最近のトラックバック

« ランチでエールをもらう | トップページ | ルノ。 »

2010.05.26

あなたは愛する人に守られたいですか?

Nadeshiko_2あなたは愛する人に
「守られたい」ですか?


この素敵な問いは、
ほぼ日刊イトイ新聞の
人気コンテンツ、
「おとなの小論文教室。」の
「Lesson492 守ってあげたい」で
山田ズーニーさんが発せられたもの。

私は瞬間的に「No」と答えてしまう、
かわいくないヒトですが、
そうじゃない女性も、
「守りたい」と答えてしまう男性や親御さんも、
ぜひ、本文をどうぞ。

  「おとなの小論文教室。 」

同じことを言いたくても、
山田ズーニーさんの文章で読むと、すごく説得力がある。
シンプルだけど、とても深い内容。


守るにもいろいろあって、
見守る、応援する、などのニュアンスなら、
むしろこちらからリクエストしたくなる。

でも、私の経験では、
「守ってあげる」と言われるときは、
「何もしなくていいよ」「何も考えなくていいよ」
という意味合いで、
成長の機会や行動の自由を損なうものだった。

もちろん、相手の方の好意や善意はわかる。
というより、むしろ、だからこそ余計に苦しい。

「あなたのためだから」と言って、
人のケーキを食べようとするCMみたいに。
  個人的にはあのCM、大好きです(^^)


人が、自分で決めて、自分で行動したいと思うのは、
本能だと思う。
ときに(私の場合は頻繁に)、くじけそうになり、
弱気になることもある。
そんなときは、代わりにやってもらうのではなく、
叱咤激励してもらって、また、やりたい気持ちを
思い出すことができると、幸せ。

コーチやコンサルタントという、
個人や組織の能力や可能性を引き出す仕事を
しているからかもしれないけれど、
基本的には、人間が持つ本質的な欲求だと思う。

最初は、「答えを教えてください」と言っていた方が
自分の内側から、考えや意欲が出てきたときに、
びっくりするくらい輝く瞬間をたくさん見てきたから。


えっと、私の場合、100%依存したいのは、
虫さんが出てきたとき。
そこは、私の成長とか、殺生についてとか、
一切問わずに、全面的に助けてください(笑)

« ランチでエールをもらう | トップページ | ルノ。 »

コメント

はじめまして。船場勉強会に参加させて頂いている2次受験者です。

私も先生のように相手の意思を尊重し、成長の機会や行動の自由を大切に出来る診断士を目指します。

midnightさん、はじめまして。
船場勉強会の方なのですね。
診断士として一緒に活動できるのを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/48462344

この記事へのトラックバック一覧です: あなたは愛する人に守られたいですか?:

« ランチでエールをもらう | トップページ | ルノ。 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ