最近のトラックバック

« ホテルのお部屋で温泉の誘惑 | トップページ | ワンセグが映らない »

2010.01.30

接続詞1つで意識が変わる

かなり前に読みかけたまま、忘れていた本を
発掘した。

「文章は接続詞で決まる」 

 「文章は接続詞で決まる」 石黒圭著 光文社新書


コーチングやNLPの学びを深めていくと、
なにげなく使うことばが、
大きな力を持っていることを実感する。

クライアントさんにあいづちを打つとき、
接続詞1つで、セッションの空気ががらっと
変わることも多い。

簡単な例でいうと、
クライアントさんにチャレンジを促したり、
違う視点を試していただきたくて、
 そうですね。「でも、・・・」
 そうですね。「では、・・・」

たったこれだけの違いでも、
クライアントさんの反応が全然違ってきて、
その後の決意や選択が変わってくる。


私は経験則と直感だけでとらえていたけれど、
この本では、接続詞を10種類に分類して、
体系立てて、文学書などの例文をあげて、
わかりやすく説明してくれる。


ある著名な方が、
「~というわけです。」「~ということになります。」
という言い回しを多用されるたびに、
なぜか私が引っかかりを感じていた理由も、
この本で明確になった。

作者は文末に使う「のだ」「わけだ」などを「のだ系」と称して、

 読み手が断片的または誤認識をしている。
 それを解消する情報を書き手が持っている。

 使いすぎると押しつけがましくなる。

 「わけだ」はうまく使うと説得力が高まるが、
 書き手の無理な解釈を押しつけられた
 気がする恐れがある

という。

だから、他人に勝手に決めつけられるのを
極端に嫌う私に、抵抗が生まれていたのね。


それがわかれば、
なんとなく敬遠していた彼女の著作も
抵抗なく読めそうな気がしてきた。
今度、手にとってみようかな。

接続詞の意味がわかっただけで、
私の意識がこんなふうに変わるなんて、
やっぱり、ことばの世界はおもしろい。

« ホテルのお部屋で温泉の誘惑 | トップページ | ワンセグが映らない »

コメント

そうそう!私もあるときから
「そうかもしれません+ね~」
と気をつけています
どうやらこの「ね~」
が重要なようですね~(^-^;

ちゃめろんさん、貴重なコメントありがとうございますscissors
「ね~」が重要なのですね。
私も見習います。
また情報交換しましょうね~(この「ね~」はちょっと違う?happy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/47198871

この記事へのトラックバック一覧です: 接続詞1つで意識が変わる:

« ホテルのお部屋で温泉の誘惑 | トップページ | ワンセグが映らない »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ