最近のトラックバック

« あたたかい忘年会 | トップページ | ライフネット出口社長の記事から、本気で育てる »

2010.12.29

2010年読書の年のBest 3

2010年は、読書の習慣が復活した。
それは、図書館デビューしたから。

やや潔癖傾向の強い私は、図書館の本は、
ページの間からお菓子のくずや髪の毛が出てきたり、
手あかなどで汚れていたりすることがあるので、
今まで、さわれなかった。

それが、
今年の初めに、100冊以上読みたいなと思ったとき、
1冊仮に1500円としても、100冊買うと15万円、
実際は組織や経営の本は2500円以上のも多いので、
全部買うのはムリ! と思った。
小説も、読み返すものは少ないし。

そこで、
新刊本なら図書館でもまだきれいだから大丈夫、
旧本や読み返したくなりそうな本は買おうと決めた。

使い始めてみると、
私の地元の図書館にはビジネス書は少ないので
今まであきらめてきたけれど、
ネットで市内の別の図書館の蔵書を予約できて、
取り寄せてもらえることも知った。
すると、案外読みたい本が手に入る。

図書館愛用者の方には、何をいまさら?と思われ
そうだけど、私には画期的な進歩。


というわけで、今年読んだもののベスト3は、

1.自分の答えのつくりかた

   「自分の答えのつくりかた」 渡辺健介著

  感想は、「「自分の答えのつくりかた」の世界をめざしたい


2.空気は読まない

   「空気は読まない」 鎌田實著

  感想は、「お風呂で号泣読書」(2010.04.18)


3.こころを動かすマーケティング

   「こころを動かすマーケティング」 魚谷雅彦著


私はやっぱり、ノウハウ系のビジネス書より、
人に焦点を当てたリアルストーリーや
誰にでもわかるように書かれたストーリーが
わくわくして大好きなことを、改めて認識する。
来年もたくさん読みたいけれど、
単に話題のベストセラーではなく、
心の栄養になる本とたくさん出会いたい。

« あたたかい忘年会 | トップページ | ライフネット出口社長の記事から、本気で育てる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/50429533

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年読書の年のBest 3:

« あたたかい忘年会 | トップページ | ライフネット出口社長の記事から、本気で育てる »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ