最近のトラックバック

« 講師サミット2008 | トップページ | なぜか懐かしい風景 »

2008.01.28

春を待つ木

Winter_tree_2コーチングを受けて、
私は、「春を待つ木」になった。

私は、人とのつながりを失うのが怖い。
物質的なものは潔く捨てられるけど、
何かのメンバーから抜けたり、
あるプロジェクトが終わりに近づくと、
とても不安になる。

自分で決断したことでも、いざとなると、
やり方によっては、もう少し続けられるのではないか、
このままお世話になった方とのご縁も失うのではないか、
などなど、サボタージュさんの声に飲み込まれそうになる。
  *サボタージュ:コーチングで、変化を嫌う声のこと。

コーチと話しながらイメージしたのは、
寒空の下で、自分の身を守るためだと知りながら、
1枚1枚葉が落ちていくのを悲しんでいる、1本の木。

「葉っぱのフレディ」のお話を思い出す。
 葉っぱのフレディ

葉が1枚もなくなっても、木はしっかりと生きている。
春にまた、新しい命が芽吹くよう、養分を蓄えている。

私も、何かが生まれる季節を待とう。
何と出会えるのか、わくわく期待をこめて。

« 講師サミット2008 | トップページ | なぜか懐かしい風景 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/17823209

この記事へのトラックバック一覧です: 春を待つ木:

« 講師サミット2008 | トップページ | なぜか懐かしい風景 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ