の取材を依頼されていたけど、
別の用事があって、お引き受けできなくて大正解。
私はグルメライターにはなれません(笑)

2008.01.24

期日前投票失敗

Omoto大阪府知事選の期日前投票の
チャンスを逃した。

移動中に空き時間があるので、
途中にあるお役所で投票しようと
思っていた。
手続きを調べてみたら、名簿が
登録されているお役所でしか投票できないらしい。

昼間はお客さまのところに出かけることが多いので、
受付時間内に地元のお役所に行くことは難しい。
街中に出るのと逆方向の、不便なところにあるし。

他に方法がないか問い合わせたけど、ダメだった。

行けないとわかると、ちょっと悔しい(笑)
特に応援する候補者がいるわけでもないのに。

今回の候補者は、ほとんど産業政策に触れていない。
私も生活者だから、福祉や教育には大きな関心がある。
そこを訴えたほうが、有権者の心に響くのもわかる。
でも、生活や財政を支える産業政策も、聞かせてほしい。
中小企業診断士として、中小企業の経営者と接していると、
経済に強い方に知事になってほしいなぁと思う。

2008.01.23

今、遇うこと

Lotus「遇いがたくして 今 
 遇うことを得たり」

先日、祖母の命日に
お詣りしたお堂で
見つけたことば。

解説には、こう書かれていた。
  人との出会いは、ややもすると、
  我が思いが描いたイメージとの
  出会いである。
  その思いに縛られ続けるか、
  それとも、思いが破れ、
  その人をその人として、時空を超えて
  真に出会うことができるか。


その人をその人として真に出会う。
コーチングやNLPを学んで、
心がけているつもりでいても、いつのまにか、
自分のフィルターで見ていることに気づいて
はっとさせられることがある。

つい、自分が見たこと、感じたことを、真実だと思ってしまう。
長いつきあいの自分のことでも、日々、新しい自分に出会う。
まして、世の中には、
まだ知らないこと、見ていないことがいっぱいあるはず。

クライアントさんの本当の姿を信じて関わるコーチとしても、
コミュニケーションの研修をする講師としても、
その前に、ひとりの人間としても、
いつも心に留めておきたいと、身を引き締めた。

2008.01.22

チャレンジのおすそ分け

コーチは、クライアントさんに挑戦してもらいたいことが
浮かんだら、リクエストする。
  関連記事:クライアントさんの力(2007.05.08)

自由にふるまっているつもりでも、
  大人だから、男性だから、女性だから、
  会社員だから、経営者だから、子どもが小さいから・・・
どんな人でも、いつのまにか、自分で理由を見つけては、
行動や発想を制限してしまうことがある。

そんなときは、枠を外したり新しい選択肢を探るために、
やったことがないことや、ふだんは絶対やらないことに
あえて挑戦してもらう。

すると、その次のセッションでは、待ちきれないように
体験したこと、感じたことを話してくださる方が多い。

今日お会いしたクライアントさんもその1人。
「一人旅をしてきたんです。」と話してくれる彼女の表情は、
とてもリラックスした笑顔の中に、満足感やわくわく感など
宝物がぎっしりつまっているみたい。

Kittyお土産に、
因幡の白うさぎキティちゃんを
いただいた。
白うさぎなのに、
なぜかピンクのうさぎ(^^)
彼女のチャレンジと好奇心を
感じながら、このキティちゃんと
しばらく一緒に過ごしてみます。

2008.01.21

ほんのり雪化粧

Snow写真は、近所のお家の屋根。

天気予報では、今朝は大阪全域に
かなり雪が積もると言われていた。
起きると、屋根や木の葉の上が、
ほんのり白い。

今日は、月に1回、
大阪最北端の能勢町にある
企業さまを訪問する日。
春にこの企業さまとおつきあいが始まったとき、
社長から、冬は雪が深い日もあるとうかがった。

真っ白な雪景色を想像して、覚悟を決めて自宅を出た。

最寄駅に着くと・・・
何も変わらない普通の景色。
道路にも日陰の建物の屋根にも、雪の痕跡すら見られない。

なんとなく、ちょっと残念がっている自分に気づく。
私は何を期待していたのでしょう。
本当に積もっていたら、足をとられて歩きにくいし、
交通の乱れも心配で大変なはずなのに。
怖いものみたさのような期待感だったのかな。

2008.01.20

西宮起業家支援スクールフォローアップ

昨年6月から8月にかけて実施した、
西宮起業家支援スクール
フォローアップセミナーを行った。
  関連記事:西宮起業家支援スクール終了(2007.08.18)

5ヶ月ぶりに、懐かしいみなさんにお会いする。
現状報告、当面の課題、今後の展望などをお聞きして、
この5ヶ月間、着実に歩んでこられたんだなぁと思う。
事業計画の見直しや、
開業後の苦労話などが飛び出すのも、
前に進んでいる証拠。
やってみて初めてわかることがたくさんあるから。

終了後は、既に昨秋開業された方の飲食店
「いつじ青果」を借り切って、懇親会。

Dining「いつじ」はオーナーシェフの
ファーストネーム。
青果市場で働いた経験を持ち、
野菜料理にこだわりがあるから、
「青果」とネーミングされている。

開店後、順調にお客さまもつき、
少しシャイなオーナーが、
鮮やかな手つきで
活き活きとお仕事されている。

Food1Food2

出てくるお料理は、どれもこれも、本当に美味しい。
厳選された野菜の味を活かしつつ、
さすがプロ!の味付けについつい食べ過ぎてしまう。

結束力の強い今年度の卒業生のみなさんが、
この先ずっと商売繁盛し続けますように☆彡

2008.01.19

私が会社を変えるんですか?

胸が熱くなるビジネス書に出会った。

 「私が会社を変えるんですか?
  本間正人・中島崇昴著 日本能率協会マネジメントセンター

初めてこの本を目にしたとき、
インパクトのあるタイトルと目を引く表紙に、
心をわしづかみにされたように感じた。

私が最近取り組みたいテーマが、
本当に自分を活かせる組織をつくることなので、
とりつかれたように手に取った。

本はゆっくり&一気に読み切るのが好きなので、
アポイントの間隔がたっぷり空いた午後、
静かなカフェでページを開いた。

前半は、著者のお一人の中島崇昴さんの
実体験に基づいたビジネスストーリー。
読み進めるうちに、主人公の方の苦しみが
私の会社員時代の体験とオーバーラップして、
何度も胸が締め付けられる。
そして、何度も涙がこみあげる。
途中で外の空気が吸いたくなって、別のカフェに移動した。

ビジネス書を読んで、こんな身体反応が起こるのは珍しい。


さらに本書は、感動ストーリーだけでは終わらない。
組織開発手法「AI(Appreciative Inquiry)」が
丁寧に解説され、活用法のヒントもあって、
自分の会社なら?と考えを進められるように、
鮮やかに書かれている。

組織をよくしたいという思いを持っている
あらゆる役職の方に、超おすすめの1冊です。

お知らせ(1月25日編集)

☆コーチング☆

  新しいクライアントさんを、2月中旬から、1~2名受け付けます。

  私は最近、「グループや組織の中で、自分らしくいられること」を
  サポートすることに力を入れています。

  私が今、特にコーチングさせていただきたい方は、
    ☆もっと自分の力を活かせるのではないか、と思いながら、
        できるかどうか不安になってしまう方、
        思いはあるのに、どうすればいいかわからない方
    ☆部下や後輩を伸ばしてあげたいと思うのに、
        性別、世代、性格などが違って、接し方に困っている方

  ご興味をお持ちの方は、
  まずは、「無料体験コーチング」をお申込みください。
  申込みフォームは、「こちら」(←クリックしてください)です。


☆創業・経営相談☆

  ☆無料相談
     大阪府在住・在勤の方&事業所さま
     → 「こちら」の窓口で、日程確認やご予約をお願いします。

  ☆アドバイザー派遣
     大阪府の事業所さま →「こちら」へ
     兵庫県の事業所さま →「こちら」へ
     それぞれお問い合わせください。


☆公開セミナー☆

  東大阪市在勤の女性が対象です。
  働く女性向けセミナー「組織の中で自分らしさを活かすコツ」
    2月22日(金)18:00~20:00    
  ご案内とお申込みは、「こちら」(←クリックしてください)

2008.01.18

かもめ食堂

DVDで「かもめ食堂」を観た。
クライアントさんが、理想の心象風景として話題にされたので、
見ておきたくなったから。

 かもめ食堂

ゆったりとした時間の流れと、透明な空気感が伝わってきて、
なんだかほっとする。
そんな優しい雰囲気の中で、主人公のサチエさんの、
「人はみんな変わっていくものですから」のセリフがぐっときた。

小林聡美さんは、
数年前に舞台「おかしなふたり」を見たときに、
無駄のないきびきびした美しい動きに感動したのを思い出す。

こんな雰囲気のカフェが近くにあったらいいな。
ランチタイムには、手でおにぎりをほおばって、
ティータイムにはコーヒーとシナモンロール。
常連になりそう。

2008.01.17

13年

Candle阪神淡路大震災から13年。
別のことを書こうと思っても、
やっぱり頭から離れない。

13年前のこの日、
震源地の近くとは比較にならないけど、
それでも恐ろしいほどの揺れを体験し、
部屋の物が散乱し、
壁やたんすが崩れてきたら、と命の危機を本気で感じた。

こんな体験は地震が多い日本でさえも、2度とないと信じていた。
瓦礫の山の映像は、TVでさえ見たくない。
が、その後、中越地区でも、地震が少なかった海外の各地でも、
あちこちで大地震が起こっている。

そしてそういうニュースが流れるたびに、
近いうちに、南海・東海地区に最大級の地震があると報道され、
それはいつ起こってもおかしくないと言われる。

地震に限らず、人はいつ命を失ってもおかしくない。
改めて今日、
どう生きていくのか、そういう問いをつきつけられた。

今日が最期だとしたら、
一番やり残したくないことは何だろう?

2008.01.16

あま~いお仕事

午前中に研修を終えたあと、
祖父母が生前住んでいた町のすぐ近くまで足を伸ばす。

お仕事の内容もお店の名前もまだ詳しくいえないけれど、
繁盛している和菓子屋さん2軒の取材。
お話をうかがっていると、
2軒とも、オーナーさんがとても快活で、
素敵な笑顔で、興味深いお話がどんどん飛び出す。

最近、こんなに元気なお話を続けて聞くのは珍しいなぁと
思って、気がついた。
日ごろ、経営相談や研修の打ち合わせなどの場面では、
お悩みごとをうかがう機会が多いので、
繁盛店の勢いやオーラが、新鮮に映ったのかもしれない。

お世話になっている先輩から、突然ケータイが鳴り、
「まこちゃん、お菓子好きだよね?」の
甘~い誘い文句でいただいたお仕事。

土地の懐かしさにつられて、ついお土産に買ったり、
お店で作りたてのお菓子を試食をさせていただいたり、
文字通り、甘くて幸せな気持ちになる。
Sweets1Sweets2

甘いあとには、執筆と言う固いお仕事が待っている。
身を削って(笑)がんばります。

2008.01.15

今年の1%は日本聴導犬協会へ

2年前に、売上の1%を寄付するというルールを決めた。
  関連記事:私の1%ルール(2006.06.01)

当初は毎月実施するつもりだったけれど、
毎月計算するのはちょっとめんどくさかったり、
月の1%は、あまりにかわいらしい金額なので、
年末にまとめて実施することにした。

Dog昨年の収支がほぼ確定し、
募金先を検討していたら、
企業経営者でもあるコーチ仲間の1人が、
社会福祉法人日本聴導犬協会」の
スポンサーをしていると教えてくれた。
盲導犬はよく見かけるけれど、
聴導犬は初めて聞いた。
親戚が突発性の難聴に苦しんでいるタイミングで知ったことに、
何かご縁があるように思えた。

小額の寄付。
私にとっては1年間一生懸命お仕事をしていただいた
大切な大切なお金の一部。
昨年ご縁があったクライアントさんやお客さまへの
感謝の気持ちを聴導犬に託した。

2008.01.14

ミルトンモデルで遊ぶ

Origami上地明彦先生のNLP講座
「ミルトンモデルinプラクティス」に
参加した。
ミルトンモデルの要素を
カルタのようにカード化して、
目的や文脈に合わせて、
カードに書かれたキーワードやフレーズを
自由に組み合わせて練習する。

私の今年のキーワード「Playful」満載で、楽しい。
遊び心で思いつくまま、いろんなフレーズを口にするうちに、
これまで上地先生から学んできたランゲージラポールや
戦略的メタモデルなどが統合されていく。

コーチングやNLPセッションの中ではもちろん、
経営相談や友人との会話でも、
さりげなく元気づけられるように、
もっと自然に使いこなせるようになりたい。

2008.01.13

クライアントさんとハモる

Cafe週末の朝、
人が少ないオフィス街のスタバで
コーチングをしていると、
店員さんが試飲用のコーヒーと、
一口サイズのレモンケーキを
トレーに載せて近づいてきた。

「アフリカのコーヒーでフルーティな香りに特徴があって」と
説明を聞きながら、まずは香りだけを試していると、
「レモンケーキとの相性もよくて、
 ほんっ・・・・・とにおいしいんですよ。」
と力を入れて説明してくれる。

思わず、「ほんっ・・・・・とにおいしいんですね。」と返したら、
クライアントさんと、見事にハモった。
打ち合わせしたみたいに、ぴったりと。

私のコーチングを3年半も受けてくれているクライアントさん。
いつのまにか、
どちらからともなくペーシングできていることを
おもしろく感じながら、うれしくなった。


いただいたコーヒーとケーキは、
ほんっ・・・・・とにおいしかった。

2008.01.11

のこり福

恒例の、今宮戎神社にお詣りに行く。
独立してから商売繁盛を祈願しに行くようになって、
今年で5回めのお詣りになる。
  関連記事:宵戎(2005.01.09)
         えべっさん(2006.01.10)
         今年も商売繁盛(2007.01.10)

拍手を打って、
昨年も楽しくお仕事ができたことにお礼を伝えて、
今年も自分のペースで自分が好きなお仕事に
打ち込めるよう、応援してくださいね!と
心をこめてお願いする。

残り福の日にお詣りするのは初めて。
例年は熊手を買っていたけれど、
初めて大きな福笹をいただいて、
笑顔がかわいい福娘さんに縁起物をつけてもらった。
どれをつけてもらおうかと迷ったけれど、
見た目のかわいさと、
福娘さんの「これは今年から新しくできたんですよ。」
の一言で、赤い鯛の縁起物に決める。
EngimonoFukuzasaFukuame

帰りには、これまた恒例の福飴を買う。
明日お会いするコーチングのクライアントさんお2人と、
友人にも「福」をおすそ分けする予定。
私にも周りのみなさんにも、
いっぱい福が訪れますように☆

2008.01.10

日本の教育は日本が決める責任がある

朝、移動中に耳にしたニュースに、激しい怒りを感じた。
移動先でネットを検索して、詳しい記事を見つけた。
  iza:学研地球儀、中国圧力に屈す…台湾を「台湾島」

しゃべる地球儀として話題になった「スマートグローブ」が
生産国の「中国が認める世界地図」になっている。
つまり、「中華民国(台湾)」が単に「台湾島」と表記され、
北方領土などが「ロシア領」と表記されている。

国土の問題は、
国際紛争に発展しかねないデリケートな問題のはず。
国によって世界地図はそれぞれ違う。
単に1メーカーの生産の都合で、他国の政治事情で
自国の地図を書き換えていいはずがない。

世界地理と世界史に弱い私は、
この地球儀が発表されたとき、
これなら楽しく学べそう、ととても好感を持った。
今の子どもたちは、いいなぁと思った。
それが、この地球儀で初めて世界地図に触れた子どもは、
他国の政治的感情に支配されかねない。

Schoolこの国を担っていく子どもたちに、
何をどう学んでほしいのか、
他国に決めてほしくない。
それは、
今の日本が、
未来の日本に対する
約束だと思う。

2008.01.09

浜崎あゆみさんのカミングアウトに勇気をもらう

Sumire浜崎あゆみさんが、
左耳が聴こえないことを
表明された。
彼女のブログに大勢のファンが
激励のメッセージをよせ、
アーチストとして歌い続けるという
力強い宣言に感動したり
励まされたりしているという。

そして、聴こえにくいお悩みを持つ方々も、
勇気づけられていることを、
友人のmiki_rengeさんのブログで知った。


実は、私の親戚も、昨年末から同じ症状に苦しんでいる。
体のバランスがとれなかったり、耳鳴りや吐き気がしたり、
病院で「完治の見込みはない」と言われて落ち込んだり、
このまま完全に聴力を失う不安と闘ったりしている。

それ以上に、
人に話してもなかなかわかってもらえないことに、
もどかしさを感じていた。

このニュースが流れたとたん、「あゆと同じね。」と
周りから心配のことばをかけてもらうようになったという。

わかってもらえても、症状が軽くなるわけではない。
それでも、話が通じると、そこに大きな安心感が生まれる。


私は最近、自分で少数派だと思っている人を支援したいと
いう思いが膨らんでいる。
だから、先日、本間正人先生が研修講師塾でおっしゃった
ことが、深く心に刻まれた。
「少数派はそれを意識せざるを得ない。」

例えば、
右利きの人は、わざわざ「私は右利きです。」と言わなくても
支障なく生活でき、それが普通の世界だと思ってしまう。
左利きの人は、「左利きなんです。」と宣言しないと
不便な場面にしばしば直面する。

浜崎あゆみさんも、こうやって宣言しなければ、
歌唱力が落ちたとか、わがままで公演をキャンセルしたとか
多数派の感覚に基づいて、悪く言われてしまうのだろう。
カミングアウトしてくれたおかげで、彼女のファンだけでなく、
大勢の人を勇気づけてくれた。

2008.01.08

霧の中で感じた人のちから

Fog朝5時起きで、
梅田から高速バスに乗って、
北播磨に向かう。
気がつくと、窓の外が真っ白。
前も左右も真っ白で、
バスがどのあたりを
走っているのか、
すぐ近くにある標識さえ見えない。
濃霧。文字通り、とっても濃い~霧。

そんな真っ白な中を、高速バスは快適に走って、
数分遅れた程度で無事に着いた。

迎えに来ていただいた車で、
「運転、怖くないですか?」と聞くと、
「霧が出た日は、その後よく晴れるんですよ。」と、
何事もないかのように平然とおっしゃる。

私は、車に乗り換える数メートルさえ、
歩くのが怖かったのに。

どの世界でも、
他の人ができないことを、当たり前のこととして
やってのける方がいらっしゃる。
人は誰でも、プロフェッショナルなところを持っている。
そしてたいてい、自分のすごさに気づいていない。
改めて、人のちから、おもしろさを感じた。

帰宅して新聞を見ると、JRは大幅に遅れたらしい。
  asahi.com「近畿で濃霧 朝のJR線、大幅に乱れる

2008.01.07

東大でランチ

研修講師塾受講中に、東京大学でランチした。

研修会場が東大のすぐ近くのビルで、
事務局の方が現役東大生の方で、
10人くらいの大人の集団を、連れて行っていただいた。

噂に聞く赤門は、本当に赤い色をしている。
門をくぐってキャンパスを歩くと、賢くなった気がする。
学生になりた~い。

AkamonTokeidai

Lunch学食でランチした後は、
生協にも連れて行ってもらう。

東大は、ビジネスも上手。
東大グッズがいっぱい売っている。
「東京大学」の名入りの
筆記用具だけでなく、
東大ワイン、東大饅頭、
東大ゴーフルなどもある。

1時間弱の東大ツアー。
豊かな気分を満喫した。

2008.01.06

笑い初めと学び初め

Futaba3日間、本間正人さんの
研修講師塾
受けに行った。
ずっと受講したくて、
やっと実現した。

「そっか~」「へぇ~」と深くうなずいて
メモをとりながら、
新春かくし芸のような先生の話術に、
3日間ずっと笑い転げっぱなし。

知らなかったことも、目からウロコのノウハウも
たっぷり教わった。
でも、私が学んだのは知識以上のもの。

場の空気の読み方、心の配り方・・・
本間さんが体現しながら進行されるその場に
学びが詰まっている。
そこに行かなければ、参加しなければ、
伝わらないものがある。

1日1日が短い。
あと3時間くらい続いても大丈夫だと思う。

そう、こういう研修をしたいんだな。私。

笑って、笑って、楽しい気分で、
本質がしっかり刻み込まれていく。
学ぶのではなく、学び合う。
学ぶ場をつくるだけでなく、学び合える場をつくる。

忘れかけていた、大切なものを思い出した。

2008.01.05

こんなすごい人が現実にいる

まずは、ブログ「めぐっち覚書」の
元旦からの記事を読んでください。
   「神様との対話
   「なぜわたしはあの街に行ったのか。」 
   「わたしの体験したこと~前編~
   たぶんまだ続くでしょう。

これを読んだとき、私は、
世の中にはすごい人がいるものだなぁ と思った。

マザーテレサをはじめ、世界には、
すごい人たちがいたことを歴史上の人物として知っている。
今の日本にも、TVのドキュメンタリー番組などで、
すごい活動を続けている人たちがいることも知っている。

そういう人たちはきっと、特殊な人たちだと思っていた。
特別な世界に住み、特別な使命を持った、遠い人だと。

でも違う。
めぐっちは、私のコーチ仲間。
昨年、コーアクティブ・リーダーシッププログラムで知り合った。
何日間か一緒に合宿生活をした。
アネゴ肌で人一倍パワフルだとはいえ、身近な存在。

彼女は、ラジオから流れた一言に反応し、行動を起こした。
自分の足で、自分の肌で。

めぐっちに何かを伝えたくて、メーラーを立ち上げた。
でも何もことばが出てこない。
どんなことばも違う気がして、ただ、ありがとう だけ伝えた。

2008.01.04

不浄

Komaこの三が日、
初詣に行く予定を
取りやめた。
「女の子」が始まったから。

そう言うと、母に通じなかった。
不浄だから、神社に行けないよね?と確認すると、
母は、女性差別だと憤慨していた。

あれ?
母から教えられていないなら、
私はどこで覚えたのだろう。
ずいぶん昔から知っていたし、実行してきた。

やはり、私と生まれ変わるように亡くなったという
曾祖母の血を受け継いでいるのかもしれない。
曾祖母はとても信仰が厚く、
神社やお寺や近隣の家の仏壇に手を合わせたという。

母が言うように、今の時代にも、理にも合わない。
でもなぜか、
ふだんは女性差別に人一倍怒りを感じる私は、
神様の世界や古くからの伝統・文化には、
理屈ではなく、
それを大事にしたい気持ちが勝ってしまう。

今年の初詣は、時期をずらして、
1人でゆっくり願いをとなえよう。

2008.01.03

新年初泣き

「ALWAYS 三丁目の夕日」をようやく見た。

 ALWAYS 三丁目の夕日

前半はおもしろさがわからなくて、
途中から他の事をしながら片手間に流していたら、
後半、一気にひきこまれた。
ろくちゃんが大晦日に帰省することに決めた、
おかみさんとのやりとりで、うるうるきてしまった。

どうも私は、親に愛されていないと思っていたり、
愛されようとしてがんばっている子どもという設定に弱い。
幼い子どもの心には、大人のなにげないひとことや行動が、
こう映っているんだなぁと思ってしまって、胸が痛くなる。

最後のほうは、
大人と子ども、大人と大人の心が通い合うエピソードが
いくつか続いて、ほっこりした。
続編、見に行こうかな。

2008.01.02

カーボンオフセット

Carbonoffset元旦に届いた130枚の年賀状の中に、
見慣れないはがきが2枚あった。
カーボンオフセット年賀」と書かれ、
地球、四つ葉のクローバーを支える
手のイラストや、
「地球温暖化ガス削減年賀はがき」の
文字などが入っている。

初めて知った。
販売価格55円で、
5円の寄付金が「地球温暖化防止を推進するプロジェクト」
に送られるという。
年賀はがきで地球に貢献できたのね。

我が家は毎年、郵便局に勤める母の知人に頼まれて、
チラシに必要枚数を記入して購入してもらう。
郵便局員さんには、販売ノルマがあるらしい。

350枚で、1,750円の地球への貢献。
今年の年末は、このはがきが買えるかどうか、
聞いてみよう。

2008.01.01

Playful Moment

Nenga2008年。
今年はどんな年になるでしょう。

ふと、「Playful Moment」という
キーワードが目に留まった。
昨年末にマイミクの「おば」さんに
いただいたカレンダーのタイトル。
楽しそうにはしゃぐ子どもたちの写真がいっぱい
掲載されている。

コーアクティブ・リーダーシッププログラムで
リーダーにいただいたキーワードは、「いたずらっぽい」。
私の理想の大人の女性像の1人は、アメリ。
  関連記事:「いたずらっぽい」(2007.04.19)
        「アメリが目標? 」(2007.04.13)


昨年末にコーチングを受けたとき、
私のプロジェクトへの取り組み方を
「子どもが真剣に遊ぶように、その場その場で形作る」と
話した。
なんだか、いろいろつながる。

自分のことばで言うと、何だろう?
  遊び心。 好奇心。
  瞬間瞬間を楽しむ。 時と戯れる。
  仕掛ける。 ちょっかいをかける。 などなど

ちょっと動きがほしいから、仕掛ける、かな。

楽しい年にしていきましょう。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ