最近のトラックバック

« 麻婆ラーメンの誘惑に負ける | トップページ | 霧島神宮で3年前とつながる »

2010.12.19

禅僧の3つのことば

ひろさちやさんと阿純孝さんの共著
「般若心経の教える幸せになるための智慧」に

般若心経の教える幸せになるための智慧

円覚寺の足立大進老師のことばが紹介されていた。
「禅僧は3つのことばだけ言えばいい」

 「それは困ったね」
 「それはよかったね」
 「あ、そう」


シンプルだけど、奥深い。


コーチングも、とってもうまくいっているときは、
コーチは、ことばがいらない。

「m...」という、音だけでコーチングが成立し、
クライアントさんが、ひとりでに深い気づきを得て、
大きな宣言をして終わることもある。


私が尊敬するコーチの1人に、この技(?)の達人が
いらっしゃる。

クライアントさんの心の声にひたすら耳をすまして、
音叉のように、鼻と唇を共鳴させる。

好奇心全開の「うんうん」 (それで?それで?)
大いなる共感の「う~ん」 (そうよね~)
唸るような「う~ん。。。」 (つらいよね。。。)
驚きの「んん?」 (本当?)


一時期、私は彼女の相槌をモデリングして
体得しようとしていたけれど、
最近、この境地を忘れていたことに気づいた。

あるときは、クライアントさんと対話を深めたり、
あるときは、あいづちだけで促したり、
振れ幅を広く持っていたいと、改めて思った。

« 麻婆ラーメンの誘惑に負ける | トップページ | 霧島神宮で3年前とつながる »

コメント

分かります。

コーチとクライアントの間に共鳴が起こったら、言葉はいりませんよね。

アミーゴありがとう。
ことばを大切にひも解くのもコーチングの醍醐味ですし、
ことばがいらないつながりも味わい深いですよね。
振れ幅の広いコーチになりたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/48818071

この記事へのトラックバック一覧です: 禅僧の3つのことば:

« 麻婆ラーメンの誘惑に負ける | トップページ | 霧島神宮で3年前とつながる »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ