最近のトラックバック

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.30

充実のコーチング研修に大感謝

Kochi高知県森林組合
連合会さま主催で、
コーチング研修を
行った。

経営研修の試みが
始まったばかりで、
参加型の演習形式は
初めてとうかがったので、
具体例やエピソードを多めに話して、
コーチングのマインドになじんでいただきやすい
ように工夫したつもり。

熱心にうなずいたりメモをとったりしながら
聴いてくださって、とても話しやすい。
演習にも積極的に取り組んでくださって、
一気に会場が活気づく。

感想や発言もたくさん飛び交う。


目標に対する取り組みを扱った演習では、
多くのペアが、具体的な行動宣言にこぎつけ、
中には、お互いにスケジュール帳を取り出して
予定を書き込んでいるところもある。

コーチングマインドや職場での応用が中心で、
細かいコーチングのスキルはほとんどお伝え
していないのに、
見事にやりきってしまうみなさまの力に
見ている私のほうが驚き、とても感動した。


休憩時間にも楽しく話しかけていただいて、
事務局の方も参加者のみなさまも、
とてもあたたかい。

独立7年めの最後の日を、こんなに充実した
研修で締めくくることができて幸せ。heart02

2010.09.29

5年間の空白が感謝で埋まる

明日の研修のために、夕方高知に入る。
お客さまとお顔合わせと打合せを終えたあとは、
高知在住のお友達とごはん。

お友達といっても、顔を合わせるのは2回めで、
ちゃんとお話しするのは初めて。

なぜなら彼女は、5~6年前にある企業さまで
私のコーチング研修を受講された方。
その時は個人的に何か話したわけではなく、
それきりで終わるのが通常のパターン。

なので、たった2日間の企業研修を受けた方と
何年もたってからおつきあいできるなんて、
私にとって、奇跡のような喜び。


Dinner1数年前にmixiで
私を見つけてくれて、
メールやtwitterでも
交流が生まれた。

今回の出張が決まって、
どうしても会いたくて、
初めてのごはんが
実現した。

実際にお会いすると、
お顔に見覚えがある(笑)


Dinner2彼女が選んでくれた
かわいらしいお店で
おいしいごはんに
舌鼓を打ちながら、
旧知の友人どうしの
ようにたくさん話す。

いろいろ話すうちに、
当時の研修で
私が話したことや、演習を思い出してくれたり、
私も、当時のみなさまのことを思い出して、
5~6年の空白が一気に埋まる。


うまくことばにならないけれど、
独立後初めてのお仕事だったその企業さまと
こうやってつきあい続けてくれる彼女と
今回招いてくださった明日のお仕事先と
こうしたご縁をつなげてくださったみなさまと、
大勢のみなさまのことが思い出されて、
感謝の気持ちが溢れて止まらない。


明日は、私が会社勤めを卒業して丸7周年。
この満たされた気持ちで、研修してきます。

2010.09.28

初体験のすき家で感動の職場を見る

人生で初めて、すき家に行った。
旧知の友人とお仕事先に向かうとき、
「お昼、すき家に連れてって!」とリクエストした。

Nikkeiお肉も牛丼もそれほど
好きではない私が
行きたくなったのは、
9月20日号の
日経ビジネスが
ゼンショー特集で、
そのオペレーションを
実際に自分で見て、
体験してみたく
なったから。


Sukiya1広い店内は、入口に少し
カウンター席があって、
あとはテーブル席。
案内された席からは、
ついたての奥の
厨房の様子は見えない。

なので、フロアスタッフの
動きを観察した。


厨房は見えた範囲ではおそらく男性1人。
フロアスタッフは女性3人。

駐車場にお客さまの姿が見えると、スタッフが
プラスチックのコップに氷を入れ、お水を注ぐ。
お客さまが入ると、「いらっしゃいませ」と誘導し、
お水を置く。
来店と案内とお水を置くのがほぼ同時。

コップが大きくてお水も並々と入っているので、
大半のお客さまはおかわりする必要がない。
おかわりのために店内を往復したり、
テーブルにポットを用意しなくてもいい工夫かな。

オーダーを確認して入力を終えると同時に、
作業スペースに向かって速足で歩きながら、
厨房にオーダーを伝える。


お客さまが立ち上がると、同時に2人が動き出す。
1人がお皿を下げに行き、もう1人がレジに立つ。
絵に描いたような動き。

下げたコップやお皿も、1人でスムーズに作業
できるように、かごが見事に配置されている。
コップの補充も、厨房から持ってきたかごから
スムーズにあっという間に並べられる。


日経ビジネスに「ヒト生産性で極限に挑む」と
書かれていたように、
あらゆる作業が、とっても機械的で効率的に
設計されている。

記事を読んだとき、そこまで画一的にすると、
かえってモチベーションが下がらないのか、
人間関係がぎすぎすしないのか、と思って
「人」に興味がある私は、そこが見たかった。


私が入ったお店は、そこもすばらしかった。
リーダー格の年配の女性が、
「○○さん、ありがとう」「~してくれてありがとう」と
自分が店内で一番機敏に動きながら、
同時に常にスタッフの動きを見ていて、
スタッフが動くたびに「ありがとう」のことばを
優しい口調でかけていらっしゃる。
この忙しさでそこまでできるなんて、すばらしすぎる。
そのおかげで、スタッフの方々の表情も穏やか。


Sukiya2メニューも迷うくらい
たくさんあって、
びっくりした。

私が食べたのは、
セロリ牛丼。
セロリがたっぷり
のっていて、
おいしかった。


初めてのすき家体験は、大満足でした。

2010.09.26

2桁の憂鬱から人生の目標へ

先日知り合った方から聴いたお話。

10歳のお誕生日を迎えたお嬢さんが、
しみじみとこうおっしゃったとか。
「あーあ、2桁の歳になったわ。」と。


きっと、10歳のレディには切実な思い。

でも、このエピソードを聴いて、
一緒にいた大人たちは、思わず大笑いした。
あまりにも、かわいらしくて。


確かに、もう少し大きなお年ごろになると、
10の位が変わるときは、「大台に乗る」と
ちょっとブルーな気分になる。

そう思えば、1桁から2桁に移行する10歳が、
一番、大台に乗った感があるのかも。


私がコーチングを学び始めたころ、
とても活き活きと輝いている先輩が、
「20代より30代のほうが絶対楽しいよ」と言うと、
さらにもう少し人生の先輩が、
「40代のほうがもっと楽しいのよ」とおっしゃって、
一気にその場が華やいだ場面を思い出した。

そのときは、私はあまりピンとこなくて、
私は若い方がいいわ、と内心思っていたけれど、
今なら、それがとってもよくわかる。


大人になればなるほど、
80歳になっても、90歳になっても、
人生、どんどん楽しくなるよ、と言えるような
そんな大人が増えるといいな。

私も将来、50歳くらい年下の女の子virgoに、
今が一番楽しいの。と心から笑顔で言える
そんな人生を歩もうと、大きな目標ができた。

2010.09.25

5日間のありがとう

5週にわたって実施してきた堺商工会議所創業塾も
いよいよ最終日。
午後は、練り上げてきたビジネスプランの発表会。

創業間近の方も、アイデア探し中の方も、
現時点での思いのたけをマイク一本で語ったり、
時間をかけて資料を作成してビジョンを語ったり、
講師をいじりながら寸劇風に表現されたり、
聴衆を見事にひきつける。

感想を聴くと、ほぼ全員が決まり文句のように
「緊張した~」とおっしゃるけれど、
やりとげた充実感があふれている。


参加者のみなさんの想いに改めてふれて、
5週間のがんばりと成長ぶりを目の当たりにして、
感動する瞬間。

来週からも会いたい~
もっともっとつながりたい~と思いながら、
1つの役割を終える。


Tenten1創業塾の総仕上げは、
打ち上げ。

講師も含めて27名が
参加した、にぎやかな
集まりの会場は、
今回の参加者の方が
働いていらっしゃる
居酒屋「てんてん」

居心地のいい空間を提供していただいて、
5日間でしっかりつながった仲間たちの話は
尽きることなく、あっというまに時間が過ぎる。


Tenten2お店を出ると、
てんてん名物の
「ありがとう」のお見送り。

社長自ら大きな旗を掲げて、
名残惜しくてなかなか
立ち去れない私たちを
長時間笑顔で見送って
いただいた。


毎年、堺の創業塾を終えると、私の夏が終わる。
帰りに見上げた空には、まん丸の大きな月。
私たちのこれからを照らしてくれているような
まぶしくて力強い光をたっぷり浴びる。


見えない所でも細やかに全力でサポートして
くださった事務局のお2人、
本当に真剣に参加してくださったみなさま、
一緒に楽しく講座を作っていただいた安田先生、
5日間、本当にありがとうございました。

そしてそして、これからもずっと、さらにもっと、
よいおつきあいをよろしくお願いします。

2010.09.24

スマイルファクトリーで笑顔が咲く

大阪府池田市立「山の家」で開催された、
NPO法人ハロードリーム実行委員会の
「笑顔のコーチング」に参加した。

Yamanoieここは、池田市から委託を受けて、
NPOトイボックス
/スマイルファクトリーが運営する
既存の教育のワクにおさまり
きらない子どもたちのための
新しい「がっこう」。
  スマイルファクトリー
  http://www.smilefactory.jp/

「山の家」の名前どおり、
自然に囲まれていて、
遠くまで見渡せる絶景の場所。


「笑顔のコーチング」をファシリテートされる
本間正人さんに同行させていただいた理由は、
スマイルファクトリー代表で校長先生をされている
白井智子さんにお会いしたかったから。


少し早く着いたので、
白井さんのお話を聴かせていただくと、
のっけからいきなり、
想像もできないような、信じられないエピソードが
次々飛び出す。

出会って1~2分で、白井さんの魅力におちた。


あんなこともこんなことも全部書きたいけれど、
それは、11月3日のお楽しみに。

白井智子さんは、
11月3日(祝)の「夢の日大阪」で、
パネルディスカッションに登場されます。


ここで終わるとイベント宣伝だけになるので、
「がっこう」の様子を少しご紹介します。


笑顔のコーチングのプログラムを始める前に、
スマイルファクトリーの子どもたちの帰りの会を
見学させていただいた。

それは、とってもとっても素敵な会。


先生も子どもたちも一緒になって座って、
誰からともなく、手を挙げて発言する。

「今日は、みんなに体調を気遣ってもらいました」

「Aちゃんに、アメをもらいました」
  「あ、私も」「私も」「私ももらった」・・・

「BちゃんとCちゃんと話して楽しかったです」

「DちゃんとEちゃんが○○を手伝ってくれた」
  「Fちゃんもやったよ」

「高校生たちがテストをがんばりました」

「Gちゃんが、算数がんばってました」

などなど。


黒板が、感謝した人、感謝された人の名前で
いっぱいになっていく。
発言した人も、感謝された人も、
みんな笑顔になっていく。
はにかんだ笑顔、得意そうな笑顔・・・


「今日のMVP」と名づけられている活動。
すばらしい場面を目の前で見せていただいて、
ことばにならない感動にひたった。

どの学校でも、会社でも、家庭でも、
毎日こんなふうに1日を終えられたら、
どんなに素敵な世の中になるでしょう。


そのあとの笑顔のコーチングの時間には、
今度は逆に、何名かの子どもたちが見学に来て、
しばらく笑い転げて、帰っていった。


NPOトイボックス/スマイルファクトリーのみなさま、
参加して下さったスタッフや保護者のみなさま、
すばらしすぎる時間をありがとうございました!

2010.09.23

いつものケーキ屋さん

3年前に堺商工会議所の創業塾に参加されて、
2年半前にオープンされた「トト洋菓子店」に
1年ぶりにケーキを買いに行った。
  関連記事:「本日オープンのケーキ屋さん」(2008.04.17)

毎年この時期に、
その年の創業塾の参加者のみなさんに
先輩創業者のご活躍ぶりを伝えるためと、
9月末の私の独立記念を自宅で祝うための
ケーキを買いに、訪問する。


今年も、さわやかな笑顔で迎えてくださった。
私が到着したときも、帰る時も、
常連らしいお客さまがいらっしゃって、
なかなかお忙しそう。
特にお子さんが来られると、
優しい店長の表情が、ますます優しくなる。

その合間に、がんばっていらっしゃる近況と、
これから叶えたい大きな夢と、
後に続く創業者への応援の気持ちを語ってくれる。

Cake選んだケーキは、これ。
今年の新作で、
ワッフルコーンのカップに
フルーツたっぷりの
豪華なケーキ。

あっさりしていて
食べ応えもあって、
おいしさに大満足。


次々と新作を考えられて、
いつどれを買って帰ってもおいしい。
おつかいものにもおすすめの、
堺の自慢のケーキ屋さんです。

2010.09.22

【募集開始】夢の日大阪

11月1日は夢の日。

10月29日~11月7日を「夢の日ウィーク」として、
「夢を伝える」をテーマに、
全国でイベントが行われます。


大阪は、11月3日(祝) 

NPOハロードリーム実行委員会理事の
本間正人さんをお招きして、
「夢を育む新しい教育」のパネルディスカッションと
「夢のワークショップ」を行います。

  詳しいご案内とお申込は、「こちら」から。


夢を毎日語っているあなたも、
夢なんて最近語ってないなぁというあなたも、
人の夢を聞くって楽しそうだなと思ったあなたも、
新しい夢を何か見つけたいあなたも、
夢を語る人たちが大勢集まる場を見たいあなたも、

ご家族、お友達をお誘いの上、ぜひご参加ください。


日時:11月3日(祝)13:30~16:30(13:00開場)
場所:御堂会館南5階ホール
     大阪市中央区久太郎町4-1-11
     最寄駅:地下鉄御堂筋線・中央線「本町」
参加費:2000円(税込)
      当日受付にてお支払いください。


☆内容☆
 第一部:パネルディスカッション「夢を育む新しい教育」
  パネリスト:
   白井智子氏(NPOトイボックス代表理事/スマイルファクトリー担当)
   西野毅朗氏(プレゼントオフィス代表)
   杉本哲史氏(学び合い教室Freed代表)
  コーディネーター:本間正人(NPOハロードリーム実行委員会理事)

 第二部:「夢のワークショップ」 講師:本間正人
  あなたは子どもの頃「何になりたい」と夢見ていましたか?
  意識を過去・現在・未来に拡げ、楽しい参加型のワークを通じて
  今、想い描いている夢を実現する一歩を踏み出しましょう!
  ・子どもの頃の夢を語る
  ・あなたの今の夢は何ですか?
  ・夢が実現している状況をイメージしてみましょう
  *主に二人組のペアワーク中心に進行していきます。


  詳しいご案内とお申込は、「こちら」から。

2010.09.21

伝えたい3本柱

久しぶりに、コーチングそのものを伝える研修を
担当する。

コミュニケーション研修として統合していたり、
マネジメントやリーダーシップ、モチベーションなどの
研修の中に取り入れるなどの形では
毎月のようにどこかで語り、実践しているけれど、
「コーチングとは」を伝えるのは久しぶり。


どういう構成でお伝えしようかと迷うこと数日、
短い持ち時間で伝えたい3本柱が立った。

心のつながりをつくる話の聴き方
気持ちよく結果を出してもらえる質問パワー
ついていきたい!上司のほめ方・叱り方

とキーワードで書くと、変わり映えしないかな。


要は、参加者のみなさまに、
コーチングのマインドは、現場で使える、
知ってよかった~と思ってもらって、
実際にどんどん役立ててほしいの。

決して、単にうなずいて話を聴けばいいだけとか
WhatやHowで始まる質問をすればいいだけとか
何でもかんでもほめたらいいんでしょとか
そんな表面的なスキルだと思われてしまったら、
現場では使えないし、使いたくないし、
マネジャーさんたちの苦痛が増えるだけ。


10年間コーチをしてきて、
今だから伝えたいこと、伝えられることを
研ぎ澄ましてみると、
出てきたものはとてもシンプル。


研修の翌日、参加者のみなさまが、
職場で、朝礼はこんなふうにしようとか、
あの部下にはこんなふうにはなしてみようとか
1人1人の話を聴いてみたくなったとか、
1つでも行動につながることを、心から願って。


レジュメ(らしきもの)はまとまったので、
どう伝えるか、何をどこに仕掛けるか、
遊び心満載モードで、ぎりぎりまで企みます。

2010.09.19

アイアンはどこですか

Book「アイアン ハ ドコデスカ?」

ある駅の改札を出たところで、
外国人男性2人に、
流暢な日本語で聞かれた。


「アイアン?」
彼らの持っていた地図を
のぞきこんだ。

指差されたところには、
「AEON」の文字とロゴマークがあった。

あぁ、イオン!

英語では、アイアンと発音するの?


彼らの行先はその近くの建物らしく、
地図に○印がつけられていた。
ようやく質問が理解できて、地図を見ながら
説明できた。(もちろん日本語で)

無事にたどりつけたかな。

2010.09.18

熱意と準備

Azami堺商工会議所の創業塾も、
はや4日め。

今日の講義で
印象深かったフレーズは、
「熱意と準備」。


一緒にメイン講師を務める安田さんも、私も、
思わずメモをとる。

私たち2人の講義でないということは、
これはどなたの発言でしょう?


「熱意と準備が大切です。」と語られたのは、
創業資金の調達について講義をしてくださった
国民生活金融公庫堺支店の融資課長さん。

このコメントを聴いて、とてもうれしくなった。
1つは、
金融機関=カタイという勝手な思い込みが
あったので、
そこに熱意が通じるというよろこび。

もう1つは、
その直後に私が担当する講義の
「創業者のためのプレゼンテーション」でも
ポイントは「アツイ想いと練習です」と伝えたかったから。


単純な私は、これだけでファンになる。
だからといって、私が借りるわけではないし、
貸してもらえないと思うけど(笑)


連休初日の午後に、たぶんボランティアで
講義していただいた公庫の課長さんに大感謝。

2010.09.16

自分の芝生を青くする

Grassお世話になっている
女性診断士の先輩が
主催された
女性経営者のための
セミナーで、
株式会社ナヴィ・コムの
林社長の講演を聴いた。

総合企画制作会社を経営されて19期、
関西の名だたる商業施設のプロモーションを
たくさん手がけていらっしゃる。


林社長は、素敵な笑顔で、ご自身のご経歴を
オープンに語られる。
さまざまな試練を乗り越えてこられたからこその
強さと自信、そしてしなやかさに魅了されて、
身を乗り出すように聴き入った。

私たちに問いかけられたり、質問が出たりすると、
その答えを聴くまなざしが、とてもあたたかい。
若手クリエイターには娘を見守るかのように、
大人な事業主には敬意とエールを送りながら。

そして、一瞬で人の心をつかむ広告の世界で
長年ご活躍されているせいか、
ことばの選び方が絶妙で、心にしみいる。


その中でも、私が一番ズシンと響いたのは、
「自分の芝生を青くするのは自分」


リーダーシップ、
マネジメント、
自分の心の保ち方、
すべてに通ずることばとして、
大切に反芻して、心にとめておきたい。


  素敵な会を企画してくださったみちよさん、
  どうもありがとうございました。

2010.09.15

100冊

今年の目標の1つは、ゆっくり本を読むこと。
それが、100冊めになった。

100冊全部ゆっくり味わったのではなく、
どっぷりと世界に浸った小説やエッセイもあれば、
とくにビジネス書は、さらっと流したものも多い。


100冊めは、湊かなえさんの「Nのために」

Nのために」 湊かなえ 東京創元社


昨年、「告白」に衝撃を受けて、
  関連記事:湊かなえ「告白」(2009.03.03)
「少女」「贖罪」と読み漁った。


湊かなえさんの作風は、1つの事件を
複数の登場人物が独白し、
全体像を少しずつ浮き彫りにしていく。
「Nのために」もそのパターン。

最初に読んだ「告白」ほどの鮮烈な印象は
薄れてきたけれど、それでもやはり、
知らず知らずのうちにひきこまれる。

「Nのために」は、1人が一気に語るのではなく、
少しずつ何度かにわたって語るので、
途中で何度か、これは誰だっけ?と少し混乱した。

一番驚いたのは、女性と思って読み進めていた
キーパーソンの1人が男性だったこと。
これも後半まで読むと、意味のある設定だった。


最初に読んだ「告白」が、
一番人間心理をついていて、
おそろしいけれど理解できる。そんな気がする。

少し間をあけてから、
最新刊の「夜行観覧車」も読んでみようかな。

2010.09.14

1日違い

時間調整に、数ヶ月ぶりにミスドに入る。
レジで「ポイントカードお持ちですか?」と聞かれ、
そうそう、持ってたわ、と出すと、
「有効期限が切れてるので更新しますね。」と
言われる。

よく見ると、有効期限は昨日まで!
え~~~

全然気がついていなかったのに、
意識してためていたわけでもないのに、
1日違いと知ってしまうと、
急にものすごくもったいないことをした気になる。


一時期よく訪問していた企業さまの最寄駅で
時間調整に利用していたので、
いつのまにか300pt以上たまっていた。
それが、たった1日で30ptに。

1日前に来ていたら、
ピングーのトートバックか
ドーナツのストラップがもらえてたのに~


1日だから気になる。
1週間ずれていたら、気にならなかったかも。
ANAマイレージはもっと大量のポイントを無駄に
してしまったけれど、全然気にならなかったし。

レジで、同じ月内はおまけしてくれるとか、
その場で数十円割り引いてくれるとか、
何かそんなサービスがあったら、
大ファンになったかも。

2010.09.13

今できること

Rindo今できることは何ですか?

私がここしばらく
持ち続けている問い。

今月は自宅作業が多いので、
効率よく作業を進めて、
今後につながる企画を練る時間を創るために。


来月、かなり構成を練る必要がある研修などを
いくつか控えていて、
考える時間とレジュメを作成する時間を
しっかり確保するために、
手帳に「○○資料作成」などと書きこんだ。

それなのに、つい、
ランチ、お茶・・・と進んで出かけたり、
自宅にいるときも、ネットを長時間見ていたり、
本の世界にどっぷりはまりこんだり、
そういう逃避行動が私は得意。


今できることは何?

時々思い出して問いかけているおかげで、
秋のイベント企画などが、
少しだけ、進んでる・・・と思う。


組織で働く1人1人が自分らしく元気に過ごせて、
その組織やグループを大好きになって、
自分も組織も成長できる、
そんな人や組織であふれる世の中になるために、
今、私にできることは、何ですか?

2010.09.11

創業塾でみっちり財務

堺商工会議所創業塾3日め。

午前中に、創業塾卒業生の
もじ工房 みくにのはんこ屋 杉元彰博さんの
体験談をじっくり聴いた後は、
創業塾最大のヤマ場の収支計画・資金計画。

安田先生のわかりやすい講義を少し聞いて、
自分の事業にあてはめて演習をして、
また次の講義を聞いて、計算してみて・・・を
みっちり4時間繰り返す。


演習中にみなさんのお席を巡回して、
「儲かりそうですか?」と声をかけていくと、
「え~、こんなにお金がかかるの~」
「赤字になる。。。」と驚きの声がいくつも聞こえる。

だから創業ムリ、難しい、のではなく、
どこを工夫したらやっていけるのかを考える、
大切なプロセス。

コストを削れるところはないかを考えたり、
もっと売上と利益をあげるために、
原点に戻って、アイデアを見つめなおしたり、
お客さまは誰かを考え抜いたり、
商品・サービスメニューを工夫したり、
コストをかけない集客・販促方法を考えたり。
そしてまた、収支や資金を計算して・・・

このサイクルを繰り返しながら、
自分だけの事業計画が練り上げられていく。


夕方、帰っていくみなさんの顔を見ていると、
疲れと充実感が見える。
ヤマ場を超えて、創業塾もいよいよ終盤。
と同時に、事業のスタートラインが近づく。

あと2回、
私たち講師も全力のラストスパートをかけます。

2010.09.10

原点回帰のご縁に感謝

9月30日に、高知県での研修が決まった。
その日は、私の独立丸7周年の日。

大切な記念日、大切な土地でのお仕事。
ありがたいご縁に感謝。


高知は、私の独立デビューの地。
会社を退職した翌日にお声をかけていただいて、
初めて、企業さまにコーチング研修をして、
2年半継続させていただいた。
  関連記事:「根付いていく実感」(2006.03.08)
プロジェクトチームのコーチングも、約半年間
担当させていただいた。

月末におうかがいするところは、
その懐かしい企業さまの近くにあるみたい。
ご縁と感謝を感じながら、
7年間を振り返る味わい深い1日になりそう。

2010.09.09

いちごDAYS

Kitty1本日の最後の訪問先は、
・・・お仕事ではなく、
大丸心斎橋店で開かれている
「サンリオスペシャル
 コレクション展 いちごDAYS」
 http://sanrio50.com/event/ichigodays/index.html

キティちゃん展ではなく、
サンリオ創業50周年記念で、
あらゆるキャラクターが
勢ぞろいした展示。

こんなにたくさんのキャラクターがいたの?
キティちゃんひとすじで、ほとんど知らない。


Bearと思っていたら、
懐かしい
キャラクターを発見。
ミスターベアーズ
このポーチやバッグを
愛用していた。

キティちゃんの彼氏
ダニエルくんは、
昔からではなく、1999年に登場したことも驚き。


Kitty2_2出口には、
キティちゃんたちの
大きなケーキ。

キティちゃんの
イベントは、
「撮影自由です」
なのがうれしい。

たっぷり堪能しました。

2010.09.08

ゴーヤ納め

大阪は心配されていた台風の影響がなく、
傘も必要がないまま、蒸し暑い1日を過ごした。

帰宅すると、
我が家のゴーヤが撤収されていた。


まだ小さな実がたくさんできていたけれど、
全然大きくならないまま、黄色くなり始めていた。

9月に入ってからも連日猛暑日が続いていても、
やはり自然界は秋なのかな。


夕食は最後の自家製ゴーヤチャンプルー。

晩夏の恵みをありがたくいただいて、
実りの秋、お仕事の秋、学びの秋に備えます。

2010.09.07

インビクタスに見る、トップマネジメントのリーダーシップ

久しぶりに映画のDVDを借りた。

今年の目標の1つに、読書を掲げたら、
それは習慣として定着したけれど、
入れ替わるように、DVDをあまり見なくなった。

私がめざしたかったのは、
読書or映画のトレードオフではなく、
積極的に、本や映画、アートを楽しむ生活。

なので、意識して仕切りなおした。


選んだ映画は、評判をきいてずっと見たかった
「インビクタス/負けざる者たち」

インビクタス/負けざる者たち ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】


ことばにならない感動。
ネルソン・マンデラ大統領の強い信念と
強力なリーダーシップ。

27年もの投獄生活を送ったにも関わらず、
大統領就任当日から、
「Look to Future!」「Forgive!」と、
黒人が白人を敵対視や復讐するのではなく、
身をもって寛容の心を示す姿に、心を打たれる。


ラグビーの試合も大迫力でかっこいいけれど、
私が一番印象に残ったのは、
最初は選手の名前を知らなくて、
Captain、Son、と呼びかけていた大統領が、
試験勉強のように全員の名前を覚えて、
1人1人名前を呼びかけながら、目をみつめて、
「Good Luck」と激励のことばをかけるシーン。

こういう瞬間に、この人についていこうと、
信じる心が生まれるのだと思う。


対立や犯罪が絶えない混乱の世の中で、
4300万人のトップに立つリーダーには、
揺らがない信念とそれを貫く強さが必要。
そんなことを教えられた気がする。

時代と立場が求めるリーダーのあり方を
考えさせられて、
心に焼きつけておきたくて、
レンタル期間中に、2回連続で見た。


日本を率いる政治家のリーダーたちにも、
企業を率いるトップマネジメントの方々にも、
何度も何度も見てほしい。

2010.09.06

[ご案内]創業講座in大阪教育大学

このところ、創業塾ブログ化していますが、
もう1つ、担当する創業講座の案内ページが
できているのを見つけたので、お知らせします。


大阪府商工会連合会 創業講座

日程 :10月23日、30日、11月6日、13日、20日
     13:00~17:00
場所 :大阪教育大学・柏原キャンパス
受講料:無料
定員 :40名

詳しいカリキュラムやお申し込みは「こちら


福住は、3日め11月6日(土)13:30~15:00の
「スタッフ育ては自分育て
 ~お客さまの心をつかむ人材育成のコツ~」を
担当します。

90分の短い枠ですが、創業者にとって大切な、
スタッフ育成とコミュニケーションについて、
実例やミニ演習を交えて、体感していただこうと
思います。

ぜひ、ご参加ください。

2010.09.05

魅せるプレゼンテーションをめざして磨く

創業塾の様子を熱く語った(書いた)後は、
記憶がまだ新しいうちに、
冷静に自分の講義を内省する、大切なひととき。


昨日、創業塾2日めの午後は、
創業者のためのマーケティングの講義を担当した。

会社員時代も企画やマーケティングの部署にいて、
講師としても何度も担当してきた得意分野。
それだけに、今年はあえて、
内容もプレゼンテーションも刷新した。

参加者のみなさんが、
創業という人生の大きなチャレンジをされるので、
私も毎年何か、自分にチャレンジを課す。

今年のチャレンジは、魅せるプレゼンテーション。

いつもは、マイク1本で(実際は肉声ですが)
いかにわかりやすく話すかを勝負するところを、
画像中心のパワーポイントを準備して、
ビジュアルプレゼンテーションに挑戦した。


映像を再現するように自分の講義を振り返って、
ちょっとよくばって盛り込みすぎたところや
まだまだ「魅せる」プレゼンテーションには遠く、
見せる、語るの域を超えられていないところを
記憶の中から抽出する。
そして、頭の中で、磨く。磨く。磨く。


再来週、創業者のプレゼンテーションの講義に
反映できるように、また準備を重ねます。

2010.09.04

創業者の先輩と後輩がつながる瞬間

堺商工会議所の創業塾2日め。

本日のメインイベントは、
先輩創業者、K's Cafeの青石佳代さんのお話。

お店にいらっしゃるときとかわらず、
とびきりの温かい笑顔と優しい語り口で、
1年前の参加者だったころの計画や思い、
創業後の実態を包み隠さず話してくださる。

カフェ開店後のご苦労やお悩みの場面を、
笑顔で明るく、かなり具体的に話してくださると、
参加者のみなさんが、ぐっとひきつけられる。

自分の後に続く方たちに向けて、
率直に語ってくださって、本当にありがたい。


講演時間が終わっても、青石さんの周りには
感想や質問を伝えたいみなさんが集まる。
実際にお店を開いた先輩への憧れの気持ちと、
ファンとしてお店を応援したい気持ちも生まれ、
仲間としてもつながる、かけがえのない瞬間。


創業支援の予算が、開業率が、実績が・・・と
会議室の中で、数字で成果を追いかけている
中央官庁のお役人の方々に、
ぜひ、見て、聞いて、味わってほしい場面。

来年からは、このスタイルでの創業塾は
予算的に難しいかもしれないけれど、
  関連記事:「創業塾・経営革新塾が廃止なんて」(2010.06.12)
何らかの形で、こういう文化を育んでいきたいと
強く思う。
支援機関のみなさま、支援者のみなさま、
お知恵とお力を貸してください(^o^)

2010.09.03

創業塾卒業生と打ち合わせ

先週から始まった堺商工会議所の創業塾で、
創業体験談を語っていただく卒業生の方と
簡単な打ち合わせを行った。

Mojikoboお会いしたのは、
3日めの9月11日に
お話ししていただく
もじ工房
みくにのはんこ屋
代表 杉元彰博さん。

杉元さんは、
2年前の創業塾の
卒業生。


お会いした場所は、K's cafe。
ここは、昨年の卒業生の青石佳代さんのお店。
  関連記事:「創業塾卒業生のカフェを訪問」(2010.04.12)
実は、青石さんにも、明日の講座でお話しいただく。

看板やご案内はがきなどの印刷物は、
杉元さんが制作された。


Cookieおいしい
アイスコーヒーを
いただきながら、
杉元さんとの
打ち合わせは
超順調。
というより、
事前にしっかり
準備されていて、
私は「いいですね~」しか言うことがない。

その間、K's cafeには
常連のお客さまが入れ替わり立ち替わり来られて、
地元のお客さまに愛されていて、うれしい。


卒業生が次の参加者に体験談を語ってくれて、
卒業生どうしの地元のつながりが広がっていく。
理想的な形ができていて、幸せ。

今年の創業塾の参加者のみなさま、
明日以降の講座と、
これからのつながりを、お楽しみに。

2010.09.02

[募集]吹田商工会議所創業塾

10月3日から、吹田商工会議所の創業塾でも
一部講師を務めます。
楽しく情報交換しながらステップアップしていけるよう、
準備を進めています。

これから自分で何か始めたい方、
会社やお店を立ち上げる直前・直後の方、
会社の中で新しい事業を考えていらっしゃる方、
ぜひご参加ください。


日程:10月3日、10日、17日、31日、11月7日
時間:10:00~17:00
場所:吹田商工会議所
費用:5000円

詳しいご案内とお申し込みは、「こちら」まで

2010.09.01

帝国ニュース関西版のコラム

以前お知らせしたコラムの連載が始まった。
  関連記事:「連載」(2010.07.06)

お世話になっている(株)帝国データバンク社が
発行している帝国ニュース関西版に、
月に2回、短いコラムを連載させていただく。


第1回めはお盆明けに掲載されて、
今日がその2回めの掲載日のはず。


業界動向や倒産情報が書かれている、
まじめなビジネスニュースで、発行部数は約1万部。

そこに私のゆる~い文章を載せて大丈夫かなと
思っていたら、
1回めの掲載の後、ご感想や応援のメールをいただいた。

内容もうれしかったし、
読者の方からのメール、というシチュエーションが
とっても新鮮で感激した。


とはいえ、
大勢のみなさまの目にふれるのと、
締切というのは、どんな形でもプレッシャー。

読んでくださっているみなさまを思い浮かべながら、
続けられる限り、がんばります。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ