最近のトラックバック

« ご支援先の記事掲載 | トップページ | 2010年がやってきた »

2009.12.29

2009年に見た映画

2009年もたくさん映画を見た。
DVDで見た、数年前の作品も含めて、
特に印象に残ったベスト5は、

1.グラン・トリノ
 グラン・トリノ

  クリント・イーストウッドが演じる老人の
  生き方・佇まいが渋くてかっこいい。


2.西の魔女が死んだ
 西の魔女が死んだ

  関連記事:「西の魔女に学ぶ、自立した大人になるレッスン」(2009.04.12)


3.おくりびと
 おくりびと

  関連記事:「おくりびと」で考える仕事の意味(2009.03.23)


4.希望のちから
 希望のちから

  関連記事:「希望のちから」で感じた命の重み(2009.09.11)


5.ミリオンダラー・ベイビー
 ミリオンダラー・ベイビー

  チェンジリングと迷いつつ、こちらを選ぶ。
  どちらもクリント・イーストウッド。
  見ていた間よりも、終わってから
  ど~んと重い感覚を受け取った。
  

こうやってまとめてみると、
死、命、生き方をテーマとした作品に
心を打たれてることに気づく。
そしてどうやら、クリントイーストウッドの
世界が好きみたい。

« ご支援先の記事掲載 | トップページ | 2010年がやってきた »

コメント

ご無沙汰しています。

再就職の大きな壁にぶち当たっては、跳ね返されて・・・・・。
結果が出なかった1年です。
心気一転、今の会社に籍があるうちに決めたいと思っています。

さて、映画ですが、マコさんのイーストウッド評は、私もまったく同感です!
彼の監督した作品は、死、命、生き方について問う作品が多く、考えてしまいますが、心に残るいい作品ばかりですね。

グラン・トリノは、男の美学、幕引きの美学だと思います。
映画館で観終わったあと、しばらく席を立つことが出来ないくらいジーンと来ました。
ミリオンダラー・ベイビーも生命維持装置を取るということが、暴挙ではなく愛情だということが、泣けてきますね。

来年も感性を磨いて頑張りたいと思います。
来年もよろしくお願いしますm(__)m

ミリオンダラーベビー

だいぶ前にDVDで観ましたが、胃がずっしりと重くなりました。

「ミスティックリバー」もそうですが、イーストウッド作品は救いのないラストが多いですね。それも味わい深いのですが。

☆ぽこにゃんさん
 おひさしぶりです。
 いつも、たくさん見ていらっしゃいますよね。
 こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。
 すばらしい年になりますようにshineshine

☆アミーゴ
 ありがとう。
 ミスティックリバー、知らなかったので、今度DVDで探してみます。
 救いがないと言われたら確かにそうですね。
 終わった後も観客にいろいろ考えさせられるのは、すごいなぁと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/45487606

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年に見た映画:

« ご支援先の記事掲載 | トップページ | 2010年がやってきた »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ