最近のトラックバック

« 播州織の扇子 | トップページ | 日経ビジネス「だから女は働かない」 »

2008.03.12

「甲子園への遺言」で見つけた、人を伸ばすポイント

友人が持っていた「甲子園への遺言」を見せてもらった。

 「甲子園への遺言」 門田隆将著

伝説の打撃コーチ高畠導宏さんのお話で、
NHKのドラマ「フルスイング」のもとになった本。

1月にコーチ協会東京チャプターの例会に参加したときに、
このドラマがいい!と話題になっていた。

ぱらぱら眺めただけでも、印象的なフレーズを見つけた。
うろ覚えなので表現が不正確ですが、

*コーチの仕事はほめること
  プロの世界に入ってくる人間は、必ずいいところがある。
  その、人より優れている部分を徹底してほめる。
  体が覚えてしまっている欠点を指摘しても、直らない。
  欠点を直すのではなく、長所を伸ばすのが重要。

*「○○するな」は言ってはいけない
  例えば「高めのボールに手を出すな」と言うと、
  意識が逆に、その「高め」にいってしまう。
  結果的に、言われたとおりの失敗をしてしまう。

コーチングやNLPで実感していることと同じだ!と発見して、
とてもうれしい。
スポーツが好きな方は多いので、説明にも使えそう。
「厳しく鍛えるべき。」とおっしゃる方が、
長所を伸ばすことの大切さ、
部下にかけることばの大切さ、に共感してくれるかな?と、
期待がふくらむ。

« 播州織の扇子 | トップページ | 日経ビジネス「だから女は働かない」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/40472361

この記事へのトラックバック一覧です: 「甲子園への遺言」で見つけた、人を伸ばすポイント:

« 播州織の扇子 | トップページ | 日経ビジネス「だから女は働かない」 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ