最近のトラックバック

« 研修を終えて、これからの道 | トップページ | 追悼 »

2011.01.16

主語が変わった瞬間

ケータイメールで相談ごとのやりとりを数往復
していたときのこと。

最初は、相手の文面から行動や気持ちを読んで、
感じるままに反映したり、
別の視点から問いかけてみたりして、
相手のことを書いていた。

やりとりの途中で、
「そんなふうに苦しんでいる姿を見たくない」と、
自分が打った文字を見た瞬間、はっとした。

見たくない、の主語は誰?


見たくない、のは、私。
つまりこれは、私の願い。

そのままでいるか、何か行動を起こすかを
決めるのは本人。


相手を観察してフィードバックする立場から、
私の願いにすりかわった瞬間を見つけた。

メールだから、送る前に気づいたけれど、
直接話していたら、気づかなかったと思う。
日本語は、いちいち主語をつけないから。


このときはコーチングではなかったけれど、
それでも、自分の願いを語るのか、
相手の方に寄り添って聴くのか、
私は自分でわかっていたい。

ここを見逃すと、問題の本質を見失うと思うから。

コーチとして、人として、
会話でもこういう瞬間に気づく感度を磨きたい。

« 研修を終えて、これからの道 | トップページ | 追悼 »

コメント

なるほど。私は気付かないままのケースが多いな~と反省。

seinoさん、ありがとうございます。
たぶん私もほとんど気づかないままだと思います。
意識だけ忘れずに持っておきたいなぁと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/50565540

この記事へのトラックバック一覧です: 主語が変わった瞬間:

« 研修を終えて、これからの道 | トップページ | 追悼 »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ