最近のトラックバック

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008.11.30

パシフィック東京に泊まる

今回のお宿は、ホテルパシフィック東京。
 ホテルパシフィック東京

ティーラウンジの雰囲気が好きで、
対面コーチングでは時々利用する。
ラウンジは、天井が高くて、窓から緑が見えて、
開放感がある空間。
このホテルに、年内に泊まりたいと思っていた。

Xmastree大通りからホテルの
入口までの
イルミネーションも、
ロビーに飾られた
クリスマスツリーも
気持ちが華やぐ。

お部屋も広くて快適。
物がなくてすっきりした
お部屋でパソコンに向かうと、気分がよくて、
いつもよりはるかにはかどる。

2008.11.29

U理論のわくわくする学び

Momiji創発型組織とU理論」の
セミナーに参加する。

コーチ仲間のDさんが
このセミナーの案内を
MLに流してくれるまで、
「U理論」のことばも聞いたこともなかった。
それなのに、なぜか絶対に必要な気がして、
直感だけで即効で申し込んだ。

その直感は正しかったみたい。

個人や組織のリーダーシップを開発するのに、
盲点に光を当て、
目に見えない世界を探っていくというプロセス。

コーチングやNLPとの親和性が高そうで、
好奇心がかきたてられてとまらない。
グループで対話しながら学ぶのも楽しい。

ふだんは人見知りが強い私でも、
学びたい気持ちが高まっているときは、
初対面の方にもどんどん話せるみたい。
ワークプレイスラーニングのときもそうだった。
  関連記事:「東大で組織と学習について学ぶ」(2008.10.31)

もっと詳しく知りたいなぁと思ったら、
オットー・シャーマンの原書を、
コーチ仲間のRさんたちが、現在翻訳中らしい。
  早く読みた~い>Rさん!

2008.11.28

まこにっきにフラミンゴのお客さま

Flamingoまこにっきの右側にあるgremzに、
フラミンゴが遊びに来てくれた。
ようこそ、いらっしゃいました。

gremzは、
ブログを書くと苗木が成長して、
大人の樹になると、
実際の森へ苗木を植樹してくれるという
ブログパーツ。

環境ワードを書くと、
動物が遊びに来てくれるのは知っていたけど、
まこにっきに遊びに来てくれたのは初めて。

昨日、カーボンオフセットを書いたからかな。
予期せぬゲストの登場で、ごきげん(^o^)

2008.11.27

カーボンオフセット計画が

Koma両親の年賀状を準備するために、
届いていた年賀状を開封した。

あれ? 全部インクジェット用?

両親の分は通常のインクジェットで、
私の450枚は、カーボンオフセットを注文していた
はずだった。

我が家の年賀状は、ここ数年、
母の知り合いの方を通して購入している。
日本郵便に勤めている息子さんに、販売ノルマが
あるらしく、協力を頼まれるので。

母から確認してもらったら、
「あれは、1枚55円もするのよ。
 もったいないから、普通のにしてあげたわよ。」と
知らないうちに、変更されていたらしい。。。

今年いただいた年賀状でカーボンオフセットを知って、
私もプチエコ活動しようと思っていたんだけどな~
  関連記事:「カーボンオフセット」(2008.01.02

私の年賀状準備は、たぶん今年も年末ぎりぎりです(^^ゞ

2008.11.26

しゅつば

Cyclamen昨夜、帰りの地下鉄の中で、
「しゅつば」という単語が
耳に入った。

解散総選挙が決まった?
そう思って、
iPodのスイッチをオフにして、
聞き耳を立てた。

少し遠くに立っていた女性たちが、
ケータイの画面を見ながら、
「○○も、しゅつばするんだ~」と言っていた。

はっきり会話が聞き取れなかったけれど、
明らかに、選挙の話題ではなさそう。

???
そっか!

謎が解けた。
紅白の話をしてるんだ。
「出場」を「しゅつば」って読んだのね。

ケータイでニュースにアクセスしてみたら、
やっぱり、紅白の出場者決定の記事があった。

地下鉄に乗っている時間が、
楽しい頭の体操になったわ(^o^)

首相さんは、「出場」 読めるかな。

2008.11.25

物入り

Snowmanボーナスのない生活になって、
6回めの冬。
それでも、毎年この季節になると、
狙ったように大物家電が故障する。
メーカーがそうプログラムしてる?
不思議な現象。

今年は、洗濯機が音を上げている。
文字通り、すごく大きな音がする。
FAXも、用紙がうまく送れなくなってきて、
買い替え決定。
ファンヒーターもちょっと怪しい。

欲しいものはいっぱいあるのにな。
さすがにケータイを買い替えたい、とか
新しいiPod nanoがほしい、とか。
他にもいっぱい。。。

大きな靴下をつるしておいたら、
サンタさんが入れてくれないかな~

2008.11.24

共感しない

Butterfly介護に少しだけ携わっていると
毎日がコミュニケーションの
学びの連続。

これまで学んできたことや
伝えてきたことが
間違っていないなぁと思うのと同時に
ここまで深いものだったのかと実感する。

例えば、
意見が合わない相手、話がかみ合わない相手とは
「同意」しなくてもいいから、
「この人は」そう思っているんだなぁ
「この人には」そう見えているんだなぁ、ととらえる。

すると、相手の世界観が見えてくる。
そして、もっと知りたくなる。
そのうえで、自分の意見を、ただシンプルに伝える。


それを今まで、私は「共感」「受け入れる」感覚として
大切なものだと思ってきたし、そう伝えてきた。

でも最近、共感できないことは、しなくていいよ、と
思うようになった。


軽い認知症の父は、「作話」をする。
事実と違うことを、いかにも事実のように語る現象。
幸い(?)、もともとロジカルな人ではないので、
明らかにつじつまがあわないのが、わかりやすい。

事実ではないのに、
お世話をしてくださる人を悪く言うことが多いので、
共感したり、真正面から受け止めようとすると、
私の中で抵抗が起こる。

「ふ~ん。そうなの。」って、しっかり聞いて、
話したことを忘れる父と一緒に、私も忘れるのが
今のところ、正解みたい。

2008.11.23

電車に乗りに行く

「電車に乗りに行こうよ。」
長いおつきあいの友人を誘う。

Tenmabashi天満橋駅で
待ち合わせて、
先月開通した
京阪中之島線に乗る。

乗ってみたかったの。
ただそれだけ。

そんなお誘いに乗ってくれるだけでなく、
車内でカメラを向けると、小さな子どものように
ポーズをとってくれる友人がうれしい(笑)
ブログに載せるからね!と宣言済(^^)
Mrm1Mrm2

終点の中之島駅で降りる。
リーガロイヤルホテルのショップをうろうろして、
ちょこっとクリスマス気分を味わう。
NakanoshimaHotel

「ブリちゃんに会いに行く?」
Breeze_2次は、やはり先月オープンした、
西梅田のブリーゼブリーゼへ。

高さ12mの巨大なキャラクターの
ブリちゃんを一目見ようと思ったら、
あいにく出張中(?)。
代わりに、小さなブリちゃんが
愛嬌を振りまいていた。

Hashi館内をくまなく歩き回った後は、
京やさい料理 接方来」で
お野菜たっぷりの夕食を楽しむ。
お箸袋やナプキン、食器にも
1つ1つ野菜が描かれていて、
見ていて楽しい。
友人が頼んだ「八ツ橋梅酒」は
梅の風味とシナモンの香りが
案外マッチして、なかなかヒット。

大阪ミニトリップ、楽しかった(^o^)
Mさん、ありがとう

2008.11.22

最高の人生の見つけ方

DVDで「最高の人生の見つけ方」を見た。

最高の人生の見つけ方

余命半年と告げられた残りの人生をどう生きるか、
テーマとしては重いはずなのに、
夢のような「やりたいことリスト」を
若者でも真似できない勢いで、どんどんやり遂げる
2人のやんちゃっぷりに、
見ていて楽しくなって、笑いがこみあげてくる。


私は今、最高の人生を生きているのかな。

私が、死ぬまでにやってみたいことは、何だろう。
日常生活の中で、
いつのまにか、忘れている夢、
いつかそのうちと、まだ手をつけていないことは
何だろう。

そして、それを全部やるとしたら。。。
想像するだけでも、わくわくしてくる。

大きな問いをもらった映画。
今年観た、ベスト1、2を競う映画かもしれない。

2008.11.21

夜中のヨーグルト

昨夜は、能登からの帰りも遅れの連続。

Yogurt日付が変わったころに
自宅に到着。
コンビニで見つけた、
その名も
「夜中のヨーグルト」で
ひと息ついて、
日帰り長距離出張の
疲れを癒す。

2008.11.20

能登日帰りは綱渡り

3回シリーズのIT経営革新塾最終日。
今日の会場の穴水町商工会は、
奥能登の中では一番便利なところで、初めての日帰り。

昨日からの冷え込みで、雪の心配をしていたら、
全然別のトラブルに巻き込まれた。
人身事故の影響で、電車が約1時間遅れていた。

ホームに上がると、1本前のサンダーバードが
発車するところだったので、とりあえず飛び乗る。
通路もデッキも通れないくらいの混雑。

これで、金沢まではたどり着けるけれど、
そこから先が問題。
乗り換える電車は、本数が極端に少ない。

ネットをつないで、祈るような思いで、
金沢からの電車や特急バスの時刻を調べる。
名古屋から来る「しらさぎ」にさえ間に合えば、
和倉温泉までは行けそう。

Snow先方とも何度か
連絡をとりながら、
なんとか、講座が
開催できそうな
メドがたつ。

写真は、敦賀付近の
雪景色。
焦っているわりに、
なぜかしっかりデジカメを取り出している私。。。


商工会の方に和倉温泉駅まで車で迎えに来て
いただいて、10分くらい遅れて会場に到着。
荷物を置いて、パソコンをセッティングしながら、
慌しく話し始めるという、綱渡りな最終回。

おつきあいいただいた奥能登のみなさま、
どうもありがとうございました。

2008.11.19

冬がきた

Poinsettia今年初めて、ストーブをつけた。
今年初めて、冬のコートを出した。
風邪予防に立体マスクをつけて、
足元はブーツでかためて。

それでも、家を出ると、思った。
マフラーと手袋も必要だったかな。

急に、冬がきた。
でもまだ11月。
先月末から遠方への移動が多いせいか、
60日くらい11月が続いている気がしてしまう。

明日は奥能登。
もっと寒い・・・よね?

2008.11.18

君を幸せにする会社

新事業開発のご支援をしている企業さまで、
「君を幸せにする会社」を題材にお話しした。


君を幸せにする会社 天野敦之著 日本実業出版社

リゾートホテルの後継者のクマ太郎が、
試行錯誤を重ねながら、大きな気づきを得ていく
読みやすい寓話形式のストーリー。

先週、能登から帰ってくる電車の中で、
一気に読み終えたあと、じわ~んと感動した。
業種は違うけれど、ご支援している企業さまで
使えそうだなぁと思うと、目がさえて、
夜遅いサンダーバードでパソコンを広げて、
一気にパワーポイントに落とし込んだ。

感謝、笑顔

ことばにするとシンプルだけど、
心の奥からあふれてくる感謝の気持ちは、
自分を動かし、
目の前の人に伝わり、
さらにそこから外の世界に広がっていく。

心に残り、行動したくなるビジネス書。
おすすめです。

2008.11.17

中小型

Donguri「中小型」
どう読みますか?

お客さまと事業について
電話で話していて、
「中小型○○」を、
「ちゅうしょうがた○○」と
読んで、笑われた。

「さすが、中小企業診断士ですね~」って。

確かにね~
大型、中型、小型・・・の、「ちゅう・こがた」よね。
意味を考えれば、納得。

ちょっと恥ずかしかったけど、
一瞬にして、その場の空気が軽くなって、
お話しが進んだから、OKかな(^o^)

2008.11.16

今日のごほうび

1泊2日の研修の2日め。
参加者のみなさんのご希望で予定を変更して、
途中でランチタイムをはさまずに、その分、
1時間繰り上げることにする。

ずっと同じ会場で過ごすより、早く開放されて
帰りにゆっくりランチしたかったのかな。

「組織の中で、自分を育て、人を育てる」の
タイトルを設定したとおり、
仲間の目標を真剣に聞いて、サポートして、
自身の明日からの行動を力強く宣言して、
2日間の日程を終える。

Cake私は、みなさんを
見送ったあと、
高速バスまで
たっぷり時間が
できたので、
ラウンジに戻って、
景色を眺めながら
ケーキセットで
ほっと一息。

2008.11.15

バーで研修

今日と明日は、
企業さまの女性社員研修で、淡路島のリゾート施設へ。

案内された研修会場は、なんとeye、バー。
会議室風にホワイトボードで仕切った向こうには、
お酒が並ぶカウンターや、ソファが並ぶ。

せっかくなので、
ペアワークはカウンターに並んで、
グループワークはカウンターの内と外にわかれて、
この珍しい環境を楽しむ。

遅い夕食をとって、22:30ごろに部屋に戻る。
Awaji1Awaji2

Landscape広~いお部屋で、
ゆっくりくつろぎ・・・たい
ところをぐっと抑えて、
今日の参加者のみなさまの
顔ぶれに合わせて、
明日の研修内容の見直しに
励みます!

2008.11.14

右と左

Alstroemeria門前町のIT経営革新塾を
17時に終えて、
大阪への帰路につく。

暗いところが苦手で、
日ごろから、
夜遅い外出を控えているせいか、
遅い時間の電車は、なんとなく緊張する。
まぶたが落ちそうなくらい眠いはずなのに、
なぜか眠れない。

23時過ぎに大阪駅に到着して、
朦朧として、キャリーバックを引きながら、
エスカレーターに一番先に乗っていると、
後から来た人におこられる。
左側に立っていたから。

大阪圏では、左側を空けて、右側に立つ。
それ以外は、右側を空けて、左側に立つ。
知っているし、慣れているのに、
一瞬、あれ? 今どこにいるんだっけ?と
混乱した。

最寄駅からはタクシーで、
自宅に着いたのは0:30ごろ。
ただいま~

2008.11.13

門前町でIT経営革新塾2日め

能登地区でIT経営革新塾2日め。
今日の会場は、輪島市門前町。

金沢から門前までは、北陸バスで2時間半。
車内では、大音量でラジオの演歌が流されて、
途中からは、麻生総理の演説が延々と流れた。
天井のスピーカーからの大音量は、騒音。
運転手さんにお願いしても、音を絞ってもらえず、
不機嫌な道中になる。

門前町商工会に着くと、商工会のみなさまも
参加者のみなさまも、あたたかくてほっとする。

Urushi門前町は、
震災の被害が大きかった地域。
建て替えられた、
新しい家屋や建物が目立つ。

輪島名産の漆を使った、
「うるしストラップ」をいただいた。
お坊さんのイラストがかわいい。

セミナーでは、サイトを見つけていただくための
ヒントをいくつかご紹介する。
長~いLANケーブルを事務所からつないで、
ネット環境を確保していただいたので、
参加者の方のサイトをその場でお聞きして、
題材として使わせていただいたり、
ブログ作成のデモンストレーションをお見せした。

  15時ごろから数時間、
  まこにっきにダミー記事があったのは、
  その名残です(笑)

来週は穴水町。最終回も楽しみです。

2008.11.12

クリスマスツリーに迎えられる

今日のお宿は、先週に引き続いて、ホテル金沢。
新しくてきれいなホテル。
ホテル金沢

Xmastreeこの季節にホテルに泊まると、
ロビーで、クリスマスツリーが
迎えてくれるのがうれしい。

青いLEDのイルミネーションも
華やかで美しいけれど、
私はどちらかといえば、
こんなあたたかい色合いの
光が好き。

2008.11.11

コーヒー値上げでブログがつながる

Coffee夕方、
お客さまにお会いするので、
差し入れに、
近くにあったマックで
コーヒーを2つテイクアウトした。

レジで、200円出して待っていたら、
「240円です。」って。

単品で買うときは100円にならないんだったっけ?
くらいに思っていたら、
同じタイミングで、
マイミクのゴミゼロさんの日記に、値上げの記事が。
11月4日から上がったらしい。

ゴミゼロさんは、私がとってもお世話になった元上司。
同じ日に、遠く離れたところで、同じ体験をして、
同じように日記に書いているのが、なんだかおもしろい。
久しぶりにお会いしておしゃべりしたような錯覚がして、
懐かしくなる。

2008.11.10

「Viva!Venture吹田2008」受付中

Kamome今年度も、吹田市と
吹田商工会議所が主催される、
「ビバ!ベンチャー吹田2008」の
ご案内をいただいた。

最優秀賞の助成金は100万円!
吹田にお住まいの方、お仕事をされている方、
ぜひチャレンジしてください。

 ☆応募資格:
   吹田市内の中小企業者、創業者、
   吹田市在住、在勤、在学の方

 ☆応募締切:2009年1月13日(火)必着

 ☆最終審査:2009年2月25日(水)

ご案内と応募用紙は、「吹田商工会議所」へ。

今回も少しお手伝いさせていただく予定。
吹田で起業したい&新事業をしたいみなさまに
お会いできるのを楽しみにしています

2008.11.09

隣の客は

昨日の帰り、名古屋から乗った新幹線で、
奥の席に、お菓子屋さんの大きな紙袋をさげた男性が
乗ってきた。

Marron席に座ると同時に、
その男性は紙袋から
ケーキの箱を取り出した。
中から登場したのは、
大きな大きな
マロンシュークリーム。

おなかがいっぱいになりそうな大きさなのに、
2~3口で、あっというまになくなった。

と、
次に、もう1つ取り出す。
今度は、フルーツたっぷりのロールケーキ。
1カットではなく、ハーフロール。

え?それも今食べるの?と思っているうちに、
その男性はパクパクたいらげた。

その後、さらに別のケーキが。。。

飲み物もとらずに。

あまりのインパクトに圧倒された。

でも私は、
おいしいケーキはきれいなお皿に移して、
温かい飲み物と一緒にゆっくり味わいたいな。

2008.11.08

豊田商工会議所で創業塾行脚完了

Toyotacci豊田商工会議所で
創業塾。
世界のトヨタの
お膝元だけあって、
商工会議所も、
お隣の
豊田産業文化センターも
とても立派な建物が
そびえ立つ。

思わず、駐車場に止まっている車のメーカーを
チェックしてしまう。

一緒にランチした商工会議所の女性職員さんに
街の様子をうかがうと、
文化事業に力を入れていて、
美術館が無料のところがあったり、
最新設備のプラネタリウムがあったり、
学校の施設がとても頑丈に建てられていたり
するらしい。

創業塾の参加者のみなさんは、
製造、技術開発の分野が多いのは予想通りで、
今年担当した他の地域と比べると、
飲食店の開業希望者が多いのが特徴的だった。

これで、堺~敦賀~阿南~豊田と、
今年の私の創業塾行脚は完了。

2008.11.06

能登地区でIT経営革新塾スタート

Beach金沢を朝9時に出て、
バスで能登町へ。

貸切状態のバスに
のんびり揺られながら、
美しい景色を楽しむ。
きれいな海、広い砂浜。

今日から3回にわたって、
能登地区の商工会で
「IT活用で売上アップ!ネット販促経営革新塾」と
銘打ったIT経営革新塾。
第1回めの今日の会場は、能登町商工会。

バスの都合で早く到着すると、
豪華なランチを用意してくださっていた。
先月末から出張がちで、コンビニ食が続く私には、
とってもありがたいおもてなし。
  ありがとうございます!
LunchMikoshi

お部屋の隅に、「あばれ神輿」の置物を発見した。
「神輿」は、私が参加したCTIジャパンの
コーアクティブ・リーダーシッププログラムの
チームの名前。
神輿の仲間たちと一緒にいるようで、心強い。

参加者のみなさまは、積極的に質問や発言を
してくださるので、楽しい。
今日は概論とネットビジネスの基本的なお話、
来週、再来週は、コミュニケーションや心理学を
織り込みながら、販売促進を一緒に考えます。

2008.11.05

Yes, we can!

Starオバマ大統領が誕生した。
力強い、
新しいリーダーの誕生。

日本にとってどうなのか、
私にはわからない。
初の黒人大統領。
世界が変わる歴史的瞬間。
この瞬間を、同じ時代に生きて、
共有できることがうれしい。

オバマ氏の演説は、人をひきつける。
Change!
Yes, we can!
ことばの強さ、リズム、表情、手振り。

期待。可能性。夢。勇気。リーダーシップ。

もう1つ、すばらしいなぁと思ったのは、
敗れたマケイン候補や、
政権交代されたブッシュ大統領が
すぐにオバマ氏に祝福のメッセージを贈ったこと。
潔くて、気持ちいい。

2008.11.04

1日2セッション

Marguerite同じ日に2回、
同じコーチのセッションを
受ける。
約6年のクライアント経験の
中でも、こんなことは初めて。

午前中のコーチングで、
私のエネルギーをあげてもらって、
心地いい感覚をたっぷり味わった。
このまま終われば、とっても気分よくすごせそう。

でも何か違う。
このままでは、単なる癒しで終わってしまう。
それは私は求めていない。

セッションで起こったことを振り返ってまとめつつ、
「で?」 という疑問が残る。

コーチは私が1人で掘り下げるための問いを
残してくれようとしたけれど、珍しく抵抗した。
「それをセッションで一緒にみてほしい」

それで、夕方、もう一度セッションしてもらう。
急なリクエストをOKしてくれた私のコーチ、
ありがとうございます。
心から感謝しています。

2008.11.03

コーアクティブ・コーチング体験会in大阪

Headset私がコーチングを学んだ
CTIジャパン
コーアクティブ・コーチング
体験会が
大阪で開かれます。

通常の基礎コースは2日半かけて行われますが、
体験会は2時間半のミニバージョンなので、
コーチングって何?
コーアクティブ・コーチングって何? という方に
ぜひおすすめです。

「人」に焦点を当て続け、
可能性を心から信じ切って関わることによって
どんなことが起こるのか、
ぜひご自身で体験してみてください。

 日時:2008年12月14日(日)13:00~15:30
 場所:ドーンセンター 4階大会議室
 料金:\4,000

詳しいご案内は、「こちらのチラシ」(PDFファイル)
お申込フォームは、「こちら」 です。
コーチングや、コーアクティブ・コーチングについて
ご質問などがあれば、ご遠慮なく
メール」でお問い合わせください。

2008.11.02

卒意

金曜日の「ワークプレイスラーニング2008」で
主催者の東京大学の中原淳准教授が
オープニングの趣旨説明で、
「卒意」という素敵なことばを教えてくださった。

Tea茶の湯の「おもてなし」の
精神をあらわすことば。

「用意」は、
 お客さまを迎える主催者が
 事前に行う準備。
「卒意」は、
 主客一体となって、場をつくりあげること。

茶の湯の「おもてなし」の精神が、
大人の学びの場をつくることに生きているのが
日本人として、うれしい。

研修やワークショップをつくるときの心構えに、
準備&卒意を大切にしたい。

  まずは、遅れつつある「準備」から(^^ゞ

2008.11.01

夢となかよく

11月1日 夢の日。
NPOハロードリーム実行委員会による、
「夢の日」設立イベントに参加した。

小学3年生のギタリスト宮沢佑門くんの夢、
ハロードリーム実行委員長 小巻亜矢さんの夢、
小田全宏さんの基調講演と美しいフルート演奏に、
感動と笑顔の波が、会場いっぱいに広がる。

そして、秋田稲美さんによるワークショップでは、
近くの席の方と夢を語りあう。

夢は 語るのも うれしい。
夢は 聞くのも うれしい。
そして、夢を語る人たちを眺めるのも うれしい。

本間正人さんのエンディングのご挨拶では、
来年の夢の日、今後の展開へと、さらに広がる。
確かな手ごたえがある夢。

Dreamハロードリーム憲章は、
「自分となかよく」で始まる。
  全文は、
  ハロードリームのサイト

今日参加した人たちが
自分と、自分の夢と、
周りの人と、周りの夢と、
どんどんどんどんなかよくなって、
世界中に、大きな夢が広がりますように。

私たちが心おきなく夢に浸れるように、
大勢のスタッフの方々が、イベントの成功のために
さりげなく、きめ細かく、動いてくださっていた。
夢をサポートしてくれる、文字通り、ドリームチーム。
どうもありがとうございました!

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ