最近のトラックバック

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008.06.30

晴れてるよ

Tree「晴れてるよ。」

バスを待っていると、
ちょこちょこと走ってきた
女の子に話しかけられた。

ん?と思いながら、
「晴れてるね~」と返すと、
女の子の視線の先は、私の日傘。

折りたたみで、ちょっと雨傘っぽく見えるのかな。
それとも、日傘そのものが不思議なのかな。

女の子は、にこっと笑って、
後から追いついたお母さんが、手をつなごうとすると、
その手を振り払って、またちょこちょこ走って行った。

かわいくて、なごんだ。

2008.06.29

富田林の寺内町と千早赤阪村を散策

中小企業診断士の仲間の船場総研の有志で、
富田林市の寺内町を散策した。

昨年11月に、同じ寺内町の橿原市今井町を見学したので、
比較しながら町を歩く。
  関連記事:「寺内町の今井町を見学」(2007.11.03)

ボランティアガイドさんに案内していただきながら、
重要文化財の旧杉山家住宅や、興正寺別院を見学する。
SugiyamaGuide

この地域のコーディネータとして活躍されている
「ぼんさん」のアレンジで、
まちづくり協議会の橋川会長のお話を聴く。
静かに生活したいという古くからの住民のご要望と、
歴史ある街を保存し、大勢に知ってほしいというご要望の
調整に苦心されているという。

午後からは、大阪府唯一の村、千早赤阪村に移動する。
レストラン「山燈花」で、色とりどりに咲き誇る紫陽花を
眺めながら、おいしいランチ。
この赤の色は、他ではなかなか見られない色だとか。
LunchRed

紫陽花だけで約5000本もあり、西日本第4位に選ばれて
いるという。
PinkBlue

小雨模様のしっとりした雰囲気に、紫陽花はよく似合う。
豊かな自然と、昔ながらの町をたっぷり堪能した。

2008.06.28

先輩方のご活躍に刺激をいただく

Honmachikai昨夜は、勤めていた会社の
大先輩方の集まり。
数ヶ月に1回、近況報告をしあう。

私以外のみなさんは、
海外駐在でご活躍されたり、
役員や幹部職を歴任された方々。
在職中には、遠すぎて話すことも
ままならなかったエライサンなのに、
退職後、たまたま大阪府の経営相談のお仕事などで
何名の方かとご一緒する機会を得て、
集まりにもお誘いいただいているというご縁。

そんなみなさんから刺激をいただくのが、楽しい。
昔話に花が咲くこともあるけれど、
たいてい、最近のご活躍の話題になる。

大学で経営や海外ビジネスを教えていらっしゃったり、
大学の研究と中小企業をつなぐお仕事をされていたり、
週1回くらいのつもりで中小企業の支援をされるうちに、
先方から請われて、連日出勤されてお忙しくされていたり、
趣味を極められて地元の方から注目されていたり。

このところ、ちょっとお疲れ気味だった私。
週に4回、5回、中には休日返上という生活をされている
数世代(^^)上の先輩方のご活躍から
まだまだがんばれると、あたたかいエールを受け取った。

2008.06.27

めぐっちの講演の映像

まこにっきでも何度か紹介してきた、コーチ仲間のめぐっち。

この年末年始に横浜のドヤ街に行き、
  →めぐっちのブログ「なぜわたしはあの街に行ったのか。

今も毎月支援活動を続けている彼女の講演の様子が、
日本コーチ協会東京チャプター(JCAT)で公開されました。
  →「6/16JCAT勉強会「人が変わる瞬間」
    めぐっち(田村恵さん)講演会報告

彼女のブログを読み、
一緒に参加したリーダーシッププログラムでも直接聴き、
大阪の講演会でも聴いていても、
この映像を見て、また新たな感動を味わう。

話を聴いてくれる人がいて、居場所があると感じると、
人は、顔つきが変わっていく。
その様子から、彼女自身も大きな喜びを受け取ると言う。
そんな彼女のお話に、また心が震えた。

そうそう、私もコーチや講師として、相手が変わる瞬間に
立ち会えることが、何より一番うれしい。
私もコーチとしての軸を改めて思い出して、心に刻んだ。

撮影&公開してくれたJCATスタッフのみなさん、
どうもありがとうございます!
そして、めぐっち。どうもありがとう!

2008.06.26

プチトリップ

Campanulaお仕事先の企業さまに行くために、
早起きして、JR八尾駅に向かう。

途中の乗換駅に早く着いたので、
駅員さんに電車を確認する。
「久宝寺で、同じホームの各駅に
乗り換えてください。」と
教えてもらって、安心して急行に乗る。

車内アナウンスも聞いて、
久宝寺駅で、同じホームの電車に乗り換える。

八尾駅までは1駅。
・・・なのに、電車は速いスピードで駅を通過する。
え??? 各駅じゃないの???

電車のスピードは一向に落ちず、駅をいくつも通過する。
窓から見える景色は、どんどんのどかになっていき、
トンネルをくぐり、山間を走る。
どこまで行くんだろう?

ようやく停車した駅は、「王寺」。
大阪府を越えて、奈良県に入っている。

シュン(×_×;)としながら、戻る。
1年くらい前も、西宮で失敗したなぁと思い出しながら。
  関連記事:「マイナビプリーズ」(2007.06.10)

連絡を入れて、企業さまに着いたら、温厚な社長さんに
「どこまで行ってきたの。」と笑われた。

2008.06.25

VIPな日経新聞

私の日経新聞は、車に乗ってやってくる。
なかなかのVIPさん。

ネットで購読申込みをして、受付確認メールも届いたのに、
肝心の新聞は、翌日も翌々日も届かなかった。
私も長年、自分の読むものではないと思っていたけれど、
日経新聞さんも、私を読者だと思っていないのかも。

問い合わせたら、販売店の方が車で届けてくれた。
それが1日め。

その翌朝も、ポストに入っていなかった。
電話すると、また車で届いた。

次の朝はポストに入っていたけれど、また今朝も・・・

10yen遅れて届く新聞の中には、
「お電話代」と印刷された
小さな袋が入っていて、
中に10円玉が入っている。

たった1部のために、
車を使って、
10円もついてきて、
世話の焼ける子かも。

2008.06.24

見とれながら話す

Hibiscus品川で、接客・コミュニケーション研修。
美容関係のお仕事をされている、
きれいなおねえさんたちが並ぶ。
思わず、話すのを忘れて、
見とれてしまいそうになる。

長時間の立ち仕事で、力もいる厳しいお仕事なのに、
どうしてそんなにほっそりした腕や脚でいられるのだろう。

みなさんの演習の様子に目を配っていても、つい
スカートの下(中じゃないからね!)に、目がいってしまう。
脚フェチって理解できない・・・、と思っていたけれど、
彼女たちを見ていたら、少しだけわかる気もした。
  おぢさんの心境に共感してどうする・・・

慣れない研修に最初は緊張気味だったみなさんも、
演習をしていただくとすぐに場があたたまり、笑顔があふれ、
温度を下げても下げてもクーラーが効かなくなる。

この日のために、私も地元の同業者さんをリサーチしたので、
本当にリアルな会話を例に出して説明すると、
きらきらした目で大きくうなずいて、ノートにペンを走らせる。
そこまで熱心に聴いてもらえると、もっともっと話したくなる。

別々のお店から来られた初対面の方々なのに、
最初と最後の挨拶は、唱和するかのようにびしっと揃う。
さすが、プロの接客業。

技術が確かなことも大切だけど、
スタッフのみなさんが活き活きと輝いているお店に通うと、
それだけできれいになれそう。
そんなお店になるために、お役に立てたかな。

2008.06.23

緊張感で梅田を歩く

Rainあちこち移動の多い日。
大阪駅周辺を何度も行き来する。
いつになく、体がこわばる。

昨日、大阪駅のホームで
女性が切られる事件があったから。
 asahi.com:JR大阪駅で女性3人切られケガ 現場から女逃走

いつもは、iPodを耳に、ときにはケータイメールをしながら、
ぼーっと歩いているところを、
今日は、iPodもメールもやめて、緊張しながら歩く。


怖い事件があると、神経が過敏になる。
同じ人が同じ服装で同じところには現れないと思いつつ、
大きな黒っぽい帽子を被った人を見かけたり、
人混みで誰かとぶつかりそうになると、ドキッとする。

帰宅後、夜遅くに、容疑者が逮捕されたことを知って、
ほっと一息。
 asahi.com:大阪駅切りつけ事件、神戸の38歳女を傷害容疑で逮捕
模倣犯が出ないことを祈るばかり。

2008.06.22

日経デビュー

Tsuyukusaついに、
とうとう、
日経新聞の読者になった。

学生時代、就活に必須だと言われても、
診断士受験に役に立つと言われても、
コンサルタントとして常識と言われても、
ずーっとずーっと避けて通ってきたのに。

難しくて読めな~い、
毎日毎日来なくていい といい続けて。

そんな私が購読を決めたのは、
最近お会いする、ある経営者さんが、毎回のように
日経の記事を話題に出されるから。

その方とお会いするのは、たぶんあと1ヶ月くらい。
新聞の最短契約期間は3ヶ月だったので、
その方とお会いしなくなっても、毎朝毎夕、新聞が届く。

読まずにゴミにならないように、
毎月約4300円の投資が無駄にならないように、
ちゃんと読めるかな。

2008.06.21

メルマガインタビュー後編です。

コーチのodamiさんが発行されているメルマガ
【30代女性のプラチナキャリア~幸せ転職・天職のレシピ☆】に
掲載していただいた私のインタビュー記事の
後編が本日配信されました。

2週間前に配信された前編には、
まこにっきへのコメントをいただいたり、
個別にメールをいただいたり、
どうもありがとうございました。happy02

Shoes後編は、インタビューも後半で
リラックスしてきて、
「プリンセス願望って・・・」などと
冗談っぽく話して、
odamiさんと一緒に笑った話題も、
雰囲気もそのままに、
記事にまとめていただいています。

  メルマガは、「こちら
  ブログ版は、「こちら

  odamiさんのメルマガ購読は、「こちら
    (メルマガ配信サイト まぐまぐのページにリンクしています)

2008.06.20

変わらない笑顔に再会

Azami駅前のバス停で、
とても懐かしい方をお見かけした。

会社員時代に、
かわいがってくださったOさん。

入社したばかりのころ、他部門の部長さんのOさんが、
わざわざ、新入社員の私の席まで来られた。

周りの先輩も私も、何事かとびっくりしていたら、
「昔、よく、犬の散歩で、家の前を通ってたよ。
 ○○高校の制服を着ていたころから知ってるよ。」
と、気さくに話しかけてくださった。
その数年前まで、同じ町内に住んでいたらしい。

声をかけようとして、一瞬ためらった。
私が、とても疲れた顔をしていたから。
昨夜も、裏のうるさい犬dogのけたたましい鳴き声に、
夜中の2時にびっくりして飛び起き、しばらく鳴きやまず、
今朝は少し遠方に出向くために早起きしたので、
睡眠不足&お疲れモード。

でも、そんなことを気にしていたら、
次にいつこの偶然がやってくるかわからない。
今日だって、5年以上ぶりのはず。
少なくとも、私が会社を辞めてからお会いしていないから。
そう思って、思い切って話しかけた。
以前と全く変わらない、温かい笑顔を向けてくださった。
短い立ち話の間に、気持ちが元気になった。

2008.06.19

遊びながらつくる

Marbleふぅ。。。
来週から始まる
セミナー資料ができた。
私にとって、
今年最大のお仕事なので、
プレッシャーを感じていた。

私は不器用なのか、レジュメや資料の使い回しが下手。
コンサルティングやセミナーの資料は、
ある程度、こなれたものを組み合わせて
ブラッシュアップするほうが効率がいいのに。

過去のレジュメを広げても、アイデアが浮かばない。
1から、対象者を思い浮かべ、
伝えたいことを浮かべていく。
よく似た分野の研修を何度もやっているので、
出来上がりは、よく似た資料になるんだけど。

参加者は、美容系のお仕事の女性なので、
華やかに楽しく学べる場をつくりたい。

セミナーの作り方も、非効率。
思いつくままに、
画面のあちこちに、位置も文体も自由に、
ひとりごとをつぶやくように、
落書きするように、
ランダムにパシャパシャ打ち込む。
白い紙に、絵の具を落としていくように。

すると、楽しくなって、アイデアが次々わいてくる。

最終的には、
私なりのセミナーロジックをあてはめて、
流れや構成を検証して仕上げるので、
せっかく思いついた新しいワークも、
ばっさり捨てることも多い。

それでも、途中のプロセスには遊びが必要。
資料という形には残らなくても、
私の気持ちの中で、わくわく感が高まるから。

2008.06.18

今年のTシャツ

Tshirtほぼ日Tシャツ2008 Acoustic T
が届いた。

今年のラインナップは、
冬のニットのような模様が
デザインされている。
かわいいのがいっぱいあって、
いっぱい欲しくなる気持ちを抑えて、
私がオーダーしたのは、
「4つのダイヤのアーガイル」の紺。

あまりTシャツを着ないのに、
ほぼ日ファンの私は、いつも作戦にはまってしまう。
毎日少しずつ少しずつ予告されていって、
発売日になると、欲しい気持ちがピークになる。

外出するときはスーツやジャケットが多いので、
Tシャツはたいてい部屋着専用になる。
一昨年の「+Love」と今年の「Acoustic T」で
今年の猛暑を乗り切れるかな。

2008.06.17

[参加者募集]堺商工会議所創業塾

今年も、堺商工会議所の創業塾を5日間担当します。

毎年、「楽しく学べた」「長くつきあえる仲間ができた」などと、
参加者のみなさまに楽しんでいただいている講座です。

  日程:8/30(土)、9/6(土)、9/13(土)、9/20(土)、9/27(土)
  時間:10:00~17:00
  場所:堺商工会議所
       堺市北区長曽根町130-23

まだ事業アイデアが固まっていない方でも、
具体的なプランをお持ちでまもなく開業される方でも、
基本講義を聞いて、演習に参加するうちに、
アイデアが具体化してきたり、
気づかなかった視点が見えてきたり、
自然にブラッシュアップできます。

昨年の参加者で、会社設立されてまもない先輩のお話や、
数年前に起業されて事業を発展されている先輩の
生の声を聞く時間も設けています。

自分で何かやってみたい、お店を持ちたいと思われる方、
ぜひ一緒に、思いを形にしていきましょう。

講座に通って下さる方なら、どちらにお住まいの方でも
かまいません。  
大勢のみなさまの参加をお待ちしています。

詳しいご案内とお申込みは、「堺商工会議所」まで。

2008.06.16

父の笑顔

Hollyhock今日は父が、介護サービスを受けに行く日。
昨日、父の日にプレゼントしたポロシャツを着て
降りてきた。

「その服、どう?」と聞くと、
父は、「新しい服・・・」とうれしそうに笑った。

昨日、渡したときは、
「よそゆきか? いつ着る服?」と何度も聞いていた。
「明日着て行ったら?」では、納得してくれず、
「明日、S先生に見てもらったら?」と言うと、うなずいた。

ペーシングで反応が変わる、例題みたい。
内容は同じでも、言い方で受け取り方が変わる。
父が感じた「よそゆき」感にペーシングして、
「いつもの」施設に着ていくのではなく、
「明日は」S先生に見てもらう、という特別感が功を奏した。

  こんなふうに対応できるのは、
  私の気持ちに余裕があるときだけ・・・(^^ゞ

鏡を眺めている父に、「似合ってるね。」と言うと、
また笑顔になって、
迎えに来てくれた車に乗り込んで行った。

2008.06.15

困っていること

Dogここ1ヶ月半くらい、困り続けていること。
裏のお家が犬dogを飼い始めたらしく、
ずーっとずーっと、キャンキャンうるさすぎる。

朝6時すぎから8時半ごろが最初のピーク。
日中も断続的に、
夕方は18時か19時ごろから騒がしくなり、
夜も23時すぎても、ひどいときは24時をすぎても。
おそらく、ご家族が犬の相手をされる時間帯。

電話やスカイプでコーチングしていても、
クライアントさんに
「犬、すごい鳴いてますね。大丈夫?」と聞かれるくらい。
瞑想セッションなんて、とてもできない。

私は仕事をするときは、音は遮断したいタイプ。
好きな曲でも、BGMはかえって気が散って集中できないし、
気にならないくらいの小さな音なら、犬の声に負けてしまう。

このご時世、直接お願いするのは、ちょっと物騒。
以前、別のことでお願いしたら、逆切れされて怖かったお家。
警察や市役所に相談しても、室内犬で外から見えないし、
法に触れていないので、対応できないらしい。

窓を閉めて、耳栓をして生活しても、聞こえる大きさ。
早く眠ることもできず、仕事にも集中できず、
私の精神力がかなり限界。。。

2008.06.14

新しい一歩

Dustboxコンサルティングの打合せと、
対面コーチング2件で、
大阪市内を数ヶ所移動。

昨日から開かれている
主要8カ国財務相会合の影響で、
地上の道路では警察の検問、
地下鉄のゴミ箱は、
紙が貼られて封鎖されていた。

見慣れた光景とは少し違う空気の中で、
私は、未経験分野の新しいチャレンジが始まり、
クライアントさんたちは、
それぞれの人生の新しいステージへ
一歩を踏み出す日になった。

2008.06.13

プチ納税

Passion_flower今年も無事に、
府民税・市民税dollarを納めた。

世間さまから見ると、
事業の丈に合った、プチ納税。
私なりには、
がんばって働いた大切な結果。

今年度が始まってちょうど半年たったときに
税金のお知らせが届くので、
昨年と、今年の前半を振り返るきっかけになる。
ちょうど、忙しくなってくるころ。
今年の後半は、初めて携わるチャレンジもいくつか
待っている。

後半も、楽しくお仕事に打ち込めますように☆彡

2008.06.12

懐かしい町でコーチングセミナー

Lilac大好きだった祖父母が住んでいた町の近くの
金融機関さまで、コーチングのセミナー。

住んだことはないけれど、祖父母がいたころは
年に数回訪れていた、私のふるさと。
この地域でお仕事できるのは、
祖父母に見守られているようで、うれしい。

決して大きな町ではないのに、経営者や幹部の方など、
30人くらい集まってくださる。

コーチングセミナーだけど、スキルはほとんど説明しない。
明日からすぐに使えるように、
コーチングの真髄だと思うところだけを抽出してお届けする。

実際にやってみて、考えて話し合っていただいて、
職場で本当に使えるエッセンスを持って帰ってほしいから。

明日から、居心地のいい職場がつくれるように、
部下もご自身も、楽しくお仕事にチャレンジできるように、
お取引先といい関係がつくれるように。

2008.06.11

JWCA全国大会のお知らせ

女性コーチ、またはコーチングに興味がある女性のための
JWCA(Japan Women’s Coach Association)が
設立される。

第1回めのイベントが、8月23日に東京で開催される。

日時:8月23日(土)14:00~18:00
場所:TOC大崎ビルディング1号館19階

  詳しくは、「こちら」(←pdfファイルです)

発起人は、
尊敬するコーチの斉藤知江子さんと小巻亜矢さん。
パネルディスカッションに登場されるみなさんも、
ワークショップのリーダーのお2人も、
誰もが憧れるような、きらきらと輝く女性コーチたち。

コーチングをご存知ない方も、
得るものがいっぱいありそう。

私も行きます!
  今年は何回東京に行くのでしょう。。。(^^ゞ

2008.06.10

セレブの休日

Celebrity高級マンションにお邪魔した
翌日は、「セレブの休日」

コーチ仲間のAちゃんと、
恵比寿のカフェで、
ワークショップの打合せ。
メニューを開くなり
目に飛び込んできたのが、
「セレブの休日」というネーミング。
瞬時に「これ!」と決定。

ミーハーなのは私だけかと思ったら、
Aちゃんも一緒につきあってくれたのがうれしい。

「セレブの休日」を味わいながら進めた打合せは、
思いのほかスムーズにいろいろ決まって、いい感じ。

いろんな方との出会いのおかげで、
8月下旬に東京で、
学校の先生向けの楽しいワークショップを開催します。
詳しいことが決まったら、改めて告知します。

2008.06.09

メルマガ「30代女性のプラチナキャリア」で紹介されました

コーチ仲間のodamiさんが発行されているメルマガ
【30代女性のプラチナキャリア~幸せ転職・天職のレシピ☆】で
私のインタビュー記事が紹介されました。

  メルマガは「こちら
  ブログ版は「こちら

インタビューは、先日東京でodamiさんにお会いしたときに、
つらつらと語ったもの。
自分で読んでも、かっこいいなぁと思ってしまうくらいに
美しくまとまっているのは、
名インタビュアー&名ライターのodamiさんの手腕と、
ブログ版に載せていただいた、KiPSYさんの写真
おかげです。

たっぷり書いていただいた記事は、これが前編。
後日、後編も配信されます。

odamiさんのメルマガは、インタビューやイベント情報、
おすすめ書籍情報など、キャリアを考えている方に
ぴったりのお役立ち情報が満載なので、
この機会にぜひ登録をおすすめします。
  
  30代女性のプラチナキャリア~幸せ転職・天職のレシピ
   (メルマガ配信サイト まぐまぐのページにリンクしています)

2008.06.08

高級マンションで打ち合わせ

Orchidコーチ仲間が立ち上げた
プロジェクトの打ち合わせで、
ある経営者さんのオフィスに
おじゃました。
そこは、東京都心の
超高級高層マンションの1室。

前の用事の都合で遅れて行った私は、
これ、ホテルじゃないの? 間違えたかな?と思うような
豪華なマンションのエレベーターをドキドキしながら上がり、
さらにお部屋の美しい内装と窓からの景色に息をのむ。


打ち合わせは、そのすばらしい環境のおかげで、
メンバーの中にいい「気」が流れて、
清々しい雰囲気の中で、アイデアが泉のように湧き出る。
プロジェクトのキックオフが、とても幸先のいいものになり、
これからますます楽しみになっていく。

帰りに、最上階のラウンジや屋上も見学させていただく。
このご縁がなければ、なかなかできない貴重な体験。
しっかりと皮膚感覚に焼き付けて、マンションを後にする。

2008.06.07

64億人の笑顔への第一歩

ハロードリーム「笑顔のコーチング」ワークショップ
参加した。
地球上の64億人を笑顔でつなごうという壮大な構想を
掲げた、わくわくするプロジェクトの第一歩。

ご夫婦で参加されている方、お子さん連れの方なども
いらっしゃって、会場がほのぼのとあたたかい雰囲気に
包まれている。

本間正人先生は、オープニングから笑顔で登場された。
テーマにあわせて、こういうところからワークショップを
つくりこんでいくプロの技を見せていただいた。

Mrhomma楽しい演習が満載で、
初対面の方とのペアワークも
グループワークも盛り上がる。

笑顔は伝染する。
会場中に広がった笑顔は、
今ごろきっと、それぞれの
ご家族やお友達に
もっともっと広がっている。

そしてさらに、もっともっと・・・
64億人に届くように、まずは目の前のあなたへ。

2008.06.06

産土神社に

数年ぶりに私の産土神社に立ち寄った。

参拝した後、おみくじをひこうとしたら、
かわいいお花の形のおみくじがあった。
中を開くと、お守りの鈴が入っている。

Omikuji1Omikuji2

Omikuji3中吉。
おことばは、
「何事も臆せず、自ら光の中に進み
 人を驚かせることも、
 あなた自身に花を咲かせる要因に
 なります。
 経験をたくさん積み、
 失敗も後々に活かしましょう。」

2008.06.05

韓国キティちゃん

Kitty母の友人から、
韓国のキティちゃんのストラップを
いただいた。
ご当地キティちゃんも、国際的なのね。
という驚きより、
母の友人までが、私にキティちゃんを
買ってきてくれるなんて、と驚いた。

お礼の電話をすると、
「かわいいでしょ~
 いつもキティちゃんを探すのにつきあってるから、
 おばちゃんまで癖になったわ。」と
笑ってた。

キティちゃんの影響力、おそるべし。

さっそく、私のケータイストラップの束に、
チマチョゴリ姿のキティちゃんが加わった。

2008.06.04

地域力連携拠点に初出勤

Iris_2週に1回、経営相談窓口を担当しているところの
名称が先月末から変わった。

  旧:大阪泉北地域中小企業支援センター
         ↓
  新:泉北地域中小企業支援センター

「大阪」が抜けただけ?

ではなくて・・・(^^)
5月30日にスタートした新事業「地域力連携拠点事業」に
対応したもの。
肩書きも、サポーターから「応援コーディネーター」に
変わる。

今日は変更後の初出勤で、甘利経済産業大臣のDVDを
見せてもらった。

事業名と肩書きが変わっても、
地域のみなさまの創業支援や経営革新支援に携わる
ところは同じ。
場所も同じ。堺商工会議所内にある。

今まで以上に地域の企業さまのサポートに力を入れる
そうなので、ますますどっぷりと関われそう。

泉北地域(堺、高石、泉大津、和泉)のみなさま、
こんなこと相談していいの? というようなお悩みでも、
お気軽にご相談にお越しくださいね。
お待ちしています。

2008.06.03

御所の近くのかわいいカフェ sala de estar

土曜日に、ワークショップに参加する前に、
京都に住む友人に、会場の近くの、
おしゃれなスパニッシュ・カフェに連れて行ってもらった。

「sala de estar」(サラ・デ・エスタール)
  京都市中京区富小路通り竹屋町上ル枡屋町337
  Tel:075-212-1313
  11:00~23:00 火曜日定休

御所のすぐ南にあって、
小さな白いお家のような、かわいいお店。
外観も白。
店内のカウンターやテーブル、椅子、ソファ席も白。
メニューの赤い看板や、椅子に置かれた赤いクッションが
アクセントになっている。

ランチプレートは850円。
メインのチキンの周りに、色とりどりのタパスが並んでいて、
見た目もお腹も大満足。

コーヒーとケーキもつけてもらって、1,200円。
ぜいたくなランチタイムになりました。


オーナーさんは、かわいらしい女性。
笑顔で丁寧に接客してくれる。
店名の「sala de estar」は、「リビング」という意味だとか。

その名のとおり、何度も通いたくなる、くつろげるお店。
また近くに行く機会もありそうなので、
今度は1人で行ってみようかな。

2008.06.02

タクシーでシートベルト着用

Ajisai今日から、新しい企業さまの
コンサルティングが始まる。
駅から少し遠いので、
久しぶりにタクシーに乗った。

もみじマークをつけたタクシー。
かなり高齢のドライバーさんが、
前を向いたまま、無愛想に一言
「シートベルト!」

あ。。。 そうでした。
昨日から後部座席もシートベルト着用が義務づけられたと
ニュースでは知っていた。

でもね~ もうちょっと丁寧に言ってほしかったな~


シートベルトの位置のおかげで、一緒に乗った先輩との
距離がかなり離れる。
タクシーの中で、軽く打合せをしようと思っていたのに、
なんだか話しにくい距離感。

出鼻をくじかれた感があったけれど、
企業さまとの初回のミーティングは、気持ちよく迎えられ、
いい感じで進んだ。
これから何回か通うところ。これからが楽しみ。

2008.06.01

小さな対話

Margueriteコーチのネットワークに
呼びかけて
、Skypeで
「小さな対話」の会を開いた。

「コーチの願い」という
大きなテーマを出していたので、
深い話になると予想していたけれど、
想像をはるかに超える、味わい深い時間になった。

何か答えを出そうというつもりはなく、
「お酒のない居酒屋」のような、
ざっくばらんに自由に話題が展開する場になれば
いいなぁという意図だけ持って、のぞんだ。

コーチとしてのあり方、大事にするもの、
コーチにとって礎となるもの、バランス、視点、
大いなるもの、倫理・・・
いろんな観点から、それぞれ思いつくままに語り、
スポーツや神事のたとえがとびだしたり、
自分にない発想に驚き、聴いていて楽しかった。

知的好奇心が満たされていく、わくわくする時間。
楽しい。
こういう時間を欲していたんだなぁと実感した。

おつきあいいただいたみなさま、
ありがとうございました。

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ