最近のトラックバック

« 扉を開ける年 | トップページ | 伏見稲荷の鳥居をくぐる »

2011.01.02

手水舎と鳥居に出会う

Okazariバスを乗り継いで、
地元の神社に初詣に行く。

静かにお参りを終えて、
小さな神社で
散策するスペースもないけれど、
もう少しこの神社で過ごしたくて、
人通りのない端っこの通路を歩いてみた。

すると、ひっそりと手水舎がある。

えぇぇ! やっぱりあった!


一昨年に産土神社を調べてもらったときに
ここが私の鎮守神社だと教えてもらって、
昨年初めてここに初詣に来た。

そのとき、手水舎が見当たらなくて、
お賽銭箱の横にいたガードマンの方に尋ねた。

「手、洗うとこ? あっちにトイレありますよ。」と
言われて、愕然とした。

手水舎がない神社なんてあるのかな?と思いつつ、
神社のガードマンさんが言われるならそうなのかなと
不思議に思ったのを思い出す。


手水舎の向こうに、昔ながらの鳥居もあったけれど、
柵でふさがれていて、通れなくなっていた。
今は、境内の横の通用門を通るようになっていて、
誰も近寄らなくなっているみたい。

なんだか、神様がさびしがられている気がして、
手水舎で清めて、鳥居に手を合わせて帰った。

今年、手水舎と鳥居に出会えてよかった。

来年からは、こちらに回ってからお参りしよう。

« 扉を開ける年 | トップページ | 伏見稲荷の鳥居をくぐる »

コメント

明けましておめでとうございます。
今年も色々教えてくだいませ。知らせて頂いたイベントもチェックしてますが、
日程が合う限り参加したいです。
マコさんのお忙しい日々、さすがだなぁ………と、拝見しております~~~

うさぽんさん、かわいい呼び名になりましたね(^^)
今年もどうぞよろしくお願いします。
ブログに仕事のことを書くと忙しそうに見えるらしいのですが、
実は全然そんなことはないので、いつでもお茶しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/30499/50470149

この記事へのトラックバック一覧です: 手水舎と鳥居に出会う:

« 扉を開ける年 | トップページ | 伏見稲荷の鳥居をくぐる »

プロフィール

  • ひとのわ 福住昌子

    ひとのわは、
    ビジネスとこころの
    パートナーとして、
    人材育成、
    組織・チームづくり、
    コミュニケーションに関する
    コーチング、
    コンサルティング、
    参加型研修・講演を
    通して、
    一人ひとりが持っている
    大きな力を引き出し、
    組織やチームのビジョンも
    個人の夢や目標も
    叶えられるよう、
    全力で支援します。

    ・中小企業診断士
    ・国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)
    ・CRRグローバル認定プロフェッショナル・システムコーチ(ORSCC)

ブログパーツ

無料ブログはココログ