最近のトラックバック

« 就活で人生を学ぶ光景 | トップページ | 新人研修の打ち合わせ »

2010.03.30

花束で窓口卒業

2006年からお世話になってきた堺商工会議所の
経営相談窓口のお仕事を今日で終えた。

昨年の事業仕分けで地域力連携拠点事業が
廃止された影響で、相談窓口がなくなる。

堺は私が生まれ育った地域なので、
ふるさとの企業が元気になる一端を担えればと
願いが強いだけに、今回の終了はとてもさびしい。


誰でも気軽に来れる無料相談窓口だからこそ
聴けるお悩みがたくさんあった。
名目上(?)、売上や営業のご相談や質問で
始まった会話が一段落すると、
実は・・・と、本音が始まることが多かった。

一見、ちょっとしたお悩みに聞こえるようなこと。
でもそれは、本当は一番誰かに聴いてほしいこと。

社内の人や身内には相談できないし、
わざわざそれで専門家を訪ねるほどでもないし、
そんな思いが、相談のついでという形で語られる。


人が好きで、人に関わることが好きな私には、
こういうお話を聴くのはかけがえのない時間。

聴きながら、気持ちが変わる視点を見つけたり、
やってみたくなる小さな一歩を見つけたりすると、
相手の方の表情や声が、がらっと変わる。

そんな様子を見ると、とても幸せな気持ちになる。


課題そのものを1つ1つ解決することよりも、
課題を解決できる力を自分の中に取り戻す。
私はたぶん、そんな試みをしてきた。

開業率、売上高などの指標で測れない世界。
強いて言えば、笑顔度、晴れやか度とか、そんな世界。

そんな場を私に与えてくれた支援機関と、
時には苦しい試練に真摯に向き合ってくれた
大勢の相談者のみなさま、
今までありがとうございました。


Flowerそしてなんと、
長く窓口を利用してくださった
アパレル店の経営者さんが、
花束を持って最後の相談に
訪れてくださった。

思いがけないサプライズに
感激!
ありがとうございました!

« 就活で人生を学ぶ光景 | トップページ | 新人研修の打ち合わせ »

コメント

お疲れ様でした。

相談にやってくる社長さんの中に実は答えがあって、お話を聴いているうちに、答えを見つけられていく。というお話を以前マイドームでお伺いしたことを思い出しました。

マイドームといい、今回の地域力といい、費用対効果の支店だけで公的な相談窓口が少なくなっていくのはツライですね。

まこさんが、元気のきっかけを与えた、地域と地域の企業さんが、もっと元気になりますように。happy01

長い間、お疲れ様でした。
花束をいただけるのは嬉しいですね。
LONGさんもおっしゃる通り、相談窓口が費用対効果で削られていくのは私も残念でなりません。企業にとっては、町の保健所で健康診斷を受けるのと同じ役割が窓口だと思うのですが・・・
また、新たな場でのご活躍を期待しています。

お疲れ様でした。
相談者の方から花束。素敵なことです。
信頼されてきたまこさんならでは。

「晴れやか度」、私もこれから心がけていきます。
そうなんですよね、売上げは結果としてついてくるものですものね。

☆LONGさん
 ありがとうございます。
 創業支援や中小企業支援は、年度単位や四半期単位で劇的な効果が出るものではないので、理解していただくのが難しいですね。
 また新たな形でがんばります。

☆きたぐちゆきこさん
 ありがとうございます。
 そうですね。
 支援機関の窓口は、診療所や学校の保健室みたいに、本当に重病になったら来れないところだと思います。
 そういう役割は、行政だからこそできると思うのですが。

☆miki_rengeさん
 ありがとうございます。
 ご相談者からお花をいただくのは初めてで、感激しました。
 気持ちよい接客でファンが多い彼女ならではの心配りを感じて、うれしかったです。

お疲れ様でした!
お花をいただくなんて、本当に素晴らしいですね。
まこさんが本当に相談者の方々の支えとなってこられたことが伝わってきます。
私も窓口にいますが、まだまだです。
まこさんの姿勢を見習って、少しでもお役に立つ相談ができるように頑張ります。

catface本当に素敵な時間を与えて、そしていただいていたのですね
お疲れ様でした

お疲れ様でした。
そして、お世話になりました。

あっ、もちろん、これからも引き続き違った形でお付き合いをお願いいたします!

今日も創業塾でいっしょだった方の開店したばかりの喫茶店に行ってきました。まだまだ、お世話になりますよ(笑)

費用対効果だけで考えるなら、公共機関の存在意義は無いと思うのですけど。何か変だと思うのは私だけではないようですね。

将来、窓口が再開されることを願っています。
 

☆chisakoさん
 顔を見せてくださるだけでうれしいのに、お花もいただいて、本当に感激しました。
 また何らかの形で地元のお店や企業さまとおつきあいできたらいいなぁと思います。

☆ちゃめろんさん
 いただいたほうがはるかに大きいと思います。
 一緒に考えたり、調べたり、たくさん学びながら育てていただきました。

☆Kさん
 相談は経験豊かな職員さんがばっちり対応されると思いますが、あの規模なので、これ以上お忙しくなるのが気の毒ですね。
 Cafe、もう行かれたのですね。私も来週あたりにのぞきに行きます。
 こちらこそ、これからも末長くおつきあいくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/47885826

この記事へのトラックバック一覧です: 花束で窓口卒業:

« 就活で人生を学ぶ光景 | トップページ | 新人研修の打ち合わせ »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ