最近のトラックバック

« 創業塾から外の世界へ | トップページ | バタバタ走る »

2008.09.28

障がい者という表記

Konpeitoアリスプロジェクトの
コーチングのことを
ここに書いたご縁で、
視覚障害者の方とメールを
しばらくやりとりした。
  関連記事:「アリスプロジェクトのコーチング体験会」(2008.08.02)

メールで私は、「障がい」という表記を使っていた。
害という漢字を使わず、「障がい」「障碍」と書くように習い、
行政の文書などでもそう書かれているから。

ところが、その方がおっしゃるには、
音声読み上げソフトでは、「障がい者」と書くと、
1つの単語として認識されにくく、
耳で聞くとわかりにくいことがあるという。

教えていただかないと、ずっと知らないままだった。
率直に伝えていただいて、感謝。


障害の有無に関わらず、どんなことばや態度も、
人によって、そのときの気分によって、
状況も受け止め方もさまざま。
よかれと思った言動が、喜ばれるとは限らない。

どうしたいのか、
どうしてもらいたいのか、
他人どうしである以上、伝え合わないとわからない。
コミュニケーションの大切さを教えていただいた。

« 創業塾から外の世界へ | トップページ | バタバタ走る »

コメント

初めまして。KIMと申します。

本日トラックバックを貼らせていただいたのですが
、操作に不具合があり、2~3度記事の保存をしてしまいました。

ご迷惑をおかけして大変恐縮でございます。。。

KIMさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
KIMさんのブログも拝見しました。
貴重な体験をされているのですね。
早速NLPの学びにされているところが素晴らしいです!
今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/42505626

この記事へのトラックバック一覧です: 障がい者という表記:

« 創業塾から外の世界へ | トップページ | バタバタ走る »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ