最近のトラックバック

« 食べ物が身体をつくる | トップページ | 歩いてお仕事 »

2010.10.14

家族にコミュニケーションを鍛えられる

軽い認知症の父が、トイレの電気を消し忘れて
リビングに戻ってきた。

「あれ?電気がついてますね。消せますか?」
と穏やかに言うと、
「あぁ」と、戻って自分で消しに行った。


珍しい。
父が自分で消しに行ってくれたことも、
私が穏やかに対応できたことも、
どちらも珍しい。


そうなの。
私の気持ちに余裕があって、穏やかに話すと、
父も落ち着いて、会話が成立することもある。
これまでも何度もそういうことを体験していて、
よ~くわかっているの。

それでも、
夜中に階下の窓が開けっぱなしになっていたり、
お風呂や洗面所の水が出しっぱなしだったり、
外から冷気を感じるほどエアコンが動いていたり、
そういうのを見つけると、つい慌ててしまって、
口調がきつくなってしまう。

すると、父も「僕じゃない」「うるさい」と怒って、
物を投げたりして逆効果になる。


見つけたときにびっくりして焦ってしまうのは、
私の中の感情の問題。
伝えたいことや、対処したいことは別。

わかっていても、なかなか難しい。
わかっているからこそ、なのかもしれない。


当たり前のことを当たり前にやること、
わかっていて、できないのが一番もどかしい。


コーチングやコミュニケーションの研修で、
事実と感情を切り分けることや、
自分の感情との付き合い方を扱うときに、
自分にも言い聞かせていることを実感する。

人に伝えながら、自分でも確実に実践すること、
認知症の家族がいることで、
そんな修行の機会を得ているんだなぁと思う。

怒ったり、反省したり、うまくいって喜んだり、
そんな繰り返しの日々。

« 食べ物が身体をつくる | トップページ | 歩いてお仕事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/49748092

この記事へのトラックバック一覧です: 家族にコミュニケーションを鍛えられる:

« 食べ物が身体をつくる | トップページ | 歩いてお仕事 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ