最近のトラックバック

« 1日違い | トップページ | 自分の芝生を青くする »

2010.09.15

100冊

今年の目標の1つは、ゆっくり本を読むこと。
それが、100冊めになった。

100冊全部ゆっくり味わったのではなく、
どっぷりと世界に浸った小説やエッセイもあれば、
とくにビジネス書は、さらっと流したものも多い。


100冊めは、湊かなえさんの「Nのために」

Nのために」 湊かなえ 東京創元社


昨年、「告白」に衝撃を受けて、
  関連記事:湊かなえ「告白」(2009.03.03)
「少女」「贖罪」と読み漁った。


湊かなえさんの作風は、1つの事件を
複数の登場人物が独白し、
全体像を少しずつ浮き彫りにしていく。
「Nのために」もそのパターン。

最初に読んだ「告白」ほどの鮮烈な印象は
薄れてきたけれど、それでもやはり、
知らず知らずのうちにひきこまれる。

「Nのために」は、1人が一気に語るのではなく、
少しずつ何度かにわたって語るので、
途中で何度か、これは誰だっけ?と少し混乱した。

一番驚いたのは、女性と思って読み進めていた
キーパーソンの1人が男性だったこと。
これも後半まで読むと、意味のある設定だった。


最初に読んだ「告白」が、
一番人間心理をついていて、
おそろしいけれど理解できる。そんな気がする。

少し間をあけてから、
最新刊の「夜行観覧車」も読んでみようかな。

« 1日違い | トップページ | 自分の芝生を青くする »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/49464190

この記事へのトラックバック一覧です: 100冊:

« 1日違い | トップページ | 自分の芝生を青くする »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ