最近のトラックバック

« 組織開発ファシリテーター講座 | トップページ | 小さな対話 »

2008.05.31

モンスターになる

Monster先日たまたま通りかかった
喫茶店「モンスター」。
どんなお店なんだろう?
中をのぞく勇気はなかった。


京都で本間正人さんに学ぶ3日間。
最終日は、モンスターを体験した。

「モンスター・ペアレントへの対応策ワークショップ」

私の目的は、
クレーム対応の企業研修に生かせそうなのと、
学校の先生と直接お話しできること。
  関連記事:「学校という組織に興味を持つ理由」(2008.04.30)

なので、私は、学校の先生の近くの席を選んで座り、
演習でペアやグループを組んでいただいた。

本間先生いわく、
「モンスターペアレント」という人がいるのではなく、
「モンスター」の状態になっている人がいる。
つまり、誰でもモンスターになれる。
  なりたくはないけど。。。

ということで、ロールプレイングの演習では、
お互いにモンスター役を演じた。
やる前は、「え~、できないわ」という空気だったのに、
いざ始まると、あちこちで白熱している。
机をバーンと叩いて迫真の演技をされた先生も
いらっしゃった。

モンスター役をやってみると、
喉は渇くし、想像以上にエネルギーを消耗する。
受け止める役も、エネルギーを吸い取られて、消耗する。

両方のつらさを体験して、
こうなる前に、お互いにできることがあるはずだよね、と
コミュニケーションの大切さを強く実感した。

同じグループの小学校の先生が、帰り際に
「私たちがやっていることは間違っていないと思えた。」と
笑顔でおっしゃったのがうれしかった。
1つでも多くの学校に、1人でも多くの先生に、
この本とワークショップを体験してほしい。


モンスター・ペアレント」 本間正人著 中経出版

« 組織開発ファシリテーター講座 | トップページ | 小さな対話 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/41386509

この記事へのトラックバック一覧です: モンスターになる:

« 組織開発ファシリテーター講座 | トップページ | 小さな対話 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ