最近のトラックバック

« 落語家に学ぶコミュニケーション術 | トップページ | 裁判員の報道に驚く »

2009.08.05

水と塩

梅雨明けとともに、これでもか!というくらい
一気に暑さがやってきた。
きつい陽ざしの元を数分歩くと汗が噴き出し、
涼しい建物や電車から一歩外に出た瞬間、
む~っとした湿った熱気に包まれる。


この季節の工場内は、もっと大変。

先日訪問した金属加工業の工場は、高温の炉があって、
クーラーをつけていても効き目がなく、
サウナの中にいるみたい。

直射日光があたらなくても、
湿度が高いと、熱中症になりやすいらしい。


Ice対策を尋ねると、
従業員用の休憩室に、
お水やスポーツドリンクと
塩分の多いお菓子を常備して
頻繁に摂るように勧めているらしい。

オフィスにありがちなタバコ部屋ならぬ、
水分と塩分の補給部屋かな。
最新のおやつにも詳しくなりそう(^^)


福利厚生とか従業員の環境整備というと、
設備や施設にばかり目がいきがちだけど、
こういう生活の知恵のような工夫は、
中小企業だからこそケアがゆきとどくこと
なのかもしれない。

« 落語家に学ぶコミュニケーション術 | トップページ | 裁判員の報道に驚く »

コメント

学生の時、神戸製鋼所に見学に行きました。
えーーと40年くらい前ね。
高炉のそばで作業員は塩の錠剤を持っていました。
ちなみに専門は冶金工学でした。

あの頃はポカリスエットは無かったなあ。

マオぢいさん、こんにちは。
塩の錠剤があるのですね。初めて知りました。
大手企業さんも、以前からちゃんと工夫されているのですねcoldsweats01
ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/45797262

この記事へのトラックバック一覧です: 水と塩:

« 落語家に学ぶコミュニケーション術 | トップページ | 裁判員の報道に驚く »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ