最近のトラックバック

« 「吉越式会議」に身をひきしめる | トップページ | 野菜のトマト »

2010.07.21

電車の中でお化粧する人

電車の中でお化粧する人。

いまどき、そんな場面を見ても驚くことはないと
思っていたけれど、
今朝は思わず、じっと見てしまった。

なぜなら、それが、男性だったから。


20代半ばくらいの男性が、
乗り込むなり、ドアの横に大きなバッグを置いて、
いきなりその場に座り込んだ。
バッグの上に、大きな鏡を上向きに置いた。

え? 何するの?

周りの人も一斉に注目した。
それなりに混雑した車両。
覗く人なら、こんなに堂々と鏡を置かないし。


バッグから次々と小さな袋を出して、床に直置きして、
中身を取り出していく。
バッグの上に置いた鏡を覗き込みながら、
日焼け止めを手にとって、顔に塗って、
髪の先を少しつまんで逆立てながら、
ワックスをつけていく。


途中の駅でドアが開くたびに、
乗ってくるお客さんがびっくりした顔で彼を見る。
彼は全くおかまいなし。

きっとみんな、いろんなことを思っていたはず。
男性が?
へ~、こんな時代に・・・ などなど


最後まで見届けたかったけれど、
残念ながら私が降りる駅に着いてしまった。
他にも道具をたくさん持っていたみたいだし、
あの後、彼は、他にどんなことをしたのだろう。

« 「吉越式会議」に身をひきしめる | トップページ | 野菜のトマト »

コメント

こんにちは!oratakiです。
最近では男性も車内で化粧するんですね。性別の問題ではなく世代の問題なのでしょう。私には理解できませんが、永遠の20代まこさんなら理解できるのでは?(笑

阪急京都線で朝の天下茶屋行きの準急内で、化粧というほどではないけれども、顔にパック剤を塗って、念入りに吸い取っている年齢30歳前の吉本新喜劇の辻本茂雄似の男性がいます。

長岡天神から乗車したときにお隣に座っていましたが、長岡から茨木市くらいまでは、手鏡を持って顔のパック。
その後、天六くらいまではパンと牛乳でお食事。
北浜で何もなかったような顔をして下車してゆきます。

最初、パックを見た時に、目が点になりました。
その後食事・・・・・・・・・。
空いた口が塞がらなくなりました。
彼にとっては電車は家と同じ、準備する空間なんでしょう。
周りがどんな目でみても、関係なし・・・・・・・。

ちょっと考えてしまいました。

まこさんがご覧になった彼は、私が見た人より、ちょっと凄めではありますが、同類項ではないでしょうか?

行動を見て、あまり良いように取れないのは年のせいでしょうか?

oratakiさん
私が就活していたころ、営業職の大学の先輩がカフェのテーブルで日焼け止めクリームを塗ったときにびっくりしたのが、初めてかなぁ。
不思議な世の中ですね。

ぽこにゃんさん
パックですか???
それは女性でも見たことないかも。衝撃的ですね。
というか、私は一応女性ですが(笑)、家でもパックしないので、負けてますね~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/48756101

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中でお化粧する人:

« 「吉越式会議」に身をひきしめる | トップページ | 野菜のトマト »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ