最近のトラックバック

« さくらスチーマーで春を味わう | トップページ | パワポに泣く »

2010.02.20

内側の曇りと外側の曇り

Glass短期間で大勢の人に関わるうちに、
なんとなく浮かんできた感覚を
ことばにしてみた。


人の心に曇りを見つけたとき、
内側から曇っているのか、
外側が曇っているのか、
それによって、効果的な関わり方が違う。

本人に気づいてもらって、
本来の輝きを取り戻す行動を起こしてもらうには、
そこを見極めて、ベストな関わり方を選ぶのが、
コーチや研修講師の力量なのかな。と思う。


内側から曇るのは、
自信をなくして、自分を小さく見ているとき。
考えすぎて、動けなくなって、曇っていく。

理想を描いて、足りないところ探しをして、
欠点を修正しようとして、魅力まで抑えてしまう。

外から声をかけて磨こうとしても、取り除けない。

そんなときは、サポート的に柔らかく関わって、
自分の魅力を思い出すきっかけを一緒に作って、
磨く力が自分にあることを思い出してもらう。
寄り添って、受容して、背中をそっと押す。


外側から曇るのは、
慢心やエゴ、過去の栄光などにおぼれるとき。
考えなさすぎて、停滞して、曇っていく。

過去の成功を表面的になぞって、
環境や役割の変化に気づかず、甘んじてしまう。
「こんなもんでしょ」って。

こんなときは、少し強めの刺激を与えて、
外側から揺さぶって、目を覚ましてもらう。
ときには、熱意と愛情を持って叱ることも必要。


どちらも、本人が成長の種に少し気づいたら、
一緒になって手放しでほめて喜ぶ。
そこは同じ。


このプロセスを、短時間でやり遂げるのが、
私が私に課したチャレンジ。
とりあえず、少しだけ言語化できた。

« さくらスチーマーで春を味わう | トップページ | パワポに泣く »

コメント

曇りは内と外にあるのですね。ということは、晴れもそうですかね。
とても参考になりました。

キッチンタイマーさん→このお名前で定着?(^^)
私は、ガラスなどがくもる→クリアになる、のイメージでしたが、
曇りcloud→晴れsunのお天気も、言えますね。
外からも内側も、どちらも呼応しないときれいに映らない気がします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/47553128

この記事へのトラックバック一覧です: 内側の曇りと外側の曇り:

« さくらスチーマーで春を味わう | トップページ | パワポに泣く »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ