最近のトラックバック

« 金の切れ目が・・・ | トップページ | おおかみの成長 »

2008.05.22

マイ箸マイスプーンに慣れてきた

マイ箸・マイスプーン生活に慣れてきた。
コンビニで、レジの方が用意してくれる前に
「お箸とスプーンは要りません。」と言えるようになった。

私がマイ箸・マイスプーンを持ち歩くのは、週1~2回。
週1回、商工会議所の相談員として出勤するときと、
たまに、新幹線で移動するとき など。

コンビニで、サラダとおにぎりとデザートを買う。
デザートが欠かせない私には、マイスプーンも必須。
でも、レジ袋は、もらうの。
空き容器を捨てるときのゴミ袋が必要なので。

無理せず、できる範囲のエコライフ。
一歩前進、かな。


なかなかマイ箸に踏み切れなかったのは、
「どこで洗うの?」というハードルが高かったから。

おしゃれなマイ箸は、ケースもおしゃれ。
竹を編んだ筒やきれいな布で、汚したくない。

外食するのは移動中が多いので、洗える場所がない。
お水はきれいでも、トイレで洗うのはイヤ。
お弁当用の短いプラスチック箸&ケースもイヤ。

Kittyすべては、自宅で解決した。
ある朝突然思い出して、
キッチンの棚の奥から、
キティちゃんの木のお箸を
見つけた。
おそろいのケースと、
お弁当用の袋も。

数日後、昔ディズニーランドで
買ったスプーンも見つかった。
袋に入ったままで、480円の値札もついたまま。

キティちゃんのマイボトル
キティちゃんのマイ箸、
ミッキーのスプーン。
楽しいランチタイムの演出。

« 金の切れ目が・・・ | トップページ | おおかみの成長 »

コメント

やっぱりキティちゃんが
無理なく笑顔で地球を救うんだね。

ミネさん、ありがとうございますhappy01
キティちゃんと一緒にがんばります(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/41275203

この記事へのトラックバック一覧です: マイ箸マイスプーンに慣れてきた:

« 金の切れ目が・・・ | トップページ | おおかみの成長 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ