最近のトラックバック

« チームでつくる醍醐味 | トップページ | 紙の管理は苦手なの »

2008.04.02

主人公が登場しない小説

不思議な小説を読んだ。
主人公が出てこない。

「私が語りはじめた彼は」 三浦しをん 著
 私が語りはじめた彼は 三浦しをん 著

主人公は、どうしようもない(?)男性。

章ごとに、「彼」について、彼の周辺の人たちが語る。
読み進めるごとに、いろんな視点から彼がとらえられ、
周りの人たちの関係性も見えてくる。

主人公本人が登場しないのに、
もしかしたら、会ったら印象が薄い人かもしれないのに、
「彼」のにおいがぷんぷんする。

不勉強で、著者の三浦しをんさんを初めて知った。
直木賞を受賞された作家さん。
最近出会ったコーチングのクライアントさんが、
「好きなもの」として、お名前をあげてくれた。

この作家さんを好きだとおっしゃるクライアントさんは、
どんな世界を持っていらっしゃるのだろう。
作品1つだけではとらえられないかもしれないけれど、
私の好奇心が大きく膨らみ始めた。

« チームでつくる醍醐味 | トップページ | 紙の管理は苦手なの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/40744108

この記事へのトラックバック一覧です: 主人公が登場しない小説:

« チームでつくる醍醐味 | トップページ | 紙の管理は苦手なの »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ