最近のトラックバック

« うさぎづくしの女子会 | トップページ | [お知らせ]大阪狭山市で創業セミナー »

2011.01.07

年越しのクリスマス飾りに、組織活性化を思う。

1月7日。
お正月気分も抜けるころになって、
近所の病院のクリスマスのイルミネーションが
ようやく外された。
年末からは点灯はされていなかったものの、
「Merry Chirstmas」のプレートやサンタさんが
飾られたままになっていて、気になっていた。
お正月飾りもない。

この医院が開業したころは、
隔週くらいで花壇のお花が植え替えられて、
クリスマス飾りも早くから点灯して、毎年増えて、
翌日にはきれいに撤収されていた。
車が大きな駐車場に入りきらないほど並んで、
遅くまで診療が続いていた。

それが、この秋くらいから、
お花があまり植え替えられなくなって、
クリスマスの飾りも12月に入ってから短期間で、
駐車場も空いていて、診療も早く終わっていた。

一番ひっかかったのは、職員さんの変化。
以前は、周りを掃除される姿をよく見かけたし、
通りかかる人にも明るく挨拶してくださったのに、
最近は、たまに見かけても、顔を伏せて、
避けるようにして足早に去られる。

経営がうまくいっていないのかなと気になる。


店舗や企業の外からは経営数値は見えないのに、
外回りの環境や従業員さんの雰囲気が
見事に内情を表しているのを感じることが多い。

数年前、毎年同じ季節に研修にうかがっていた
企業さまもそうだった。
最初は、社員ではない守衛さんも丁寧な応対で、
社員さんとすれ違うと、大きな荷物を運んでいても
足を止めて笑顔で挨拶してくださって、
なんて好感度の高い会社なのだろうと感激した。

ある年、守衛さんも少し横柄で、社員さんたちも
殺伐とした雰囲気で、印象が一変した。
その後、その企業さまの業績が急降下したという
記事が新聞に出た。


うまくいっていないから、雰囲気が悪くなるのか、
雰囲気が悪いから、うまくいかなくなるのか、
一概には言えないかもしれない。

ただ、変えるなら、業績を上げるより、
気持ちや行動を変えるほうが、取り組みやすい。
気持ちが明るくなって、笑顔のスイッチが入れば、
業績を上げるアイデアも、きっと浮かびやすい。


私が組織活性化や人材育成に携わっているので
そう思うのかもしれないけれど、
うまくいかないときほど、どうしようもなくなる前に、
私たちのような外部の人間を活用してほしい。
早いうちに空気が変わり、打てる手がたくさん
見つかると思うから。


医院で撤収作業をする業者さんを見上げながら、
そんなことを思った。

« うさぎづくしの女子会 | トップページ | [お知らせ]大阪狭山市で創業セミナー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/50522880

この記事へのトラックバック一覧です: 年越しのクリスマス飾りに、組織活性化を思う。:

« うさぎづくしの女子会 | トップページ | [お知らせ]大阪狭山市で創業セミナー »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ