最近のトラックバック

« 対話の力 | トップページ | リテールセラピー »

2008.07.06

それでもボクはやってない

DVDで「それでもボクはやってない」を見た。

 それでもボクはやってない スタンダード・エディション

片手間に眺めようと思って見始めたのに、
気がつくと、食い入るように見て、主人公を応援していた。

映画だとわかっているのに。
むしろ、映画だから、なのかもしれない。

無実の人を罪人にしてはいけない。

あまりにも恐ろしく、あまりにも不条理。


それを引き起こしかねない種は、私の中にもある。
気づいて、ぞっとした。

この話を、映画ではなく、ニュースで見聞きしていたら、
私はきっと、この男性を疑ってしまうだろう。
見ず知らずの人を、何も知らないまま。

主人公のお母さんがつぶやいた、
「裁判は悪い人を裁くところだと思ってました。」
のことばが、頭の中にこだまする。
被告=悪い人 という図式が、いつのまにかできている。

ただでさえ、「やっていないこと」を証明するのは難しい。
ないものはないのだから。

それを、こうした社会的な思い込みが渦巻く中で、
疑念を晴らすのはどんなに難しいことだろう。

どうしても、裁判員制度のことが頭に浮かぶ。
「犯人でない」という事実を知っているのは、
本人と真犯人。
第3者は、どんなにプロでも、推定しかできない。
誤った判断がされてしまったとき、
「やってない」という事実は、どこにいってしまうのだろう。

« 対話の力 | トップページ | リテールセラピー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/41740066

この記事へのトラックバック一覧です: それでもボクはやってない:

« 対話の力 | トップページ | リテールセラピー »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ